Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

こいつは理解不可能だわ。

皆さん、こんばんは。


今日はまたまた、Wilier Cento1 Airのお話。

このCento1 Air。
エアロフレームのためか、それともWilier独特の設計なのか解らないですが、他の一般的なバイクとはちょっと違った構造が多いのです。

とは言っても私は他のバイクとしてはPINARELLO FP1しか知らないので、もしかしたら他のバイクでは普通の事かも知れませんが兎に角、難解な点が多い・・・。

今回は「サドル」についてです。

自転車乗りはみんな同じだと思いますが、新しいバイクだと「ポジション」ってのがイマイチ定まらないですよね。
色々な係数をあちこちに掛けてサドルやハンドルの大まかなセッティングを行いますが、人間は十人十色。
最終的には個人の微妙な感覚で決まります。

私もCento1のサドル高がもう少し(後5mmくらい)高い方がしっくりくるかなぁ~って事でサドル高を調整しようとした時のことです。

P4130016.jpgP4130015.jpg
Cento1 Airのシートポストはエアロ形状で弾丸型の断面をしています。
その独特な形状のために一般的なシートとは違って2つのクランプで固定されてます。
左が外側のクランプで、これを外すと右のように、もう一つの固定ビスが現れます。

そしてこれを緩めてシートポストを調整するものと思っていたのですが・・・・・。

まずはこれを緩めてシートポストを抜いてみました。
するとシートポスト中央辺りに何やら出っ張りが・・・???(黄色矢印)
これは右上の写真のビスを緩めた所のクランプです。
そう、クランプ自体がポストにくっ付いているのです。(何故に?)
因みにWilierのロゴの下辺りにある黒い輪っかが一つ目のシートクランプです。
P4130017.jpg

これでシートを固定するの( ̄ー ̄?).....??  どうやって??
不思議に思って色々触ってると、やっと固定方法が解りました。(多分だけど・・)



では解説です。
①まずは緩めて抜いた状態がこちら↓。
なにやら斜めに切れていて上下が分割されてます。
P4130018.jpg

②そして触ってみると、こんな風にズレます。↓
構造としては黄色矢印のビスを締めていくと、反対側の下のビスらしきもの(銀色部分)がどんどん上がってきます。
つまりビス同士の間隔が狭くなることで分割部分の下側が横方向(赤矢印)に移動します。
P4130019.jpg

③そして、このように始めの位置より幅広くなります。
そう。フレーム内でこのように広がることでシートポストをフレームに押し付けて固定するという仕組みです。
P4130020.jpg

いゃ~ビックリです。w( ̄△ ̄;)wおおっ!
こんな方法で固定するなんて・・・。
※どうです?こんな方法で固定するバイクって他にもあるんですかねぇ?
一般的なのは丸いシートクランプをギュッと締め付けてシートチューブに固定するものだと思いますが・・。


固定方法は理解できました。




だが、しかし!!゛(`ヘ´#)

この黒い出っ張りが動かない!!
この部分でフレームに固定されているのだから、これが上下に動かないとシートを上げられないし下げられない。
こねくり回して見ても、どうやってシートポストにくっ付いているのか解らん!
両面テープかと思って力任せに引っ張ってみたがビクともしない・・・。
クソマジに引っ張って「パキッ・・・」って事になったら大泣きだし。
ビスで固定?と思って更にビスを探してみたけど・・・無い・・。( ̄Д ̄;;



おーい!! 誰か動かす方法を教えてちょーだい!m(_ _)m




・・・って事でサドル高は変更できませんでした。
自転車屋さんに持っていくかなぁ~。
しかし、サドルを上げるだけで持っていくのって恥ずかしいーー。(;^ω^A

もしかして単純な方法で動くのかなぁ??







「えっ!? 知らないの?」って言う方。是非教えてください!
そしてポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

DANGAN says... ""
はじめまして。
チェント・ウノAir、いいバイクですね~。
私も密かに次期バイクの候補に挙げています。

さて、問題のシートポストの件ですが、おそらくシートポストに斜ウスが固着しているのだと思われます。
輸入代理店さんのブログに、関連した記事が載ってますので参考までに。

http://htrsp.exblog.jp/20890397/
2014.04.16 23:45 | URL | #jLeROdfE [edit]
住友輪業 says... ""
以前のっていたBMC SLX01も斜め臼によるシートポストの固定を採用していました。
一度、そのシートポストの斜め臼が壊れてしまって、30kmほどすんごい低いサドルポジションで走らされたことがあります。
脅しではありませんが、この手の専用シートポストは壊すとお高いので要注意ですね。
2014.04.17 16:19 | URL | #jNcmCzYA [edit]
ヒロ says... "Re:"
<DANGANさん
はじめまして。
紹介頂いたブログを見てみました。
なるほど固着してますね。(^_^;)これって力任せに引き離しても良いんでしょうかねぇ?
ペキッてならないかなぁ~。ゴムハンマーのようなものでコツコツやったほうがいいでしょうね。
色々勉強になります。有難うございました。

<住友輪業さん
こんばんは。
シートポストが円柱でない場合は斜めウスでの固定が多いみたいですね。(無知でした・・)
怖いなぁ~どれくらいお高いの?そんなこと言われたらサドル高を変えるだけで毎回ビビりますがな。
早くベストポジションを見つけ出さないと・・・。

2014.04.17 22:07 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/441-f7a373e3