TREK MADONE 9をお見せしましょう。

皆さん、こんにちは。

台風一過の土曜日、朝はすっごく涼しかったですね。
こんな時は絶対に「走る」でしょう。www

これからの季節、こんな涼しい日なんて滅多にないですからね。





コースは児島半島時計回り~。
台風の余波があり涼しいのですが、残念ながら期待した追い風は無し・・・。
微妙な向かい風が続きます。
台風の後ということで所々で濡れた路面に落葉があって滑りそう~。

・・・

・・・・

・・・・・・特に変わった事も無く、サクッと終了。

帰り道の途中にこちら岡山RED BOX店に寄っておしゃべり~。
今度格安極秘アイテムが入荷したら教えて頂くことに・・・・(o^-^o) ウフッ
P7180012.jpg

という事で60km程度の貧弱ライドは終了~。



今回は、これが目的ではありません

この後、自宅近くのWAVE BIKES岡山店へ行ってきました。
P7180021.jpg

目的はコレ↓

P7180017.jpg
Madone Race Shop Limited

これ、日本に4台しかないんだって。
その内1台がWAVE BIKES岡山店に7月20日まで展示してます。
WAVE BIKES岡山店はTREKのコンセプトショップなので優先的に展示してるのでしょう~。

あのね・・・。
私、TREKははっきり言って好きではないのです。((^┰^))ゞ
TREK乗りの方には申し訳ないですが、どのバイクを見てもグレードが判断できない・・・。
100万を超える物も20万のエントリーバイクも、パッと見て何か解らないのです。全て同じデザインに見える・・・。
「そんな事は無い!」と仰る方も居られるでしょうが、私には微妙な差が解らない・・。
それと、もの凄く太っといダウンチューブがどうしても好きになれないのですが、先日発表された、このMadene 9を見た時にビビッときたのです。
はじめてTREKのバイクでカッコイイと思いました。

それが、目の前にありま~す。(≧∇≦)b
前置きはその程度にしておいて、詳しく見ていきましょう。

まず、見ての通り如何にも空力に優れたデザインのエアロ形状。
これまたディテールがいちいち凄い。お店の人も台風前の風の強い時に試走したけど、まったくブレない安定感だったと言われてました。
ライダーが受ける路面からのダメージを吸収してくれるIsoSpeedはシートチューブ上部の白い三角部分。
仕組みはよく解らないけど「凄いんでしょう?」
P7180013.jpg
シートチューブ・シートステーも細長い断面で抵抗が無さそうですね。奥に見えるダウンチューブは私が嫌いな太っといものではなく翼断面形状。  (まぁ、これはCento1 Airも変わりません。)<( ̄^ ̄)>

前後のブレーキも空力を考慮し凹凸を極力なくした特徴ある形状です。
一般的ブレーキに見られるブレーキケーブルが繋がるアームやクイックレリースが有りません。(見えません)
写真では見にくいですがブレーキケーブルはシートチューブ上端の黒い部分から出て、ブレーキ中央に繋がってます。
シートチューブから出たケーブルはアウターケーブルもなくインナーケーブルだけが露出してます。
ブーキ自体はTREKオリジナルらしいです。
どうやって取り付けているのかと思って裏を見ると、こんな感じ。
P7180020.jpg
う~ん・・・。思ったよりゴツくて結構、空気抵抗ありそうです(^_^;)

フロントブレーキも同様の形状ですが、ハンドルを切った時に「パカッ」と開くフラップはこんな感じ
(ベクターウイングというらしい)
P7180015.jpg
これもハンドルを正面に向けた状態での空力を考えたものでフレームに無駄な段差をつけずブレーキキャリバーやケーブル類をヘッドチューブの前に集合させ、それをまとめてカバーしたような物。
ハンドルを切ると、ブレーキキャリバーがカバーに当たってしまうので、一部を開閉式にしてキャリバーを逃がす仕組みです。
なんだか苦肉の策って感じですけどネ。(^_^;)

P7180018.jpg
この角度から見ると、空気抵抗を受ける部分を極限に細くしているのがよく解ります。

基本的にフレームの外側にケーブル類は存在しません。
唯一ケーブルが露出しているのはチェーンステーのエンドから出たRD用のケーブルだけです。
ハンドルはステム一体型のカーボンです。
当然、ここもケーブル類は全てハンドル内を通って、さっきのヘッドチューブ周辺に集合します。

P7180014.jpg
裏側もツルッツル。www

ダウンチューブに蓋?の様な物がありDi2のバッテリーやジャンクション類はこの中に納まっているらしいです。
水が入らないかなぁ?
P7180019.jpg



残念ながら試乗はできませんでしたが、この他にも隅々まで観察させて頂きました。(*'-')b
この状態で6kg少々。価格は1,650,000円也~(;´▽`A``
600OCLVカーボンなら600,000円台からご用意できますよー。・・・・って店員さんに勧められました(^_^;)

は~い!  買えませ~ん。(⌒0⌒ゞ

皆さん、一家に一台いかがですか~。


「欲しい!」と思われたらポチッとお願いします。 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comments 2

IKKO  

Oh〜岡山で実車を拝見できるんですねー。見に行ってみようかしら?

TREK、カラーリングの要素も大きいですが(オーダーすれば解決☆)、
良いバイクなのかみんな乗ってるからカブるので、ちょっと避けてるバイクです(笑)
あ、フレームの形を見てメーカーを判断するまでの知識はまだありませんσ^_^;

2015/07/18 (Sat) 23:58 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re: IKKOさん

こんばんは。
見られるチャンスは後2日です。
これを逃したら一生見られないかも・・・(そんな大袈裟な・・www)

2015/07/19 (Sun) 21:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply