Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

初めてのハブメンテ【MAVIC KSYRIUM SL2013】

皆さん、こんばんは。

今日は「ハブメンテ」のお話。






私のホイールは【MAVIC KSYRIUM SL 2013年モデル】です。

もう3年も使っているんですね。www
この間、ハブのメンテ(クリーニング&オイル注入)は1年に1回、ショップにお願いしております。
購入当初は勿体なくて、所謂「決戦用」として時々使う程度でした。 
※決戦が無いのに決戦用とはこれ如何に?(^_^;)
だけど、Ccento1 airを買って以来はデイリーユースで使ってるので距離もそれなりに走ってます。
距離が延びれば、メンテの頻度も上げたいのですが、毎回ショップに持ち込むのも面倒くさい。
と言うより、ショップ購入者は、永久的にメンテは無料~❤って事なんですが、何も買わずにメンテだけお願いするのも、心苦しいってのが正直なところです。
なので、意を決して自分でやってみる事にしました。

「マビックのメンテは簡単」とはよく聞く話ですが、やっぱりそこは素人。
大切なものだし「もしも・・」って事があれば取り返しのつかない事なので、超~~不安。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・
兎に角、片っ端から調べまくってチャレンジです。


まず、必要な物はこちら↓
マビック純正の「フリーホイールボディオイル」(マビックではグリスより粘度がサラサラのオイルを推奨しています)
そして、左から10mm・5mmのアーレンキーとマビックホイール購入時に付いてくる専用工具です。
P9030016.jpgP9040373.jpg
※必要な工具類は同じマビックでもホイールのモデル&年式ごとに違いがあるようですので、私と同じモデル以外の方はご注意ください。ただ「10mm・5mmのアーレンキーと17mmのレンチ」があれば、だいたい事足りるようです。



では早速、作業に入ります。(内心、ドキドキです)
スプロケを外した状態。左がフリー側。右が反対側。
P9040001.jpgP9040002.jpg

まず、反対側の先っちょを外します。これは引っ張るだけで抜けます。w(゚o゚)w
あまりに簡単なのでビックリですが、これがまたキッツキツで「本当に抜くだけか?」って疑ってしまいました。
P9040005.jpg

次にUFOっぽい?銀色の部分を刺股(さすまた)のような専用工具を使って外します。(正ネジ)
P9040006.jpgP9040007.jpg

ここまで外せば、後はフリー側に5mmのアーレンキー、先ほど外した側に10mmのアーレンキーを差し込んで「グイッ」と回せばOK。(正ネジ)
ここも結構な力が必要です。手のひらが痛くなりました。
P9040009.jpgP9040008.jpg

はい。フリー側のボルトが外れました。(因みに反対側は何も外れません)
P9040010.jpg


そしてフリーをゆっくり抜きます。(勢いよく抜くと、ラチェットの爪が飛んでっちゃう事があるので注意)
ベアリングの上にスペーサーがあるので元に戻す時に忘れないようにしてください。(黄矢印)
P9040011.jpg

フリーの内部全容~。真っ黒いオイルで汚れてます。そして飛んで無くなる事があるラチェットの爪です。
P9040012.jpgP9040013.jpg

シールドベアリングもあるので汚れはディグリーザーを使わず、布と綿棒で拭いて綺麗にしました。
そしてマビックオイルをしっかり塗布します。
P9040015.jpgP9040018.jpg

そしてフリーボディーの内側はこんな感じ。
P9040016.jpg
内部に黒く汚れた波型が見えますが、ここにラチェットの爪が掛かります。

内部の汚れをしっかり拭き取って、オイルを塗ります。
P9040017.jpg
オイルの粘度は壁面でもゆっくり垂れるくらいです。適当な箇所に5滴ほど落して回しておきます。

最後はラチェットの爪を押さえながらフリーボディーを被せて、外した逆の順でボルトを締めつけて完了です。
※ラチェットの爪はしっかり押さえないとフリーボディーが入りません。コツは爪のスプリング部分を少し内側に仕舞い込む感じで押し込むと楽に入ります。


完成です。
P9040019.jpg
始めの写真と変わらない??
でも内部はクリーン&NEWオイルでリフレッシュしてま~す。(*'-')b OK!

早速フレームにセットしてちょっと走ってみると、明らかにスムーズ!!オオーw(*゚o゚*)w
ウンウン、これこれ。ラチェット音も静かになってるし。www


初体験は大成功です。
これで申し訳ない気持ちでショップにお願いすることも無くなります。
※今回の出費はマビックオイルと10mmのアーレンキーで2270円(税込)でした。


さぁ、抵抗が軽減されたのでスピードも上がっちゃうかもよー。(≧∇≦)b





「これで速くならない事はあんたが一番よく知ってるやろ」「ついでにセラミックベアリングに変えちゃえ」って思われた方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村











スポンサーサイト

Comment

ロッシ says... ""
お久しぶりです。メンテナンスはドキドキですよね。ヒロさんは器用そうなのでうらやましいです。私はいじるのは大好きなのですが、よくやらかしてしまいます。
2016.09.08 07:54 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re:ロッシさん"
こんばんは。
お元気ですか。
私も内心ドキドキです。失敗しないように事前の下調べを相当しました。
本当はフレームから組めるくらいの知識と技術を持ちたいんですけどねー。
でもそれに費やす時間とコスト&リスク&頻度を考えると、お店に任せた方が
利口だと思いますね。
なので、やれる範囲でやってまーすwww

2016.09.09 22:29 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/594-f1b54585