Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

恐る恐る・・・

皆さん、こんばんは。

前回の記事は、ネガティブ過ぎたことを反省してます・・。(^_^;)

あれからは時々、脈が飛ぶ程度に治まってきました。
ご心配をおかけしたことを、お詫びいたします。m(_ _)m

だけど、自分でも自転車に乗るのがちょっと怖いと思ったのは正直なところです。
それでも、先生には「スポーツOK」と言われたので、本日は若干脈は飛んでるけど、恐る恐る走ってみたお話。






やっぱり不安は拭えないから、いつものコースだけど、LSD(正確にはSSD)で走ります。

LSDってのは、よく聞く3文字ですね。
「持久力をアップさせる」とか「激しいトレーニングに耐えうる身体を作る」とか言われてますが、間違ってはいけないのが、「LSDを行えば速くなる」という事ではないって事。
あくまでも、今より「スキルアップするための、ベースの身体を作る」って事。
ベースだから、さらにトレーニングしないと、速くなれません。
LSDはベースとなるは最大心拍数の60~70%を維持して、長い時間(最低でも90分)走る事が必要です。
私の場合、最大心拍は188なので60%で112.。70%で131ですが、多分一般の方より、病気の関係で平常の心拍数が高いので、ひとまず「140」を目標に走ります。

ケイデンスは90を維持する事が基本になります。
怠けて70台で走ってたので「90」ってのは結構く・る・し・い・・・・・・・。
90維持して心拍数140以下って、思った以上に難しいもんですね。速度は22km/hとか・・・・。
速度は関係ない。とは言っても、そこは自転車乗り。
解ってはいても、速度を上げたくなるんですよ,ね。(^_^;)


でも、ゆっくり走ると、普段は見えなかったものが見えてきますね。
土手の草や木々は、なんとなく春に向けて準備しているように見えたり、いつものコースだけど「えっ?こんなのあった?」みたいなネ。(*'-')b

ゆるゆる走って、ポニー先輩(臨時漕会登録商標)の弟にご挨拶www。
P1210004.jpg

なんとなく春っぽい国分寺の五重塔。
P1210005.jpg



心臓の方は「案ずるより産むが易し」
心拍数が高くなると、不整脈もなくなる感じです。
心臓も、しっかり仕事している時は、脈を飛ばしている場合じゃねーよ。って感じなのかなぁ?
自転車乗ってりゃぁ不整脈が出ないって事なら、こりゃぁ願ったり叶ったりだ!(`0´)ノ

心臓の調子がいいんで、165くらいまで心拍を上げてみます。www
「ふむふむ」・・・。特に苦しいとか、脈がぶっ飛ぶ事もありません。
だけど・・・これを維持するスキルはありません。
なにせ寒いのを理由に、ずーーーっと怠けてたからね。
やっぱり冬の間はLSDがいいわ。
頑張るモチベーションが無いから、ポタポタできるLSDが持って来いだな。
しかも「LSDだから遅せーんだよ」って言い訳もできるしね。(^_^;)



SSD(ショートスローディスタンス)中に、こんなレアも発見!
P1280007.jpg
「ACコブラ」※たぶんレプリカだと思うけど・・
若い人は知らないかも知れないけど、私と同年代の人には「ドキドキ」する車だよねー。


いつの間にか、心拍数はLSD領域を無視~www。
いつものように、走ってました。

やっぱり、自転車はいいねぇー。
速いとか、上れるとかは、まったく無いけどペダルを回して、はぁはぁ言いながら自分と戦っている感がいい。
体中を血液が「急げ―。速く酸素を回せー。乳酸溜まってるぞー」ってグルグル廻っているのが感じられる。
そんな中で、どこの筋肉がまだフレッシュなのかを探って、使っていく。
いやいや、そんな高いレベルで走ってるわけじゃないですよ。
底辺の底辺ですからね。でも心の中は、そんな気分なんです。




心臓は最後まで妙な鼓動を起こしませんでした。
でも、もう少しLSDもどきで走るようにします。
輪上死は嫌だからネ。v(*'-^*)-☆






私が頑張ってもLSDレベルって事をご存じの方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

























スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/618-f8cfcafe