Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

MAVICに魅かれる理由

皆さん、こんにちは。

雪の影響は如何だったでしょうか?
ここ岡山も20年ぶりの大雪で市内でも8cmの積雪と報道されました。
私は当日仕事の為、遅刻しないようにAM6時に車で出発しましたが、完全に雪のピーク時間。(;д;)
前日に悪い予感がして慌ててスタッドレスに履き替えておりセーフでした。

皆さんに事故等がなければ何よりです。


雪では走れない(走った人もいましたが・・・)ので自宅で自転車メンテ。
その最中にふと思った事です。


私がPINARELLO FP1を購入したのは2010年1月28日。
もう4年乗ってますね。そしてキシリウムSLを購入したのが2013年2月7日。
何故か真冬の1.2月に物欲が湧いてる感じですネ・・(^_^;)

まあ時期は関係ないですが、バイクのアフターパーツを色々と見ていると「MAVIC」の物が多い。

①MAVIC GALIBIER(ガリビエ)
P2090142.jpg
②MAVIC KSYRIUM SL+ MAVICタイヤ
P2090144.jpg
③MAVIC ツール缶?(自作)
P2090143.jpg

多いと言っても、まぁこの程度ですが・・(^_^;)
もともとアフターパーツが少ない中でMAVIC率は結構高いです。


では何故MAVICが多いのか?

まずはカテゴリーが多くてトータルコーディネイトが可能。ホイールを筆頭にシューズ・メット・ペダル・アパレルと様々。
シマノに次いで扱いカテゴリーとしては多いのではないでしょうか?

次にデザイン。カラーリングに派手さは無い物の落ち着いたイメージの中にスポーティー感がありますね。
マビックイエローのワンポイントもアクセントになってて、一目でそれと解るのもいい。

そしてホイールを筆頭に性能面でも信頼のできるブランドです。




だけど、私がMAVICを使うのは、その信頼性

私はPINARELLOの他にもう一台バイクを持ってます。
それはGT RICOCHET(MTB)

P2090145.jpg
サドルがMostなのは愛嬌~(;^◇^;)

今は裏庭で露天保管してて、サドルは破れ、サビやワイヤーの伸びで変速もバカになっているMTBです。
これは25年程前に譲り受けたもので前オーナーも2~3年くらい使ってましたから、かれこれ28年くらい前のものなんです。

でもね、こいつのタイヤは今でもクルクル回るんです。
28年前の古ぼけたMTBがクルクル回るんですよ!ボディやコンポは朽ちてきてますがタイヤだけは今も現役。
ひと漕ぎするだけでずーっと回ってくれます。
私がスポーツバイクに目覚めたのは、この延々と回り続けるかのようなタイヤにビックリしたからでもあります。

そして、このホイールがMAVICなんです。
P2090146.jpg

型式は解りません。デフォルトで付いていたものですからグレード的には高くないはずです。
自慢じゃないですがメンテナンスなんて一切してません。(^_^;)

それが28年経った今でもクルクル回るって凄くないですか?
前オーナーがこれを購入したお店は、私がPINARELLOを購入したお店なんです。
って言うか、これに感動したからこの店を選んだのです。
MAVICの信頼性なのか、ショップの技術力なのか?
何れにしてもMAVICの凄さを身を持って知りました。



この信頼性があるので、私はMAVICを使ってます。

今のところ、この信頼性を失うことなく満足してます。
はたして28年後もキシリウムSLは回り続けてくれるのでしょうか?(私は生きてないだろうけど・・)
ガリビエは確実にペダルをキャッチしてパワーを伝えてくれるのでしょうか?
ツール缶はツール類を優しく守ってくれるのでしょうか?(これはあり得ません(^_^;)


GTはこの後もノーメンテで露天保管します。
そして後何年その感動的な回転を見せてくれるのでしょうか。楽しみです。
※これらの感想は個人的感想です。



さて、次は何のMAVICを使おうか!?






「なんでヘルメットはマビックじゃねぇんだよ!」と重箱の隅を突かれる方もポチッとお願いします。
※ヘルメットは好きくないんだよね・・・(_ _。)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/422-1028c7a9