Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

新車よりも欲しいもの

4月2日もポカポカ陽気。
本日は「BPSなかやま試乗会」の日です。ww


駄菓子菓子!!

私としたことが・・・。
試乗会参加のエントリーを忘れてました。
事前に案内のハガキが届くのですが、それがあったので、てっきりエントリー済みだと勘違いしてました。(^_^;)

その後どうした?!
ってのが本日のお話。www


事前の参加申込みが基本ですが、実は当日参加受付もOKです。(^_^;)
事前申し込みの人には「たこ焼き券」が頂けるんですが、当日申込みはそれがありません。(実はこれが旨いので残念)
仕方ありませんが、おまけのエビアンとスポーツ羊羹は頂きましたヨ。

今回エントリーを忘れていたのは、ブッチャケ乗りたいバイクが無かったので、気に掛けてなかったというのもあります。
PINARELLOの参加がないので乗りたかったF10に試乗できませんからね・・・。
今回参加のメーカーは「ANCHOR・CANNONDALE・COLNAGO・GIANT・MULLER・SPECIALIZED・TREK・KHS・Panasonic・MAVIC・Pioneer」です。※直前でFELTがキャンセルになりました。

という訳で、今回試乗するバイクはこちら↓
P4020026_20170402160726897.jpg
COLNAGO CONCEPT  フレーム価格450,000(税別)
最近流行りのエアロロードですよ。
そう、今回の試乗テーマは「エアロ」
我がWilire Cento1Airもエアロロードバイク。これが2014年に発表されて以来、各社からエアロロードが続々と発表された感があります。そこで各社の選りすぐりのエアロロードを一気に試乗して我がバイクと比較しようって事です。(≧∇≦)b

見ての通り、コンポはR9100が付いてます。ww
持ち上げた感じの重量は私のバイクと大差ない感じです。「エアロロード」ですから当然ケーブルはフレーム内蔵式。
まぁ、この辺はエアロでなくても流行りですからネ。
フレームも空気抵抗を軽減するために前面投影面積をできるだけ小さくしたものです。
そのため、横からの見た目はマッシブですが、前方から見ると超スリムww
これは全てのエアロロードに共通のデザインですね。
さて、試乗した感想ですが、コルナゴにはC60という超安定感のあるマシンが有りますが、ドッシリ感はまさにC60。
そこに空気抵抗を削ぎ落とした感じです。直進性はオンザレーム。微動だにしない安定感www。
R9100もビシッと決まります。特にFDは「えっ、替ったの?」って気付かないくらいスムーズ。歯とチェーンが擦れる「シャリッ」って音もしない。w(*゚o゚*)w
こりゃええわ。まさにエアロですわ。私のバイクより、明らかに安定性が違う。一端スピードに乗ってしまうと、勝手に安定して走ってくれる感覚。多少ライダーの身体が左右にブレてもバイクがそれを受け止めてくれて動かない。
そんな感じでした。

続いてはこちら↓
P4020028_20170402160728243.jpg
TREK SPEED CONCEPT9.9 完成車1,350,000(税込)
TTバイクです。
一度、TTバイクには乗ってみたかったんですよ。
これは昨年も乗ろうとして、乗れなかったバイクです。
エアロバーの変速方法にちょっと戸惑ったけど、あっさり理解しました。www
よく動画とか見ると窮屈そうで股間も痛そうだなぁ~って思ってたけど、乗ってみると、これが快適~!
肘を内側に絞り込んで窮屈に見えていたけど、実際は呼吸を妨げるような窮屈さはなく、懐辺りは脚もしっかり上部まで引き上げるスペースもある。前方を見るには極端な上目使いを強いられるけど、それ以外は問題なし。
サドルの前方に、ちょこんと座っているけどキ〇タ〇が痛くなる事も有りません。(^_^;)
ただ、エアロバーポジションではコーナーが怖いし、曲がれない。
直線の安定性は抜群にいいけど、ちょっとブレたり路面のギャップにタイヤが弾かれると超怖い。
まさにタイムトライアルのために造られた、まっすぐ走ることに特化したマシンですね。
肘あての部分や飛び出たグリップ(なんて言うのか知らん・・)は幅や出っ張り具合を調整できるようなので、ポジョン調整すればもっと快適になると思いますね。

ロードバイクの試乗はこれで終わりです。(たった2台・・・)
だって、VENGEもMADONE9.2も去年試乗したし・・・ね。
ただ、ヘッドにダンパー?を配したルーベは、どんなものかと試乗したかったけど、大行列だったので諦めました。
P4020031.jpg
ほらね。





実は今回は試乗より、こっちを試したかったんです。www
P4020030.jpg
パイオニアペダリングシステム~ww

最近、超~気になってます。
だって、自分のペダリングがどれだけ正しいか解るんでしょ?
それって、ベダリングコーチが居るのと同じじゃないですか。瞬間、瞬間のパワーも解るって事だし、効率も解るらしい。
これはもう、楽に速くなるためには必需品なんじゃないですか~。

早速、試してみます。www
まず、ビックリしたのはローラー台のスムーズさ。(そっちかい!)
ミノウラハイブリッドローラー?メーカー・機種は解んないけど、最近流行りのローラー台ですよ。
私の固定式と比べると負荷が無い分、実走と同じ感覚で走れます。
3本ローラーもこんな感じなのかなぁ?固定式の0負荷よりもスムーズです。

まぁ、それは置いといて・・・。
何も考えずに普段通りのペダリングをしました。
普段のパワーがどのくらいなのか、全く知りませんが、100wちょっとの数値が出てます。
ほんとにポタレベルのペダリングですが、こんなものですか?
P4020029.jpg
この写真を撮った時は、カメラを構えるため左右のバランスが全くデタラメだし、効率も左が高いという数値にになってますが、最初ペダリングした時は効率が左右とも30%くらいでした。(^_^;)
メーカーの方が横に付いて、数値の見方を教えてくれ、ちょっと意識を変えて回して見ると40%くらいにはなりますね。
円の回りに伸びた線の方向と長さはパワーが掛かっている方向と、その力具合らしいです。
私の場合4時の位置が最も長く、ほぼ真下に向いてました。
下死点付近で無駄なパワーを掛けているのが露呈しましたね、いゃーここまでとは思いませんでしたけどね。(^_^;)
自分では2時の位置を意識して回してましたが、全くできてなかったという事です。
メーカーの方が仰るには、12時くらいで力が加わる傾向が出ているので、悪くはないらしい。(まぁ社交辞令ですが・・・)
それと5時から後半でベクトルが後方に向いてるので、引き足は有効的に効いているらしいです。www

ギヤを重くして、踏み込んでいくと250wくらいまでは、特に苦労なく出ます。
だも2時辺りでベクトルを発生させようと意識しましたが、これが全く出てこない。
尻の筋肉が攣りそうになってきましたので、あえなくスローダウン。
「これ、おもしろい!!」 & 「欲しい!!!」
常に楽しようと、効率ばかり考えて走っている私には持って来いのおもちゃです。www
ただ左右センサー+サイコンで16万は・・・・・・。無理ね。

「これ、何によって数値分析してるんですか?」って聞いてみると
「クランクの微細なひずみを感知してます。見ても解りませんけどネ。」
という事でした。www  (だったら凸凹道では異常値がでるのかな?)

こりゃぁ、シマノのセンサーが発売されたら、パイオニアが価格を下げてくるのを期待したいねぇ。


この後は特に試乗したいバイクもなく、会場をプラプラ~。
ウェア類&アイウエアのワゴンセールを引っ掻き回して、夏用半袖ジャージを2000円でGetしました。(メーカー価格1万也)
P4020034.jpg


今回は試乗よりも、プッチモニ、ペダモニに心奪われました。
こりゃぁ、また悩ましい日々が続くんでしょうね~。o(TヘTo)



「あのね、ペダモニ持ってても、速くはなんないのよ~」と思われた方もポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






















スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/628-105ed495