ウインドブレーカーの季節は向かい風の洗礼

皆さん、こんばんは。

ここ数日は朝がめっきり寒くなりましたね。
街ではマスクを着けている人も増えてきました。
昼間との気温差が10℃ってな日もありますから風邪をひいている方も多いのではないでしょうか?
ご自愛くださいませ。m(_ _)m


さて「超」がつく寒がりの私はもう既に自転車に乗るのが辛く感じてきてます。(〃´o`)=3
寒さはモチベーションを下げる最大要因ですわ。
「ヒロくん殺すにゃ刃物はいらぬ北風ぴゅーと吹けばいい」のヘタレです。(^_^;)





この日の日中の気温は22℃の予報。
これなら走っても気持ちのいい気温ですので早速スタートです。
(いつ寒さでモチベーションが絶たれるか解らないですから今の内に走れる時は走るぞい!)

最高気温は22℃の予報でも朝は放射冷却でやっぱし寒い・・。
太陽がしっかり顔を出した9:30頃に出発です。(ジジイですから・・)

本日のルートは岡山港から九播を回り、吉井川の右岸を北上して瀬戸内市経由でグルっと回って牛窓へ行きます。
特に意図したルートではありませんが今後寒くなったら海へは行かないだろうから今の内という訳です。
(今の内が多いなぁ)


皆さん同じでしょうが、この時期は服装に困ります。
朝方は寒いけど走ってると暑くなる。また温かくても風が吹くと一気に寒く感じるから厄介です。

本日の私はノースリーブアンダーに半袖ジャージ+アームウォーマー。下はレーパン+レッグウォーマー。
・・・出かけたんだけど、思った以上に寒かったので一端引き返してウインドブレーカーをプラスしました。

最近、購入したパールイズミのウインドブレーカー。(ワイドではありません)
(パールイズミ)PEARL IZUMI メンズ ウィンドブレーカー (2サイズワイド)(パールイズミ)PEARL IZUMI メンズ ウィンドブレーカー (2サイズワイド)
(2013/06/11)
PEARL IZUMI(パールイズミ)

商品詳細を見る


こいつは便利な一品です。
超~軽量で、クチュクチュっと折りたたむとこんなにコンパクトになります。
PA300150.jpg
袖口が絞られているので隙間風が入ってこないし、脇から背中の一部がメッシュになっているので通気性が良くムレにくい。バックポケットは穴が開いているだけで下のジャージのポケットの物が取り出せます。
生地は薄いが風は通しません(当然ですが・・)あまりにも薄くてペラペラなのでストーブの前に立つときは注意してください。
ただ、折り方にコツがいりますけどね。
パールイズミに限らず1枚は欲しいアイテムですね。
(業界の者ではないですよ(^_^;)

岡山港からの海沿いはとっても気持ちいい。しかも追い風でラクチンです。ずーっと走ってられるわ。
PA300145.jpg
逆光の柔い光が初冬を感じますねぇ~(ナイスショット(*^-゚)v)
今日は潮が良いのか釣り師がいっぱいです。

途中、道路工事で通行止めでしたが追い風基調で快適に進みます。
既にウインドブレーカーは脱いでましたが、寒くもなく暑くもなくの絶妙な気温。
いつまでこんな快適な気候で走れるんでしょうか?

あっという間に瀬戸内市に入ってきました。
ここからは交通量も増えてくるのですが、以前来た時より走りやすい。
何が違うのか?と考えてると路面のアスファルトをやり直したみたい。
荒れた路面と再整備された路面では、こんなに差があるのかと思うくらい快適です。
不要な振動やロードノイズがローディーに与えるストレスたるや相当なもので、路面の凸凹、端の方のアスファルトが削れた段差や砕けたアスファルト破片。これらを避けながら周りの自動車にも気を付ける事がどれだけ神経や体力を消耗するか。改めて思い知りました。
これから年度末に近づくにつれて道路工事が多くなり走りにくくなりますが我慢します。(^_^;)


そして牛窓に到着です。
なんていう所か忘れましたがパルテノン神殿っぽい場所で休憩です。
PA300147.jpg

ここから見える牛窓の海はとても穏やかでした。
PA300146.jpg

この後は牛窓港に立ち寄って「日本のエーゲ海」と称される海を眺めました。
多分、ここへ来るのは今年はこれで最後でしょう。
PA300149.jpg

ヨットと白亜の殿堂(ホテルリマーニ)がエーゲ海っぽさを演出してます。


さ~て、問題はここからです。

何故?・・・・ここからはずーっと向かい風なのよ。復路だからね。(TmT)ウゥゥ・・・
お腹も減ってきたのですが牛窓って食事できる場所が限られているんですよね。
コンビニも無いし。
まさか、この恰好でホテルのランチなんてのは自殺行為だし・・。(ってか入れてくれないよな)

仕方ないので持参した羊羹を食べて復路に進みます。
案の定、適度?な向かい風。しかも真正面から吹いてくる。

TTポジション並みに姿勢を低くして漕ぎます。
ハンドルを2cm下げた効果は絶大ですね。ブラケットポジションで、これまでより5°くらい前傾姿勢が強まった感じ(個人的な感覚ですwww)
なので下ハンだとさらに風の抵抗から逃れられます。
以前は「あんな低い姿勢で息が苦しいんじゃない?」って傍目から見てましたが、思ったほどではありませんでした。時折上体を上げてみると、その抵抗は急に強くなります。
空気抵抗は速度の2乗に比例すると言われてます。10km/hが20km/hになると抵抗は4倍ということですね。
これは無風状態での場合ですので向かい風となると風速や風向きによって、さらに複雑になってくるでしょう。
また、空気抵抗は身体と自転車の投影面積に比例するので体が大きい方は不利ですね。
という事は冬用のウェアは夏に比べて投影面積が大きいので不利。尚且つ空気抵抗は空気密度にも比例するらしい。冬は気温が低く空気密度が大きいので抵抗も大きいらしい・・・。
冬はイイとこなしってことです。(_ _。)

ググッてみると、面白いデーターも出てきましたよ。
斜め45度から吹いてくる風は正面から吹く場合の7割の抵抗。真横は1割の抵抗を受けるそうです。
そして追い風によって減少する動力は向かい風によって増加した動力の4割だそうです。(同じ風速として)
詳しくは「自転車探検!」で調べてね。


やっとの思いで牛窓を脱出し、食事の出来る場所(うどん屋)で休憩です。

そして昼食後に、さらに苦悩が・・・・。
まだまだ向かい風は続くのですが食事の後は血液が胃に集中するので脚や心肺には廻ってきません。(ノ_・。)
脚は休んだはずなのに回らない・・・・。
「マジかっ?」
なんだか脚に血液が廻ってないってのが実感として感じられるレベル。
シビれるというかヘロヘロ状態で廻している感覚。(実際、ヘロヘロですけどネ)
向かい風の悪魔にやられっぱなしです。
普段は昼食後の血液の使い道なんて意識した事ないですが、自転車に乗ってるとマジマジと感じてしまう。
人間の摂理を感じた瞬間です。


そして残り4kmくらいになって、ガーミンさんのバッテリーがOUT・・・・・゚・(ノД`;)・゚・

ありゃりゃ。なんだかなぁ~。
ガーミン無しって、すっごく不安!!!w(゚o゚)w
いつも指針にしているものが無くなると人間ってモチベーションもダダ下がりなんですねぇ~。


しれ~っと帰宅・・・・。
向かい風にはやられたけど、脚のトレーニングには良かったんじゃないですか?
やっぱりホラ、負荷を掛けないと上達しないっしょ!!。


これからの季節はヒルクライムもいいけど、向かい風で脚を鍛えるという手もありですね。

心地よい疲れをありがとうございましたwww。




「速度の2乗に比例といっても、その速度ではねぇ~(--)b」とご最もな意見を言われる方もポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村













スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply