FC2ブログ

たった700円でデュラとアルテの重量差を買う。

怖かったなぁ・・・。


皆さん、こんばんは。

本日は健康診断。初の胃カメラ体験❤

胃カメラ・・。
あーー、そのシーンを考えただけで「オェッ」ってなるわ。
全身麻酔で知らないうちに終了~ってコースもあるけど、予約がいっぱいで2月まで埋まってるという事で、仕方なく鼻から挿入するコースに・・・。 (コースなのか?)

いよいよ本番。
「ヒロさぁ~ん❤」
ってピンクの声で呼ばれたけど、顔は引き攣ってます。(^_^;)






約15分で終了。
結論から言います。 「まったく、オエッってしませんでした<( ̄^ ̄)>」

いやー自分でも不思議なくらい、へっちゃら。
俺ってやっぱりメンタルには強いんだわ。ようするに心の持ちようですわ。www





閑話休題

高梁の直前に最後の悪あがきとして軽量ボトルを購入しました。
「エリート フライ」
※右側ネ。
IMG_0261.jpg

今年のツール・ド・フランスでは、ほとんどのチームがこれを使ってましたね。
早速、従来の「コルサ」(左)と比べてみましょう。
高さ:185mm(コルサ200mm)・幅:73mm(コルサ73mm)
メーカー発表とは違うかも知れませんが実測です。

容量はどちらも550ml(公称)って、これだけ見た目が違うのにホントか?
基本的にそういう系は信用しない私ですから、これも実測しました。(^_^;)
そもそも550mlてのは許容量ですから、目一杯入れるとこれ以上であることは承知してます。
今回はこぼれる寸前まで入れてみました。
コルサ⇒650ml  フライ⇒600ml
やっぱりね。(^_^;)

キャップを外した開口部もこの違い。
IMG_0288.jpg
コルサ⇒44mmフライ⇒54mm
要するにフライはちょっとズングリムックリでかわいい系。www


最大の相違点は「重量」(これも実測)
コルサ⇒89g  フライ⇒53g
その差は・・・なんと36g!
実はキャップだけで17g軽いです。

吸い口も違います。
IMG_0290.jpg
コルサが吸い口の赤い部分だけが引きあがるのに対して、フライは凸型部分が引きあがります。
コルサはシリコンで柔らかいのですが、フライはちょっと硬いです。
実際飲んでみると、フライは歯で噛んで引き上げると結構な力が必要です。
私的には、お口に優しいコルサの方がいいかなぁ~(慣れ?)
流量はフライの方が多いですから、一気に飲みたい時は便利ですね。
※問題はコルサより吸い口の洗浄は難しいみたい・・。またカビだらけの予感・・・。(TwT。)


そして次なる相違点は「柔らかさ」
IMG_0289.jpg
どーです、この柔らかさ。w(゚o゚)w
軽い力でも、グニュ~ってなりますから、飲みやすいですよ。



実際、高梁でも使ってみました。
1507344461337.jpg
36gってのはデュラとアルテのブレーキ重量差くらい。価格にして22069円の差。
それが、たった700円程度で、これだけ軽量化できればいいでしょう。
※上の写真で解るように、ボトルを軽量化しておきながら、500g近いツール缶を付けたままで走ろうとしていた私です。
荷物が運ばれる直前に気づいてセーフでした。(^_^;)


結果としては36gの軽量化を生かしきれなかった高梁ヒルクライムでしたが、色々と課題が発見できたので、それが一つ一つ解決できれば、まだ伸びしろがあるなと感じました。
(実は体重も昨年より2kg増ですし・・・そっちを軽くしろって事ですけど・・(^_^;)





健康診断も終了しました。
明日は晴れそうです。
大会後のリカバリーライドに出かけましょうかね。v(*'-^*)-☆





どうしても黒・赤カラーを選んでしまう単細胞にポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村














スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply