Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

医学的見地から認められた?

皆さん、こんばんは。

一気に寒くなりましたねぇ。
一年で一番嫌いな季節の訪れです。(ノ_・。)

そして、この時期になるとどの企業も「健康診断」の時期となり検査機関は満員御礼~。

そんな私も11月15日に行ってまいりました。


毎年、同じ週の土曜日と決めているのは、キッチリ1年間で昨年と比較したいからです。

ただ、今年はちょっと不安要素が多いのです。
毎年、確実に歳を取っているわけですから細胞はどんどん死んで行ってるわけで・・・・。
去年を維持するということは、死んでいく細胞のマイナス分を生きている細胞でカバーしなきゃならないから、年齢を重ねる程厳しくなっていくのよ。
不安要素は最近、心房細動が起こる頻度が増えてきたという事・・・。
今年は初めて検診の前日にビールを飲みませんでした。1/365日です。(^_^;)
「そんな事で何になる?」と言われるでしょうが、ちょっとでもお利口さんにしてればいいかなぁ~って事です。

まずは「血圧」
日頃は120-68とかで普通なんですが、今回は135-82でギリギリ・・。ハァ。
何故でしょうね?本番になると緊張しちゃうんでしょうか?チキンです。

身長、体重、聴力、視力、血液検査と進んで、いよいよ「心電図」です。
本番に弱い私は案の定、胸に吸盤のような計器を着けている内に心臓が不整脈に・・・・。

「やばい!今、心電図撮られたら、グタグダの波形になるぞ」 ; ̄ロ ̄)!!

心を落ち着けて深呼吸をして看護師さんが計器のスイッチを入れる前に平常心拍へ持っていこうと必死です。
少し心臓に刺激を与える意味で「ゴホッゴホッ」と咳払いをしたりしてると「咳をされると波形が乱れますから我慢してください」と心ないお言葉・・。

ア・カ・ン・・・。く("0")>

心臓が時々、妙なリズムを刻む状態で計測開始~Σ(|||▽||| )


・・・・・!!?((゚m゚;)
看護師さんのこんな顔が横目に見えます・・。
そして看護師さんは平生を装って胸の吸盤を付け直して、再度計測。
それでも脈の乱れは時折発生。
「ちょっと、息を吐いてそこで止めてください」
・・・?心電図撮ってる最中に息を止めるなんて聞いたことありません。
これ自体が普通ではない事を意味してますね。

看護師さんは何も無かった様に検査を終えて次の検査を案内してくれました。
「あー、これで再検査やな~」


最後は「胃のレントゲン」
本当は胃カメラの方が良いんでしょうけど、どうしても「オエッ」ってなるのが耐えられない・・。
まだバリウムの方が100倍簡単。
っていうか一度も胃カメラは経験なし。
喉に突っ込まれるのを想像しただけでも「オエッ」ってなる始末です。

最後は医師の診察を受けて終了~。

健康診断の後にお食事付ってのが嬉しい。
検診センターの横のビルに「タニタ食道」があって、そちらで朝食です。
PB140023.jpg

PB140024.jpg
とっても薄味で物足りない・・・(^_^;)   ごはんはおかわり自由です。



そして本日、検診結果が送られてきました。

心配した心電図の結果は・・・・・・。
PB280007.jpg
「左室高電位」??

ググッてみると・・・
< 左室側高電位と左室肥大(心肥大)の疑いとはほぼ同じ意味です。左室側高電位は胸部誘導の左室側壁の誘導であるV4からV6にかけて、R波が高くなっているのを示します。典型的な左室肥大では、R波だけではなくST部分の低下やT波の陰性化を伴うものなので、R波の増高だけでは左室肥大の疑いと同じ意味と考えられます。
R波の高さの判定基準は医師により異なることがあり、再検査の結果で異常なしと判定されることがほとんどです。またやせた人などで、電極と心臓の距離が近い場合にはR波は高く記録されることがあります。健常な人でふだんからR波が高く記録される場合は、正常と考えてまず間違いはないと思います。

??????左室肥大と一緒?
で「左室肥大」をググッてみると
<心肥大または左室肥大は、心臓のポンプ機能の最も大切な働きを発揮する左室心筋が肥大していることを示します。
高血圧が長く続いた場合やスポーツ選手の心臓、肥大型心筋症といわれる病気では、超音波で肥大した左室心筋が観察されます。左室心筋が正常の厚さでも、高血圧などで左室に余分な力が加わると心電図では左室肥大の所見が認められることがあります。

ちょっと血圧は高めだけど高血圧と言われるほどでは無いので「スポーツ心臓」か「肥大型心筋症」って事?
おおーっ、憧れの「スポーツ心臓」なのか?
※無知なのでスポーツ心臓は心拍系の運動に適していると思い込んでるオッサンです。

どうやら心房細動の発生と思っていたのは違っていたみたい・・・。良かった。(^_^;)
自転車乗りであるが故の病気なのか?

医学的に「立派な自転車乗りです」と認められたようで、なんだか嬉しい。



って事で、明日も自転車乗りに恥じないよう、ビューっと走りに出かけます!!

「スポーツ心臓は決して良いものではありません」って事は言わないで、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

yas says... ""
ヒロさんこんにちは。

検診ですね。先日、私も受けました。

この日は貴重な休日ですので、早朝40Kmほど自転車に乗ってから挑みました。
・・・当然、『血圧』が高くてひっかかります。(3回測りなおして133-72でした。)

私も『心肥大(通常の1.3倍)』は以前指摘されましたが、これは幼少期に喘息患ったので、それが原因だろうとのことです。そういえば、そんな選手がシマノにも居たような・・・。

気には留める必要はあるけれど、気にしすぎは良くありません。がんばりましょう?
・・・いやいや、楽しみましょう!
2015.12.01 12:48 | URL | #Hpwl6DqI [edit]
ヒロ says... "Re: yasさん"
こんばんは。

健診前に自転車に乗ってはダメですよwww。

スポーツ心臓=人より心臓が強い。なんて素人考えでしたが、立派な病気のようですね。
特に気にしている訳ではないですが、リスクを知ってる事で安心する場合がありますね。
ヘタレでも楽しければOK!
マイペースで走りますよ~。

2015.12.01 20:59 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/538-9308eda2