FC2ブログ

ペダルが重く感じたら、やってみる価値あるかもよ

bicycle-wheel-1574405_960_720.jpg
梅雨の中休み。

土曜日だけが、晴れるという天気予報。
平日の内に腰をいわしたようで、どうにもこうにも腰回りに力が入らない・・。
だけど、折角の「晴れ」・・・・・。

ちょっと不安だったけど、少しだけ走ってきました。

今回は、いつもと違うセッティングだよ~ん。(*'-')b






ちょっと前に交換したEASTONのエアロハンドルですが、これが結構イイカンジです。
エアロ効果は体感できませんが、カーボンによる振動吸収性が、アルミより明らかにマイルド。
例えば、路面に配された居眠り防止の連続した凸凹ラインや、車線逸脱注意を促すガタガタしたラインなんかを通過するときは、アルミの場合「ガガガガガガ・・・・・」って、直に腕に振動が伝わりますが、カーボンの場合は「コココココココ・・・・・」って、角が取れたような感じです。
これだけで疲れが違うってのが有難いねぇ。


さて、本日は空気圧の話。

皆さん、タイヤの空気圧ってどれくらいですか?(最も多くの人が使っているクリンチャーで・・)
私は自転車に乗り始めて以来、ずーっと7barで乗ってました。(23C)
確か、何かの本に書いてあったのを鵜呑みにしただけで、これといって理由があるわけではないですけど・・。
体重に応じて空気圧を変えるってのが一般的みたいなんですが、タイヤによっても色々設定があるみたいです。

MICHELINのPOWERでは(23C)体重50kgの場合6bar。60kgは7.2bar。70kgは7.8barとかを推奨。
これってムッチャ低いけど・・。
一方、Vittoriaでは体重+バイク重量で計算。
ケーシングの種類によって異なるので、その空気圧はとても詳細。(以下、チャート図参照)
recom_tyre_pressure1.gif
有名なコルサ(320tpi)を私の体重55.7kg+バイク重量8.3kg(ツール缶付)=64kgで換算すれば、前輪7.2/後輪7.6barとなりますね。
あながち7barは間違ってなかったみたい・・。
さらにVittoriaは「最適な空気圧は、路面状況や天候状態、バイクの素材やセットアップ状況、ライダーの体重やライディングスタイルなど、多くの要素によって変わってきます。 =中略=
推奨空気圧で始めて、少しずつ走りながら空気圧を5psiずつ減らしてタイヤが少し窪んでいるように感じたら、それがあなたにとっての最低空気圧になります。 そして上記の適正空気圧まで5psiずつ増やして、タイヤが路面から跳ねたり弾みだすようになったら、それがあなたにとっての最大空気圧になります。 そこから5psiずつ減らして、コンディションに合わせてベストだと感じる空気圧まで調整して下さい。」

とある。


う~ん、奥深いねぇー。(^_^;)


つー事で、今使ってるコンチのグランプリ4000SⅡを見てみると・・。
IMG_0476.jpg
「MAX8.5bar」っ! これで走ったらどんな感じなんやろぅ?
ヨッシャー! これで走ってみるぞっ!(≧ヘ≦)
※MAX圧は決して推奨圧ではないですよ。
朝も早よから、シュポシュポ入れました。
IMG_0477_20180609134353c66.jpg

では、出発。
腰を労わりながらペダルを一踏み・・・。
「軽っ」Σ(゚д゚;)

ホイールを替えた時によく聞く言葉ですが、一歩目からはっきり判るくらい高空気圧はマジ、軽い。
「こりゃええわ」

原点回帰のケイデンスUPで走ります。
軽いって事は、摩擦が少なく転がり抵抗が少ないって事だからケイデンスもさらに上がります。
思わずギヤを上げます。

この時期ですので、朝8時前は涼しくて快適です。
海岸線を東に向けて走ります。
IMG_0478.jpg
少し荒れた路面では、空気圧のせいか、結構な振動が伝わってきます。
これはカーボンハンドルでも完全には解消しきれません。
乗心地は決してよくありませんが、それでもドライな道ではカーブで不安があるような挙動もなく、タイヤはしっかりグリップしてますよ。


あまりに軽いので、いつもは横目で見て見ぬふりしていた、こんな所も上ってみようかと・・・・。(^_^;)
IMG_0480.jpg

・・・・見ての通り、いきなりステーキ10%超えから始まります。
初めての坂は先が解らないので嫌いです。(解ってても嫌いだけど・・・)
最初からダンシングでスタートして、12~14%が続くので、途中で腰を下ろす事もできず、最後までダンシングでした。
まぁ距離は200mくらいしかなかったので良かったですがね。



さてさて、空気圧ですが、Vittoriaが言う「タイヤが路面から跳ねたり弾みだすようになったら、それがあなたにとっての最大空気圧」って事だけど、8.5barでも特にポンポン跳ねる感じも無い。
・・・・って事は最大空気圧はさらに上なのか?
いやいや、グランプリのMAX値より上げようとは思わないし、なにより腰の痛みがMAXを越してしまった・・・・。
まぁ、少しずつ下げて回転も軽く、乗心地やグリップがしっくりくる所を見つけようと思います。





こんなに回転が軽いなら、次の高梁では使ってみようと思ったジジイにポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



















スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply