Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

楽になるには犬になれ(個人的見解)

皆さん、こんばんは。


ここ最近はブログ更新頻度が上がっちゃってます。
お盆で自転車に乗る機会が増えたのでネタがある。ってのが一番の理由ですね。

そのネタも今回で底をついたので次回からは週一の更新に戻る事でしょう。(^_^;)


私には気胸・肺気腫・心房細動と、これでもかというくらい心肺機能に大きなリスクがあることは多くの方がご存じだと思います。(・・・しらねーよ!)
ですから、極力心肺に負担を掛けないように自転車に乗ってるわけですが、そんなことをいちいち気にしてたんじゃぁ楽しくないし、なんで自転車に乗ってるのか解らん。
ロードバイクに乗っているからには早く走りたいし、坂も上りたい。(・・できれば上りたくないけど・・)
しかし如何せん、人より劣る心肺能力は埋められない事実だし、そのリスクを物ともしない強靭な脚力もありません。

実際、人と走るとその差は歴然です。(ノ_-。)
他の人に合わせると、すぐに息が上がるし続きません。千切れる~。
だから基本的に一人ばかり。(一緒に走りたい思いはあるけど、付いていけない事を考えるとやっぱり一人・・)

私も低速域では、そんなに苦しくならないのです。
具体的には心拍数145くらいまで。スピードにすると27km/hくらい。
所謂LT値付近ですね。(心拍145でスピード27km/hって事自体が人より低いレベルって事は知ってます)
でも、これ以上になってくると息が上がってきます。
呼吸によって血液中に酸素を取り込む事で心拍数を下げることができますので、これが効率よくできれば楽に走り続けられるはずです。
なんとか早く走りたいと思って色々試してたら「おっ!これイケるんとちゃう?」って事を発見!!w(゚o゚)w

皆さんは、漕いでいる時の呼吸ってどんな感じですか?
私は1分間に30回くらい呼吸しています。これが遅いか、早いかは解りませんが負荷が大きくなって心拍数が上がってきても、このペースはあまり変わりません。
普通、苦しくなってくると「ハッ、ハッ、ハッ」と呼吸も速くなってくるものでしょうが、私の場合は肺の関係かハッ、ハッという浅い呼吸では酸素を十分に取り込めない感じで息苦しくなってしまいます。
ですから心拍が上がってきても呼吸は「ハァー、ハァー」って感じで深呼吸のように行います。
しかし、さらに心拍が上がって苦しくなると、この呼吸でも酸素を十分取り込めなくなります。
こうなると、後は撃沈を待つだけです・・・。(TmT)ウゥゥ・・
皆さんも、いくら吸ってもアカン。って事ないですか?

そして、発見したのが「犬の呼吸方法」・・・・?
犬は「ハッ、ハッ」と短い呼吸をしますね。この短い呼吸法ではありませんよ。
重要なのは犬が舌を出して呼吸するという事。

そう、犬のように舌を出して「ハァー、ハァー」といつものように呼吸するのです。
LSDレベルでは鼻で呼吸してますが、しんどくなってくると鼻だけでは無理です。
口を開けて呼吸すると思いますが、さらにしんどくなってきたら、口を開け舌を突き出して呼吸するのです。
舌はベロンと出すのではなく、ギュッと舌先に力を入れて突き出す感じです。
実際、「あー、ダメ。もう酸素入って来ない」って時もワンワンブレス?でグッと肺の奥まで酸素を取り込めます。
私はこの呼吸法で吸い込んだ後に一瞬、息を止めて吐き出すようにしてます。
そうすることで肺の奥まで酸素が行き届くような感じです。(個人によって感じ方は異なります(^_^;)

P8170191.jpg
自分で描きました。(ウソです(^_^;)

さぁ、このワンワンブレスで苦しい時でも多くの酸素を摂取して人並みに走ろう。
・・・なんて事は無理だけど、今より少しでも改善できればOKです。
ただ、この呼吸法の難点は人に見られるとドン引きされること・・・・Σ(゚д゚;)
お試しの際には人通りの少ない場所でどうぞ。(*'-')b




虚弱体質なローディーの悪あがきにポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comment

ガルマ says... "呼吸って大事ですね"
僕もすこし肺に問題を抱えているので
最近はとくに意識しています。

知り合いの競輪選手に呼吸の大切さを
教えていただき、
顎上げすぎても引きすぎても
左右に傾けてものどにある呼吸をする道を
ふさいでしまうと教えていいただいてからは
首の角度に気をつけてます。

しっかり空気を吐き出さないと吸い込めないってことも
大切ですね
2014.08.19 20:19 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re: Re: ガルマさん"
> こんばんは。
> ガルマさんも肺に問題あるんですね。
> 自転車乗りにとっては肺は最も重要な臓器ですから辛いところです。
> 気道確保は重要です。少しの角度で酸素の取り込み度合が変わってくるので奥が深いです。
> ワンワンブレス、是非お試しあれww。
2014.08.19 21:04 | URL | #- [edit]
きっち says... "気道確保"
私は喘息持ちのため、気道が狭いです。
なので、肺に余裕はあるのに、空気が入ってこなくて苦しい…
という状態になってしまいます。特に坂を上ってる時とか。
細いストローを咥えて呼吸してるようなもんですね。

荒い呼吸をするとすぐに苦しくなるので、
いつでも細く長い呼吸を心がけてます。

ところで、ご存知かもしれませんが、犬が舌を出しているのは、
体温を下げるためです。犬は足の裏にしか汗腺がないので、
舌を出して、唾液を蒸発させることで、体温の上昇を防いでいます。

もちろん、人間の場合も、気道確保のために舌を引っ張ったりするので、
舌を出すと呼吸が楽になるのは事実ですけど。
2014.08.23 16:56 | URL | #wLpetrSQ [edit]
ヒロ says... "Re: きっちさん"
こんばんは。
きっちさんも気管が悪いんですね。
私も子供の頃は喘息でしたが今はほぼ出ません。
浅く短い呼吸は酸素を取り込めてないので、長く深い息をするのが良いですね。
舌を出すのも気道を大きく広げて酸素を取り込みやすくする方法ですが吐き出す時は口をすぼめてスーっと長めに出す方が楽ですね。
2014.08.23 20:20 | URL | #- [edit]
じょにー says... ""
お疲れ様です(^_^;)
呼吸は吸うより、はく方を意識した方が良いですよ!
2014.08.26 04:08 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re: じょにーさん"
吐くのは意識してます。
グーッて吸って、フーって吐いて、もう一度フッフーって吐いてますね。
十分二酸化炭素を出すことが大切ですね。
2014.08.29 22:02 | URL | #- [edit]
じょにー says... ""
お疲れ様です(^_^;)
吸うのは意識しなくても、はく方を意識すれば必然的に酸素を吸い込みます。
激しい動きの時こそ はく方が大事だそうです(^_^;)
ある激しい競技をしてる時に指導者に言われました。
お陰で自転車に上手く活かせています。

自分は膠原病(リウマチ、皮膚筋炎)ですが、それでも それなりに自転車を楽しんでいます!

お互い身体を大事に楽しみましょう(^-^)/
2014.08.29 23:24 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re: じょにーさん"
こんにちは。
人間酸素を取り込むことばかりに気を取られて吐く事は意識してないですね。
肺の中に新しい酸素のスペースを作ってやらないと入るものも入らないですからね。
歳をとると色々不具合がでますが、その中で楽しく乗りましょう。
2014.08.31 07:38 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/464-23009d58