右足宣言

皆さん、こんにちは。


今回は前々から常々思っていた事。
何年も前に同じような事を記事にした記憶があるのですが履歴が解らなかったので再度、記事にしました。


それは「停車時にどちらの足を付くか」という事。

なんで今更?という言葉が聞こえてくるようですが、どうしても納得できないのです。「左」って事が・・。

多分、自転車乗りの90%以上の方が「左足」だと思いますが、私はずーっと右足を付いてます。
自転車のハウツー本にも「停車時には左足を付く」とまで書かれている基本動作です。

「長い物には思いっきり巻かれろ」の私ですから(^_^;)
左足を付かないと一人前として見なされないとの思いから、理由に納得できないながらも停車時には「左・・・」と言い聞かせて左を付くように頑張ってきました。
でも、気を抜くといつの間にか右を付いている・・・。


皆さんの中には、私と同じように「理由は納得出来ないが左を付くもの」と天の声に導かれるまま定説に従うべく半強制的に「左」と癖をつけた方も居られるでしょう。
でも、私は無理でした。(ノ_・。)



では、そもそも何故、左足を付くのか?

これが100%の理由というのを1点に絞ることはできないでしょうが、様々な理由が言われてます。
①道路の左側通行である自転車において、右側の足を地面につけると身体も右寄りになり自動車やオートバイに接触、あるいは足を踏まれる危険性がある為。

②オートバイの教習では左足を付くように指導されている為、その延長線的考え。

③左に足をつけば体の左半分側に体重が掛かり、危険が高い右側に立ちごけしにくい為。

④左には歩道の段差や縁石があり、そこに足を付けばサドルから腰を下ろさずに止まれる為。

などが代表的な理由でしょう。

ここで一つ一つ解釈していくと・・・。
まず停止時に最も要求されることは「危険を伴わず安全に安定して止まる事」だと思います。
これを考えると①は理にかなってます。右側は自動車やオートバイがすぐ横を通って行くので足を踏まれる危険性は確かにあります。
・・・だけど・・・実際、足を踏まれるか?
停車時に右足を自動車に踏まれたなんて事故を聞いたことがありません。右に大股開きで相当傾かないと接触なんてこともないでしょう。少なくとも私の周りや他の人のブログを読んでいる限りでは聞いたことが無いので①の理由は現実的ではありません。

次に②ですが、オートバイの教習では確かに左足を付ける事を指導されるみたいです。しかし、これはオートバイが右足でフットブレーキを掛けるからです。
信号待ちでフットブレーキを掛ける為に右足を使いますから足を付くのは必然的に左という事であって、フットブレーキが無い自転車ではこの意味はありません。(まぁ、この理由は少数でしょうけどネ)

続いて③です。
これが最もそれらしき理由だと思われますし多くの方がそう思っている事だと思います。
・・でも私は逆の意見です。
地面に足を付いている側と反対にペダルにクリートで固定されている側。
倒れるとしたら、どっちに倒れます??
私はクリートで固定されてる側に倒れます。(^_^;)(つまり、この場合は右側)
左足を付いている時に実際、右に倒れた事があります。

地面に足を付いて体重が乗って安定している側にはふつう倒れないでしょ。
何かの拍子で荷重が反対側に移った時に外れにくいクリートで固定されているから、こけちゃうんですよね。
だったら、左足付きで右に倒れたところに自動車が来たら・・・逝ってしまいますね・・・・゚・(ノД`;)・゚・

さらに④については、そもそも左足を付く理由ではありませんね。縁石がない場所もたくさんあります。結果として縁石などがあるだけですから後付の都合のいい理由です。(^_^;)

「いやいや、本当の理由は別にあるんだよ」と仰られる方も居られるかも知れませんが無知な私はこの程度しか解らず、結果として③の逆説理由から「右足を付いてます」



この画像をご覧ください。
ayano2012tdf20e-131_half.jpg
ロードレースの聖地、ヨーロッパで活躍する選手たちですね。
ほら、みんな左足を付いてますね~。

「な~んだ、本場の選手たちも左足を付いてるんだから、やっぱり左が正解じゃねーの?」
って一瞬思ったんですけどね・・。

ロードレースの発祥の地とされるベルギーを始めとしてイギリス以外はほとんどが自転車は右側通行なんですよね。
そう、日本とは逆なんです。
右側通行で考えると③の理由は左足が正解になりますよねー。
(危険が高い左側には倒れないのです)

その昔、ロードバイクが日本に入ってきた時に本場をお手本にするのは至極当然のこと。
その際にヨーロッパ選手の乗り方や仕草をそのまま真似た為に理由とは別に左足を付く事だけが広まったのでしょうか?


もしかしたら、左足の本当の意味は別にあるかもしれません。
でも、私は「右足を付きます」(宣言する事でもないけど・・)
だって、右にこけた事があるんだも~ん∑(´□`;)
だから「こいつ右足付いてら。素人だな」って上から目線は止めてね。(素人には間違いないけど・・(^_^;)





「俺は本当の理由を知ってるぜ」と言われる方は是非教えてください。そしてついでにポチッとお願いネ。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comments 5

ガルマ  

なるほど、、、

どうも失礼します
ブログを読み終わって「なるほど〜」っと
日本では右を外すほうが利にかなっている
ように思いました。

2013/12/04 (Wed) 16:56 | EDIT | REPLY |   

まーと  

正解は知らないですが、軸足ですかね?
右利きなら左足で立つ方が安定しますね。蹴り出すとゆーか踏み出す足が利き足になるよーにですかね?
まぁ法律で決まってる訳でもないし右が気持ち良いんならそれで良いんじゃないですかねー。
自分は左側通行の日本なら左の方が良いとは思う派ですw( ̄▽ ̄)
車運転してる時を想像すると自転車乗りが右に降りてくるのは少し焦りそうです。
海外のロードレースは車突っ込んでこないですからどっちでも良さそうですねー。何でみんな左なんだろ?って思うと軸足かな?と( ̄▽ ̄)
どちらに倒れるとゆーより左に倒れる練習とゆーか意識が必要かと。
実際レースでも遅い人は左通行でみんな右を抜いて行きますしー。

2013/12/04 (Wed) 19:21 | EDIT | REPLY |   

ザニアルテ  

人それぞれですかね

おはようございます。
余り意識はしていなかったですが、言われてみれば・・・
ちなみに私も①の理由と軸足の関係で左派です。
自転車以外でも例えば歩き始めも右足から出しているような気がします。
右足スタートの方が力が入るというか安定するというか。

2013/12/05 (Thu) 07:46 | EDIT | REPLY |   

yas  

こんにちはヒロさん。


右足着き、確かにしてませんね。(いつの間にか出来なくなっていた!)
ただ、以前、MTBで右側に倒れたことがあり、リアディレーラーが傷だらけに・・・ってことがありましたが。(フェリーや車に倒して搭載する場合にも左倒しにしますね。)

そういえば、ブレーキの前後も左右逆の場合もあるとか。左手で前ブレーキのコントロールは難しそうですね。

2013/12/05 (Thu) 09:10 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re:

<ガルマさん
こんばんは。
私もよくは解らないけど、右の方がシックリくるんです。でも左がシックリくる人もいるから、正直なところどっちでもOKとは思いますね。

<まーとさん
利き足、それも一つありますね。人間の多く(特に日本人)は利き足が右の人が多いらしいですから一発踏み込むのには右を上げている方がいいですよね。
ただ、どうも私は左っぽいです。(今度無意識の時に試してみます)

<ザニアルテさん
自分がイイ感じの方を着けばいいと思います。
必ず、こっちじゃないと罰金!なんてこともないでしょうからね。
それにしても、みなさん左着き派なんですねぇ~。
やっぱり私は少数派ですなぁ。

<yasさん
yasさんも左着き派ですか・・・。
そうなんです。右に倒れるとリヤディレイラやクランクを逝きますから、こっちには倒れたくないんです。
なので右足を着いて踏ん張ってるってのもあります(^_^;)

2013/12/05 (Thu) 19:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply