Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

洗車のコツと新たな発見

皆さん、こんばんは。

先日は雨に降られてバイク様がお濡れになられたので、お綺麗にお洗いさせて頂きました。m(_ _)m
(・・・この表現は意味ありません。疲れるので普通に・・)




皆さんは洗車時に困ってる事ないですが?

私はいつも、タイヤを外した後のチェーンの扱いに困ってます。
オイリーなチェーンがステーを汚したりキズを着けたりするし、そもそもチェーンが邪魔で洗いにくいのです。
PINARELLOの時はミッシングリンクを使っていたので時々チェーンを取り外して洗車してましたが、Wilierになってからはミッシングリンクを使ってませんので基本的にチェーンはそのまま。

なので、こんな風に割り箸を噛ませてチェーンをステーから離してました。
blog_import_4eb47843a36ee.jpg

これは、これで便利だったんですけど一つ問題はクランクが回せないこと。
回すと「ガリガリ」と割り箸を削るようでチェーンにもよろしくないのです。



そこで、今はこんな感じでやってます。

まず、用意する物は洗車用グッズ一式と こちら↓P7200112.jpg
①部屋のどこかに転がっているクイックレリーズ(リア用。できれば固定ローラー用なんかがベストです)
②またまた、部屋のどこかに転がっているプーリー(転がってねーよ!)
③今度こそ、ご家庭に一つはある「厚紙」(5cm四方くらい。特に厚紙である必要はありませんが使い方で判断してください)

それでは作業開始です。v(*'-^*)-☆
Ⅰ:「厚紙を丸めてプーリーの穴に差し込みます」
P7200113.jpg

Ⅱ:「そこにクイックレリーズを突っ込みます!」
P7200115.jpg

Ⅲ:「はい、出来上がり」
P7200116.jpg
いつものようにバイクスタンドに取り付ければ終了です。
これでクランクを回してもチェーンステーにチェーンがゴリゴリ当たる事もありません。
さらにプーリーがデカければチェーンの曲がりも楽になりますネ。
※厚紙はプーリー穴とクイックレリーズシャフトの径を合わせるだけのものですから役目が同じなら「厚紙」である必要はありません。
同様な形の物は市販されているみたいですが、お金を掛けずにできればそれに越したことはないですから。
また、注意点はクイックレリーズが外れやすい事。ホイールが無い状態では締め付けても完全固定はできませんからね。

洗車してて気づいたことがあります。
それはFDのケーブルがダウンチューブ内を通ってBB付近からニョキッと出てきてるんだけど、その出てきたケーブルを黒いチューブみたいなのがカバーしている事。
※矢印の部分からケーブルが出てるけど、見ての通り黒いチューブでカバーされてるのよ。
P7200117.jpg
しかも、このアウターっぽいものはケーブルを通した後から被せたものではなく、フレームにくっ付いているっぽい。
つまりフレームの製造段階からこの細い黒チューブ(約8cm)が付けられてて、そこにインナーケーブルを通すような形。
ただでさえフレーム内を通すケーブルの取り回しは難しいと聞きますが、ほとんど手さぐりで、この細いチューブにFD用インナーケーブルを通すのは神業ですね。
流石プロ。私には無理です。(^_^;)
他のバイクもこんな感じなのかなぁ?

あと、こんなのも見つけました。
P7200119.jpg
シートチューブの下の方にゴム製の蓋のようなもの。
これを捲ると6mmくらいの穴が開いてます。????何??
Di2用の何か?
以前のPINARELLOはFP1でコンポはティアグラ。Chento1と比較しても色々と違う所があるので戸惑う事も多いです。
それにしても今頃気づくとは・・・・・。

これで、バイク様はお綺麗になられました。



「参考になったぞ」と思われたらポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

Comment

taka says... ""
お~これはなかなかヨサゲな工作(^^)今度やってみます(プーリーの余りがないけど…)

FDのインナーに被せてある黒いやつはシマノのケーブライナーに似ていますが色が違うんですよね(ケーブライナーはグレー)インナーがテフロン加工の特殊ワイヤーなので摩耗やゴミから守るためのものだと思います。FDの箱にはこの黒いやつはなかったので、Cento 1に始めから付属していたものなんでしょうかね。
お、それからワイヤー内蔵フレームはどんなものでも一度BB直下のワイヤーリードを通りますから、インナーの入口(ダウンチューブ)からFDまで手探りで通すというわけではないですね。

シフトアウター各所の先っぽにノーズ付きのキャップが付いているはずです(コレは自分も組み立て時に驚きました)
2014.07.24 22:14 | URL | #KiKMnbps [edit]
ヒロ says... "Re: takaさん"
こんばんは。

takaさんのブログで6800の組み込みをされていたので、密かにtakaさんなら、このヒゲのような物の正体が解るかなぁ?と期待していたんですよ。(^_^;)
なるほどシマノさんには付属されてないものなんですね。
ってことはwilier様がご用意されたって事でしょうか?あるいはショップで何か細工でも?
でもフレームから生えてるようなので(継ぎ目が無い)wilier様かな?
なぞは深まりますね。
シフトアウターの先っぽは今度見てみますね。www
※takaさんのブログにコメント入れるのですが「画像認証」で何度やってもエラーななっちゃうんすよね・・。稀に書き込み完了になるのですが・・FC2との相性が悪いんでしょうか?

2014.07.25 20:49 | URL | #- [edit]
ネイビーAIRオーナー says... ""
Cento1Airでネット検索していたらこちらに辿り着きました。

黒いカバーはお察しの通りDi2配線用の穴をふさぐ為のものです、電動化した場合電動ケーブルがダウンチューブ上部にある穴(いまシフトワイヤーを通している穴です)からフレーム内部、BB付近を経由してFDに接続されます。

ちなみに、チェントウノエアーは電動化するためには何点か部品交換が必要で、これまた不親切なことに、服部産業様は特に指示がない場合、付属品の電動化用キットを送ってこないようです。私が購入したショップでもフレーム到着後に上記事実が発覚して納期が遅れました(笑)

正規代理店購入品であれば当然後からでも取り寄せ可能だとおもいますのでご確認下さい。長文失礼いたしました。
2014.08.15 17:12 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re: ネイビーAIRオーナーさん"
こんにちは。
コメント有難うございます。
AIRのオーナーさんなんですね?同じバイクの方からのコメントは初めてなので嬉しいです。www
ネイビーカラーも迷ったんですよねぇー。未だに「ネイビーも良かったなぁ」と思ってます。
情報ありがとうございます。電動化はまだ考えてませんが、その際は注意します。
また、なにか情報があれば教えて下さいね。
2014.08.15 17:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/457-c4673bec