「踏む」と「回す」の違い

皆さん、こんばんは。

来週末からはGW。
家族旅行やライドの計画を立てている方も多いと思います。
私は29~31日の三連休だけ・・・。
後は土日が休みのRW(レギュラーウィーク)です。(^_^;)


本日はペダリングの話。


皆さんは自転車雑誌を買ってますか?
私は毎月同日に発売されるサイクルスポーツとバイシクルクラブを比較して興味がある方を購入してます。
立ち読みはしません。なので表紙のタイトルでどっちが良いか判断してますが、「Biwako Cycling」のガルマさんが毎月欠かさず2つの雑誌の内容を解説して下さるので、それを参考にさせて頂いてます。

6月号は「自分史上最速になる!」(サイスポ)、「ダンシング強化書」(バイクラ)。
うーん、今月はどちらも興味をそそるタイトルなんですねー。

悩んだ挙句に購入したのはコチラ↓
P4230010.jpg
バイクラのおまけのサコッシュにも魅かれたんですけどねー。
サイスポを選んだのは、やはりタイトルね。
「最速」ですよ。「最速!」
もう、坂は諦めましたからねwww。

近頃はずーっと重いギヤを回してます。
いくら軽いギヤを高回転させてもスピードは頭打ちです。やはり、重いギヤを早く回せないとスピードは上がりませんからね。
だけど最高速を出す事を望んではいません。そこそこのスピードでそこそこの距離を走れるようになりたいのです。
(理想ですよ、り・そ・う)

その私が、ずーーーーーっとやってるペダリングが、この本に載ってました。
独走力を高めるために必要なペダリングらしいです。よかったー、間違ってなかったねー。ヽ(^◇^*)/
(この中では「レベル2」の走法)
P4230011.jpg
「中速域を長時間維持」まさにその通り。
これを実現するためには大臀筋とハムストリングが重要なのです。
P4230012.jpg
※八重洲出版 CYCLE SPORTS 2016年6月より


実際、私がやってるペダリングはこんな感じ。
P4230005.jpgP4230007.jpg
左:11時の頃から矢印の方向へ蹴りだします。(実際はもっと水平に近いイメージ)  右:11時から蹴りだす事で上死点でも推進力が得られます。そして1時の時点でも真下に踏むのではなく、まだ蹴ってるイメージで駆動を掛けます。(ここがポイント)

P4230006.jpgP4230008.jpg
左:3時で水平になった時に初めて真下に入力。※ここでも「踏む」のではなく「押す・置く」イメージ。   右:4時~5時ではちょっと微妙ですが下に踏みながらイメージは矢印の方向に踏んでる感覚・・。(^_^;)



※③の「押す・置く」と表現したのは、あくまでも回転運動の通過点ですから、ここで特にパワーを掛けないという事です。④は自分でも微妙な感覚なので、どうすれば一番良いのかは解ってません。
 
全体的には「常にペダルの向こう側へ入力し続ける」イメージ。
ペダルがどの位置にあってもパワーを掛けたり、抜いたりせず、常に一定のパワーで押し続ける事。
雑誌の本文でも記載してますが「クランクが描く軌跡の接線方向を意識して回す」事。
決して「踏む」事は意識しません。あくまでも「回す」事。
「踏む」は縦運動。「回す」は円運動です。


これが正しいかどうかは解りませんが、私の中ではこのペダリングでトルクを感じながら回せている感じです。
一定のスピードを維持しやすい感覚もあります。向かい風でも以前のようにガクッとスピードが落ちる事が無くなりました。

ただ・・・、

ただ・・・・・・、

巡航スピードは上がりましたが平均スピードは大差なし・・(;´▽`A``
なんでやねんヾ(▼ヘ▼;)

※劇的な変化が現れる事はありませんよ。



今日はさらに、実走でアウター×トップで固定し、低ケイデンスで片足ペダルを行いました。
余りにもギクシャクしてペダリングどころの騒ぎじゃないから、すぐに1つギヤを軽くしました。(^_^;)

それでもいゃー回らへんなぁー。(T△T)
特に10時~12時は無理やり引っ張り上げてる状態。
ここでペダリングが遅れるから上死点から蹴りだす時に「カクン」ってなります。
軽いギヤで片足ペダリングをやっても勢いでクルクル行っちゃうから「いけてるじゃん」って勘違いしてしまうけど重いギヤだとハッキリとダメダメ箇所が解るんですよね。
腸腰筋を鍛えて股関節の柔軟性を上げれば、この無法区間もしっかり駆動を掛けられるようになるのでしょうか?
※左足は論外~((^┰^))ゞ



自分のペダリングが正しいと解ったので今後も続けて行こうと思った管理人です。www


「居るんだよねぇ~。雑誌で「解った!」って得意になってる奴」「巡航って何キロ走って言ってんだよ」って方もポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村













スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply