風は友達?

大雨の後はドピーカンの灼熱地獄・・・。

皆さん、こんばんは。

金曜の夜中から土曜の朝にかけて、晴れの国岡山もどしゃ降りの雨。
雷もバンバン落ちたみたいです。
「こりゃぁローラー台やな」と前日から実走は諦めてました・・。

ところがドッコイ。(古)
午前8時を回った頃には、チラホラと青空がのぞく程に回復。
どんだけ「晴れの国」やねん!



路面はウエットだけど、走れなくもない・・・。
まぁ、止めとこ。今日は腹の調子が悪いのでジロのデュムランちゃんになってしまいそうだし・・。


・・・ってことで日曜にスタート。
前日から気温が殺人的だと解ってたので、早朝スタートと決め込んだんだけど、実際は6;40に発射。
もう既に太陽は斜め上まで上ってるやん。(TmT)

以前は5時とかに出発してたけど、もう歳には勝てません。(歳をとると早起きになるから時間的には問題ないんだけど、エンジンが掛かるまで時間が掛かるのよ)
でもまぁこの時間にスタートするのは久しぶり。
まだ、交通量の少ない道路を走るのも気持ちいいもんだね。
でも湿度MAXのムシムシ・ムレムレは風呂に浸かってるようで、変なところからも汗が噴き出してきます。(^_^;)


今日は「海コース半島廻り」
例によって海沿い=風キツイ。
前回同様、下ハンメインで走ります。

半島はグルッと時計回りなので、向かい風が追い風にも変わります。
正面からの風はどうしても大きな抵抗になるのですが、横風くらいなら少しは風を推進力に利用できる感覚があります。
説明するのは難しいんだけど、ヨットの推進力的な感じ???
(じこまんですけど・・・・)

追い風の時は、広い面積で風を受けた方が推進力が上がると思い、上半身を立てて背中で風を受けてました。
確かに、これで追い風の恩恵を得ることができるんだけど、上半身を立てる事は風で押されることと同時に前面からの空気抵抗も増える。
後ろから押されて、前からの抵抗も上がる・・・・・。痛し痒し。
そこで最近は、追い風でも前傾姿勢は崩さず走ってます。
不思議と上半身を立てた時よりスピードも上がるんですね。

IMG_0139.jpg
朝の漁港は涼しいと思ったのですが、地獄の暑さ。

児島半島を廻りきった頃には意識が飛ぶ?ってくらいボーっとしてました。
「こりゃぁ危ない」
熱中症寸前かも。

木陰を見つけて休憩。
10分もすれば、なんとかリフレッシュ成功しました。
やばい、やばいなぁ。7月初旬でこんなんじゃ8月なんてナイトライドしかできないぞ。
体力も明らかに落ちてるし、暑さ対策は本気で考えないと・・・。


この後、もう一回休憩を取って元気を取り戻し、帰宅しました。(焦ったね)








別のお話ですが、最近チェーンオイルをこれに変えました。↓
IMG_0073.jpg
「どれやねんっヾ(▼ヘ▼;)」

一番右端の「セラミックワックスルブ」です。
ひとつ左の「セラミックウエットルブ」も良かったのですが、一か所気に入らないのはスプロケにオイルの飛び散る事。時にはフレームにまで飛んだりで困ってましたので、ドライタイプのこいつに変更。
粘度が弱くサラサラなので、うまくしないとドボトボっと必要以上に出たりしますので、塗布する時は慎重にしてください。
当然飛び散りもなく快適です。チェーンオイルとしての耐久性は少し劣る感じはありますが、オイル特有のギラギラ感もなく、まさにWAXを塗ったような感じ。
当分はこれでいくかな。



本日も負荷を絶やさないペダリングでしたが、それがジワジワ体力を奪ってバテたのでしょうか?
夏を乗り切る自信のないオッサンにポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

















スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply