FC2ブログ

病んだ時は自転車に乗れっ

IMG_0718.jpg
梅雨の晴れ間。
週末は土曜日だけ大丈夫そうです。






さてさて、いつぶりでしょう?
なんだか、自転車に乗る時は、いつもそんな事を言ってる気がしますけど…。

実はカメラを再開し始めた頃から、体調がすぐれず微熱が続く風邪をひいて一週間以上ゲホゲホしたり、心房細動が出たり、風邪は治ったけどいまだに咳と痰が続く状態なんです。
聞くところによると、一回咳をすると2kcal消費するらしく、回数次第で1日何千kcalも消費するらしいですから、運動しなくても咳しとけばいいじゃんって、本末転倒説もありますが・・・・。

そんなこんなで、体調的にも自転車に乗る状態ではなかったです。
だけど、やっぱり乗らないとね。


本日は早朝6時に出発です。
ジジイは早起きが得意ですから、起きる事自体はどうって事ありませんが、もう何か月も乗ってないので運動することが億劫です。(^_^;)

まぁ、ゆっくり、のんびりと走ります。
走り出して感じるのは、自転車の不安定感。
「えーっ。こんなにフラついてたっけ?」ってくらい、ヨロヨロします。
なんでしょう?三半規管がやられてる?
それと、運動するとやっぱり咳と痰が出ますね。走ってないから心拍数もすぐに上昇。
同時に呼吸が辛くなります。坂でもないのに心拍数は150.
ちょっと重いギヤを踏むと脚もダルくなって、いいとこありません。

「あー。やっぱりダメじゃん」
身体への負荷を軽くするために、さらにスピードを落とします。
2kmも走ればもういいかなぁ~って感じ。
※どんだけ衰えてんねん。

微妙な向かい風も嫌な感じ。スピードは25km/hに届くかどうか。
天気は最高の「曇天」ww
早朝なので涼しいまではいかないものの快適なのが、せめてもの救い。



行先は「海」
夏はここに限ります。
IMG_0717.jpg
海が近づくと潮の香りがする~なんて事はない。
残念ながらガス工場の臭っさいニオイが、余計に体力を奪っていくわ。


前回(とは言っても数か月前)にサドルを少し後退させました。
意識的に前傾姿勢を深くしてペダルへのパワー伝達を効率的にしようという事。
これで背筋がちょっと伸びて窮屈さが改善されました。
私が自転車を始めた頃は「骨盤を立てろ」
ってのが合言葉のように言われていた時代。
最近の雑誌では、ほとんど目にしなくなった言葉です。

初心者の頃は「神の言葉」のごとく信じてましたから、そういう姿勢でのポジションが染み付いてます。
骨盤は立てて、腰から上を強制的に前傾するので、座位置とハンドルが近い。
これはやっぱり窮屈なんだよね。でも「窮屈でも、これが正解なんだ」と言い聞かせていたスパルタな時代でした。
※私だけかもしれませんが・・・・。


今は自転車に乗るスタイルを年齢と共に、意識的に変えているので、身体をリラックスさせて無理しない乗り方にしています。
本当は、もう少しハンドルを上げて楽な姿勢を取りたいんだけど、若気の至り?でコラムをブッタ切ったから、これ以上上がらない・・・。
皆さんもコラムカット時は、後々の事も十分考えてブッタ切ってネ。


10kmほど走って風が収まると、ペダルの負荷も軽くなった感じ。
走りはじめは出ていた咳も、納まってきました。
そして呼吸も楽に感じます。

不思議ですね。自転車は心肺系に負荷を掛けるスポーツですが、その負荷が軽く感じてくるなんて。
やはり人間の身体は、ある程度の負荷を掛けることによって、それに耐えようと働くんですね。
AT値をちょっと超えたところで走り続けると、その値が少しづつ上がっていくのと同じですね。
体力が落ちているからとか、疲れているからとかで運動しないでいると、どんどん悪くなっていく一方。
ある程度、身体をいじめるのは必要という事です。
自転車に乗ることは心肺機能を動かすことで、酸素を含んだ血液を普段は行き届かない体の隅々まで行き渡らせ、血液循環をスムーズに行い、身体中の細胞を活性化させる感じ。活発な細胞の働きが自然治癒力を上げていく。(自己流の判断ですが・・)
「病んだ時は自転車に乗れ」

IMG_0718.jpg

距離は22kmですが朝より元気になって帰ってきました。www

やっぱり定期的に運動するとこは必要ですし、自転車は持って来いのスポーツです。
(by ニセ自転車推進協議会 )




えっカメラですか?
もちろん担いでいきましたよ。この間カメラづくしだったので、たまには自転車モノをアップしないとね。
カメラ部はまた次回で。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




















スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply