Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

フロントフォークの疑問

皆さん、こんばんは。


残念ながら今週は走れません。
体調不良というか疲れすぎというか・・・。

この歳になると色々と体にガタがでてくるんですねぇ。
身体を大切にしないとね。

本日はずっと気になってた事です。



皆さんのバイクはどのタイプですか?
なにがって?


気になってるのは「フロントフォークの形状」

バイクのフレームはヘッド・トップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブ・シートステー・チェーンステーと呼ばれる筒状の棒?で構成されてます。
その素材にはクロモリ・アルミ・カーボン・チタンetcといった材料が使われ、それぞれの特性を生かした乗り味や形状で構成されます。
そこに、ハンドルとフロントフォークがセットされます。
「フレームがどうの」って話題にはでるけど「フォークがどうの」って事はあまり聞きません。

このフロントフォークはヘッドから真っ直ぐ伸びている「ストレートタイプ」とフォークエンドが前方曲がっているベントタイプがありますね。
疑問はストレートタイプとベントタイプでどう違うのか?また、ヘッドからの角度(立ってるか寝てるか)でどう違うのか?
しかもフォークエンドが車輪の中心に繋がっているのですが、この部分の形状も違いますね。

具体的には下の3種類。
①フォークエンドが後ろからハブに繋がるタイプ(ベントフォークに多い)
iKSKF3YTWAgMcXc1402126050_1402126076.jpg

②フォークエンドがハブに直線的に繋がるタイプ(ストレートフォークに多い)
ErcV5J5tZYvSm2W1402126602_1402126629.jpg

③フォークエンドがハブをオーバーテイクして前側から繋がるタイプ(ストレート・逆ベントなどに見られる)
W4ck_hTBp_tndXA1402125843_1402125880.jpg

私のCento1 Airは②のストレートタイプです。
P6070094.jpg


素人の私が感覚で思うのは、
①は転がりが良さそう。
荷重がハブより後方に掛かることで前輪を押し出して転がるイメージが強いです。

②はハンドリングが良さそう。(自分のバイクではあまり感じないけど・・)
ストレートでダイレクトにハブに荷重が乗るためハンドルからハブまでが一直線になって、ハンドルの切れ角度にイコールでタイヤが切れ込んでいくイメージ。
コーナーではハンドルとタイヤのタイムラグが無いので思った所をトレースできそうですね。

③は正直解らない・・・。(^_^;)
何の利点があるのか??ハブの上から被るように(押さえつけるように?)タイヤと繋がってます。
押さえつけるとハブの転がりを妨げるような気がするけど・・・・。
まさか、タイヤが外れるのを防ぐため?
いやいや、そこまでするほど外れる危険性はないっしょ。
う~ん・・・理解不可能。
強いて言うなら直進安定性が良さそう。フォークより後方にハブの中心があるためタイヤを引っ張るような感覚。
ハンドルを真っ直ぐに固定していれば必然的にタイヤも真っ直ぐに引っぱられるのでは?

ヒルクライムのように少しでも前に転がってほしい場合は①。
TTのようにスピード勝負の場合は③
比較的コーナーが多いコースでは②かな???(間違ってたらゴメンなさい)

でも、あくまでも見た感じのイメージでは③はヒルクライムにも良さそうに感じるし・・。
リアの駆動力を確実に無抵抗で推進力に変えてほしいスプリントには②が適してるように思えるし・・。

要するに、こんな感じで気になってます。



この疑問が解決したからって、私が速く走れるなるわけではないけど「この形はこうなんだ!」って事を知ってるだけでメンタル的な後押しになりそうで・・・。



要するに、自分の実力を棚に上げて機材力で少しでも楽に速くならないかなぁ~って他力本願を望んでいる管理人ですわ。(^_^;)


さて、本当のところ、このフロントフォークのそれぞれの違いは何が利点なんでしょう?
私がグッスリ眠れるように、自転車業界(特に開発者さん)の方で知ってたら教えてください。



そんな事より「漕げばええんや!」と根性論を説く方もポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comment

河童の川流れ says... ""
私はその手の関係者ではないですが、おそらく「トレイル値」の問題もあるんじゃないでしょうか。
フレームサイズが小さいほど、このトレイル値は確保できない(女性サイズによくあるパターン)のが一般的です。画像を拝見すると「キャノンデール SYNAPSE」のフォークのように見えますが SYNAPSE には②と③のフォークの形状の画像が見受けられます。SYNAPSEシリーズには③のフォークで統一されているのであれば独自の理由があるとは思いますが、無いとすれば残るは「トレイル値」しかないのではと感じます。この③の形状になってしまうのはフレームサイズが小さくキャスターアングルが高くなりがちでトレイル値を確保できない=直進安定性を確保出来ないが為の、苦渋の決断ではないでしょうか。ただこうなってくると直進安定性は確保できたけれど次はホイールベースが短くなる・・・等々問題が多くなってくると思いますよ。
今やロードバイクはカーボンが主流でフレームとフォークは一体が基本。あのフォークが気になる・変えたいと思ってもヘッド規格やらヘッド角やオフセット...問題も多くてフォークを変えたきゃフレームごと変えなきゃならん始末。私のはその点、カーボンではないので純正フォークから他社のフォークへどうにか変えられたのですが、ジオメトリーを崩してしまったので乗り味はマイナスになってしまいました。ホント難しいですよ。
2014.06.08 07:56 | URL | #3/2tU3w2 [edit]
ヒロ says... "Re:"
<河童の川流れさん
こんにちは。
トレイル値ですか。初めて知りました。(^_^;)
自転車はジオメトリーによってまったく変わってくるんですねぇ。
単なるダウンサイジングかと思ってた自転車のサイズですが、奥が深い~。
勉強になりました<(_ _)>

2014.06.08 13:40 | URL | #- [edit]
河村 says... ""
フロントフォークの形状は、(1)剛性をどの程度出したいか(2)キャスター角をどの程度にしたいか・・・の2点で決まります。

(1)の剛性ですが、ストレート形状が一番で、その他の形状はピナレロのクネクネ形状も含めて、剛性ダウンになります。意図的に剛性のでない形状にしている(ストレート以外)なのは、振動吸収性のためです。もちろん軽量化にも反します。

(2)は前輪の車軸がフレームのどのくらい前にあるか・・・(他にも色々な表現がありますが)ですが、これは角度がつけばつくほど直進安定性が良くなり、反面ハンドリングはダルになります。

キャスター角をつけるには、ベントフォークが有効なように見えますが、ストレートフォークでも問題なく可能です。

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&docid=DZt5W6Y7L_j8AM&tbnid=GSCYl03Q5b8o2M:&ved=0CAUQjRw&url=http%3A%2F%2Fwww.ne.jp%2Fasahi%2Fv%2Faureole%2Fplan01.html&ei=fEK6U_3cBInn8AXR64HADA&bvm=bv.70138588,d.dGc&psig=AFQjCNHb1DL7Molwt3WgF1kFofSB19uodA&ust=1404802040737591


オートバイやMTBでは、衝撃吸収はダンパーが致しますので、ストレートフォーク以外は全く存在意義がありません。
2014.07.07 15:52 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re:"
<河村さん
フロントフォークの剛性って形状でも変わるんですね。
私は素材そのものが要因で形状は関係ないと思ってました。
キャスター角をつけすぎるとコーナリングが悪くなる上にヘッドに車重が掛かりヤバそうですね。
メーカー各社がそのバイクにどんな味付けをしたいかで色々かわるんでしょうから、その形状を見れば乗らずともある程度バイクの性格とか解りそうですね。
ありがとうございます。
2014.07.07 22:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/451-a6e559d6