ガチ系は楕円リングを踏め

皆さん、こんばんは。

本日はVDT健診のためにお休みを頂きました。
仕事で10時間以上PCの画面を見ているため、目に違和感を感じてます。
これまでは「仕事上、仕方ない事」と諦めて、特に健診を受けたことはないのですが、流石に何年も続けるとなると現在の目の状態を知っておくことは必要な事と思い申込みました。
結果は後日ですが、眼圧が異常に高いのは以前から事。これが原因の一つで網膜剥離にもなりましたからね。
でも特に下げる方法は無いみたいです。
医師の所見では「1時間に10分くらい目を休めてください」程度の事しか言わないんだろうなぁ。
それでは根本的な解決にはならないんだけどねー。


さて、本題です。
RIDEA楕円チェーンリングに変更して3週間経ちました。
これまでのイメージや感じたことを素人なりにまとめましたので、今後楕円リングを検討している方は一つの意見として読んで下さいね。


まず週末ライダーのため、圧倒的に走行距離&走行時間が少ない上での意見ですので、その辺は考慮してください。

これまで私は一貫して、楕円と真円の「違いが解んねー」と言い張ってきました。(^_^;)
それは変わりません。そもそも素人レベルですので微細な違いが解るわけがありませんし、±2の最も変化の少ないタイプを選んだので解らなくて当然かもしれません。
ペダリング中に違いが解らないということは、楕円に変えた意味が無いと思われますが前回も触れたように、その違いは走り終わって少し経ったときに脚の疲れ方の違いとして現れます。
要するに、ペダリングしている瞬間には解らないけど走り続けていると、その微細な変化が蓄積されて、真円を回していた時とは違った疲れ方として現れてくるという事。
脚が疲れるという事は、これまでと違った筋肉を使っているか、これまでより負荷が高いかです。
pr01.jpg
違った筋肉かどうかは解りませんが、疲れが違うのは大腿四頭筋の外側がメイン。
これは明らかに、これまでより「踏み込んでいる」という事だと思ってます。
上図で白い円が真円。赤が楕円です。楕円の左右にMAX POWERの領域がありますね。
ここは丁度、最も踏込む部分です。この部分が白い円より出っ張ってるので真円より大きな力が必要です。

私の場合、真円はアウター50Tのコンパクトクランクです。
これでずーっと50Tで走ってましたから50Tの負荷に慣れていますし、筋肉にもその負荷が記憶されています。
それが楕円に変えると、出っ張った部分は52Tに相当します。逆に上下死点では引っ込んでるので48Tになります。
パワー領域で52Tを踏んでる状態ですから、筋肉が疲れてくるのも当然です。
私に52Tのノーマルクランクを回せる脚力があれば、こんな疲れは無いのかもしれませんね。
逆に上下死点では48Tになり、引き足領域では軽すぎる(早く通過する)のだと思います。

私は自転車に乗り始めた頃から、引き足を徹底して意識してきました。
「ペダルは踏むのではなく回すのだ」の言葉を信じ「踏み足2、引き足8」くらいの意識で走ってました。※極端ですが、これくらいで意識して丁度いい感じです。
それは自分に脚力が無い事、それを支える心肺能力も人の70%しかないため(身体的な理由で)、人と同じように走るには「力」ではなく「質」を上げてムリ・ムダの無い省エネ走法しかないのです。
クランクが一回転する間を、いかにスムーズに緩急を付けずに回せるか。
踏み足領域であろうと、引き足領域であろうとペダルに掛けるパワーに差を作らない事で、回転運動としてスピードを上げる事を意識してきました。

楕円リングのメリットはパワー領域でさらに強く。そしてデッドスポットの上下死点では無駄に力を使わせず、早く通過させる事で、ペダルに掛けるパワー効率を上げる事だと思います。
だから逆に上下死点でうまくトルクを掛ける事が出来る人には「トルク抜け」が発生してしまいます。
私が回転体としてのペダリングを十分マスターしているとは思いませんが、少なからずとも、こればかり意識してきましたから、そういった意味では違和感です。
下死点で50Tを問題なく回せている人なら、わざわざ小さいギヤを回す必要はないですね。
楕円リングは「ペダリングは円運動の極致」としている人には向かないのかも知れません。
そんな走り方をしてきたので、52T部分では力不足で、48T部分ではトルクが抜ける感じなんだと思います。
この緩急が筋肉の疲れとして出ているのでしょう。

インナーリングでも同じです。
ヘタレな私は坂が大嫌い。
坂では前に進むことがやっとのレベル。スパートを掛けるとか、後半の為に脚を温存するとか・・・。
意味が解りません。こっちは上り始めからMAXなのです!
だからインナーが楕円の場合、これまた踏込みにこれまで以上のパワーが必要になります。
そして、踏む力が尽きてきたから引き足メインで上ろうとすると、トルク抜けが発生する・・・・。( ´△`)
平地よりいっぱい、いっぱいなので、より回転運動に頼って上る必要があるのですが、楕円はそれを許してくれません。




3週間の短い間で感じたヘタレローディーの楕円リングインプレッション。
はたして自分に合っているのか・・??
52T部分で脚力UPの練習にならないか?と思ってはいるものの・・・・・。

ここまでの感想は「楕円はガチでガンガン野郎には持ってこい」だね。




「もっと乗り込んで判断すべき」「ドナドナ行きやね」と思われた方、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村











スポンサーサイト

Comments 5

ガルマ  

いろいろな意見が、、

いろいろな意見があって良いともいます♪

僕もはっきりと違いを感じるの下死点でのスムーズさと
走ったあとの筋肉痛の場所の変化だけで、

アウター、インナーの角度などはまだまだ
感じてませんから(笑)、、、

あ、タイム更新もあまりないですしね

2016/02/19 (Fri) 21:43 | EDIT | REPLY |   

IKKO  

記事を読み始めて「楕円しかねぇ!!」ってカンジでしたが、
最終的には「???」ってカンジにwww

だけど、ガルマさんのコメントにもありますが、
ライド後の疲労の少なさは魅力的ですね。
見た目カッコいいですし☆

2016/02/20 (Sat) 00:34 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re:

<ガルマさん
こんにちは。
なにも解らんと言いながらも、少しずつ「違い」が分かってきた感じです。
でも実走中は相変わらずです。
疲れてくると52T側が辛い感じになりますが、これは脚力の無さが原因です。
もう少し走って真円に戻してみて、いい方をレギュラーとしたいですね。

<IKKOさん
こんにちは。
楕円ねぇ~・・。
いいと思ったんだけど私のペダリングでは今のところ、その利点を生かせてない感じです。
<見た目カッコいいですし
その通り!これ大事です。(^_^;)


2016/02/20 (Sat) 11:19 | EDIT | REPLY |   

マッシャー  

はじめまして。なかやまのお客さんなんですね!
自分も肺気腫と気胸が持病です。最近肺炎にもかかり、まだ肺に水が溜まってます(笑)
なので、4月17日の岡山国際での耐久には応援のみに行きます。GREEN GROOVE というチームです。持病持ち同士頑張りましょう(^^ゞ

2016/04/07 (Thu) 20:24 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re: マッシャーさん

こんばんは。
コメントありがとうこざいます。
なんと、同じ病気ですね。しかも「なかやま」のお客さん。
同じ持病でも頑張ってる方が居られるとは、とても励みになります。
お互いに頑張りましょう!!!
(岡国は都合で行けないかもしれません・・・応援ですけどね・・。)

2016/04/08 (Fri) 22:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply