Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

3mmの違いがシビア

皆さん、こんばんは。

先日の片鉄ロマン街道でクソヘタレを露呈してしまったので、本日は回復走です。

それにしても、余りのヘタレ加減だったので落ち込むことしきり・・。
そして、ふと気づいた事がありました。
今日はそれを確かめながらの回復走です。

片鉄を走る前日に、肩の痛みが出るのを少しでも和らげようとサドル高を3mm落としました。(落とした後の画像)
P5020084.jpg
ポジションに黒いテープを貼って目印にしてます。

肩の痛みは体重がハンドルに掛かり過ぎているからだと判断してます。
なのでサドルを下げる事で荷重を少しサドル寄りにして痛みが出るのを遅らせようという魂胆。

これまではサドル高は700mm(クランクセンター~サドルトップまで)でした。
特に何かの係数を掛けて割り出した高さではありません。
2cmくらいの可動域で何度も走っては上げたり下げたりしながら、自然と一番漕ぎやすいのがこの高さでした。
それを3mm程ダウン。

そして片鉄へ~。

結果から述べよう。d( ̄  ̄)

まったく効果なし!

肩の痛みはバリバリに出た!。
しかも、いつもより早く・・・・・(T△T)

そして、サドルが下がった事で尻に体重がのっかかり尻の痺れも早々と出た。・・・・・・・バカ。
もっとある。
サドルが下がった分、ペダリングがギクシャクする。
説明するのは難しいんだけど、ペダルが重く感じるのです。

本日の回復走では、同じサドルポジションでゆっくり確認しながら走ってみたので、「あっこういう事ね」と、その違いがよく解りました。

たかが3mm。されど3mmです。

私は雑誌でよく見るポジション数値なんて気にしてませんでした。
だって、十人十色。
背の高さ、体重、筋肉量、身体の柔軟性や足と胴体の比率など、みんなバラバラなのに一定の係数が当てはまる訳がないですから。
今も定められた係数云々なんて信用してませんが、自分が実走から導き出した感覚的なポジションって大事なんだなぁ~って思いましたね。

すぐに3mm上げたかったけど回復走中はサイズの合うアーレンキーを持っておらず、そのままのポジションで続行。
「おっ、待てよ?」
なんだかいつもよりスピードが上がる傾向が・・。
何故だ?・・・・なぜ?

走りながら考える。

ド素人なりに思うに、サドルが下がった分いつもより踏み込みに力が入っているのか?
サドルが高いと回すペダリング、低いと踏み込むペダリングって聞くけど、そういう事か?
先にペダルが重くなったと感じたのは踏んでるからなのか?
ケイデンスはいつもと変わらないけどギヤが違う。
だからスピードが上がる。

回復走なのに・・・・回復走なのに・・・・。




もしかして、こっちの方が合ってるのかな?
うーん。深い~。

もうちょっと、このままで試してみよう。



「オチのない終わり方やなぁー」と思われた方もポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comment

kenji says... "岡山ショップなかやま"
はじめまして、まずは自己紹介から、私は55歳です。ロードバイクを購入したのは4ケ月前です。
運動経験なしです。住まいは広島県の東部地方です、毎週しまなみ海道を渡っております。あなたのホームページを見ていて、はがゆい点があります。ショップなかやまに「山本さん」がいらっしゃいますので、BGFITを受けてください(有料ですが)、私は受けに行きました(広島からです)、
ちなみに、尾道U2から今治糸山まで3時間30分をきるようになりました、30キロ巡航、少々の坂道では抜かすことはあっても抜かされることはまずないようになりました(大島の坂です)。私はショップなかやまさんとは全く関係はありません、バイクの購入もしておりません。私のバイクは、あなたのバイクの価格の2分の1です。ホイールもノーマルですし。
なかやまさんに相談して、フィッティングをしてもらって、綺麗に楽に速く走りましょう、20代と思しき人を登り坂で抜かすのは気持ちいいですよ。
2015.05.04 15:15 | URL | #afgVpk/. [edit]
ヒロ says... "Re: kenjiさん"
こんばんは。

コメントありがとうございます。
タイトルが「なかやま」とあったのでショップからのコメントかとビックリしました。(^_^;)
BGフィットですね。
噂では聞いたことがありますが実際受けられた方の話を聞いたことが無かったので考えたことがありません。
4ケ月で巡航30km/hとは素晴らしい。
そんなに効果があるならちょっと魅かれますねぇ。
ただ出費は無理なのでひとまずはセルフフィットしかないのです。・・・・(涙)

2015.05.07 21:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/509-c906c0ff