Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

たった4mmの違いなのよ

皆さん、こんばんは。

新城幸也が来年ランプレメリダに移籍が決定しましたね。
今から来年が楽しみです。

自分の事ではないのに、なんだかモチベーションがUPしちゃって、走りたくてウズウズした気持ちで週末を迎えました。


週末の二日間はちょいと用事があるので、走れる時間は3時間程度。(ノ_・。)

高梁HCの時にサドル高をミスッてしまったので、先週のライドは元通りに設定して走りました。
この時、サドル高の重要性がハッキリ解ったのですが、ちょっと疑問もあったので本日はサドル高をいじって試します。

「日本人の多くはサドルが高すぎる人が多い」という話をよく聞きます。
そりゃぁ、ツール出場選手のようにハンドルとサドルの落差がハンパないのがカッチョエエ~ですからね。
どうしても真似しちゃって、ちょっと高く設定している人は多いはずです。

私は特に高くしたいわけではないけど、周りの人とかに比べると落差が大きい方かも知れません。(現行落差7.4cm)
ちゃんと下死点でも膝はチョイ曲がる状態ですのでサドル高が高すぎるという事はないと思います。
まず股下の長さから係数を掛けて目安の高さを設定して、その後色々な高さを試してサドル高を出し、その後、距離を走ってからハンドル高もちょっとづつ下げたりで調整してきましたから、ほぼベストポジションだと思ってます。
5年間でやっとここまで来たのですが・・・・。

ふっ、と思ったのは「本当にこれでいいのか?」
そもそも、最初の係数が自分に合ってるとは限らない。
色々調整してきたけど、基本的に最初の係数高から、すこしづつ高さを上げる方向ばかりでやってた。

・・・本当は下げた方がいいかも?
今のポジション(特にサドル高)に不満は無いけど体調によってはハンドルが低いと感じる事もあるし・・・。
距離が伸びると腕が痺れてくるし・・・・(これは別の原因も発見してるけど・・)。
ハンドルは思いきってコラム切っちゃったから上げることは出来ないので、ちょっとサドルを下げて走ってみました。

PA170031.jpg
シートポストの目盛が6本(一番下の1本はクランプに被って見えません)
いつもは6.本と少し出てます。
この目盛の間隔は1cmとか5mmとかキッチリしたものではなく、なぜか6mmなんです。(^_^;)
※Wilierさん、なんか意図あんの?
下げたのは4mmくらいです。
「何故4mm」???これまた意図はまったくありません(^_^;)

PA170034.jpg
下げた状態でハンドルとの落差はこんな感じ。

測ってみると落差は「7cm」
PA170035.jpg


走った感じは「明らかな差」としては感じなかったものの、これまでより踏み足が必要になった感じ。
サドルが高いとケイデンスで走るイメージ。サドルが低いと踏み込んで走るイメージ。
そりゃそうだよね。
クランク長が変わらないので膝から下は変わりません。変わるのは膝と脚の付け根の位置関係。
上死点で見るとサドルが低い分、膝の位置が高くなり、脚の付け根との落差が近くなります。
そこから踏み込むのは余計に力が必要になります。
例えばジャンプする時に、少し膝を曲げた状態からジャンプするのと腰をグッと落としてジャンプするのでは、腰を落とした方が辛いでしょ。その方が力が必要という事ですね。
腰を落とし過ぎると高くジャンプ出来ないし、逆に浅すぎても高く飛ぶことはできません。
(最も効率の良い高さを見つける事が重要なのです。)

4mmの差は距離を走るにつれてはっきり違いを感じます。
私の場合は上死点から前に蹴りだすペダリング時に窮屈感を感じます。
ジャンプで例える、腰を落とし過ぎの感覚。その分、力が入ってスピードが乗ってくるかと言えばそうではない。
練習坂でのヒルクライムでも、シッティングでは窮屈感がある。
ヒルクライムは前輪側が高く後輪が低いので、丁度上死点のタイミングでは平地よりも膝の位置が高くなり、腰との落差が狭く、さらに辛い。少しでも回転を楽にしようとサドルの前方に座るも尻の穴(失礼(^_^;)を突かれるようで別の意味で辛い・・・(TwT。)
ダンシングに変えると楽になるのは、腰と膝の位置が広がりパワーを掛けやすくなるためですね。


たかが4mm・・・。
この状態で何か月も走れば慣れてくるやもしれませんが、60km程度走っただけで苦痛感がハンパない。

これ以上サドルを下げても結果は同じ気がします。
このライド後に即効、元に戻そう。(^_^;)

PA170033.jpg


やはり現時点でのサドル~ハンドルの落差7.4cmはベストポジションなんでしょうか?
それとも、もっと楽チンのポジションが存在するのでしょうか?
一向に速くならない理由をポジションのせいにしている時点でダメダメですネ(^_^;)




とりあえず、現行のポジションが現時点では正しい事が解っただけでええんちゃう?
わざわざ記事にする必要あるの?
と思われた方もポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

Comment

IKKO says... ""
「ケイデンス90と言われるの理由」を拝見した時も思いましたが、
初心者にとって経験者の考察はすごく参考になりますm(_ _)m

そして、今回のサドル高の記事。
ちょうどカッチョええポジションに憧れてサドルを少し上げようかと考えていましたが、この記事を読んで止めました。
ショップで計測していただいて今のポジションなので(ハンドル高は一番下まで下げましたけどwww)そのままにしておこうと思います。

長々と失礼しました。
岡山自動車道の橋脚、カッチョええですよね(>_<)
2015.10.17 21:48 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re: IKKOさん"
こんにちは。
参考にして頂き有難うございます。
でも私は素人が直感的に感じた、自分理論で書いてますので、そのつもりで話半分で読んでくださいね。(^_^;)
ポジションは色々いじってみて自分にとってベストな位置を探ってみてはどうですか。今の位置に戻せるように印を入れておけば試してもいいかもです。
2015.10.18 13:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/532-939daba0