気になっていた遙照山は・・・。

皆さん、こんばんは。

以前は大嫌いだった山登り。いや山上りですが、最近は上るだけなら結構いける事が解ってきました。
これまでは、息が上がって足付き・・・苦しんで何が面白いのか?と思っていましたが、タイムを考えなければ上る事は可能になってきました。

そこで、以前から気になっていた遙照山に行ってみました。



ここ遙照山は山陽自動車道、鴨方ICの北部に位置する山で、遙照山ホテルなる宿泊施設もあります。
特に観光地ではないですが温泉があるみたいです。

何故、気になっていたのかというと、他のブロガーさん達は結構、ここを利用しているという事実があるのです。
まぁ福山や笠岡から岡山方面に進んむ場合は(逆の場合も)この山を越えて矢掛や美星を経由するのに便利なルートであることは間違いないですね。
ここを通らず、岡山に向かうとなると交通量の多いR2号を通る事になるので迂回路となる場所ですね。


今回は鴨方IC側から北上するルートを走ってみました。

鴨方ICからは、なんでもない坂道ですが、時折9%とかの斜度が待ってます。(ノ_-。)
その先から遙照山に上る道に別れます。

この分かれ道からは地味に上り続ける坂になります。
ヒルクライムって基本的に上りなんですが、時折下りもあったりで苦しい時にオアシスが存在する場合が多いのですが、ここはずーーーっと上り続ける道です・・・(TmT)ウゥゥ・・

斜度は5%~8%くらいが続きます。
5%ならタンタンと上れるのですが7%超えると一気にスピードが一桁になります。


いつも思うのですが、一桁でヒ~コラ上るのって、ヒルクライムって言えるのでしょうか?
私の中では「ヒルクライム」=「ある程度のタイムを目指すもの」って位置づけがあるのですが、タイムどうの以前の問題で兎に角自転車で脚付きなしで上る・・・・ってのが、ヒルクライムと言っていいのか・・・?

クライマーと称される方はこんな斜度でも、グングン上って行くんだろうなぁ~。
10%超える坂でもヒ~コラなんてせずにダンシングでグイグイ行くんだろうなぁ~。
クライマーが苦痛と感じる斜度は下でも12%くらいだよね。
それがクライマーだよなぁ~。この斜度でスピードが一桁なんて論外だよなぁ~。
って思ってしまう。
これでも自分の中では必死であることは間違いないので、私はクライマーで無い事は確かです。(^_^;)

でも、以前に比べて上れるようになったのは事実です。
まだニコニコするような楽しさはないですがね。(^_^;)

PA170166.jpg
時折、良さげなヘアピンがあります。
当然、一番アウトラインをトレースします・・・(^_^;)

上り続ける坂は斜度が緩むと下り?いや、平地?と思うくらい脚が軽くなります。
ガーミンで確認すると4%とか・・・。
人間って麻痺するんですね。

さらに上って遙照山ホテルへの分かれ道を無視して、もう一方の天文台方面へ。
入口付近では、さらに斜度UPの雰囲気を醸し出していたんですが・・・。
ここからは結構、ラクチン坂でした。
心拍は165より上がらず、途中ではギヤを上げてダンシング~って事も。

後ろから軽四に乗ったお姉さんが私を横目で見ながら抜いていきます。
こういう時って「俺、ヘッチャラっす!」って見栄張ってしまいますよねぇ~。
たぶん、お姉さんは「なんじゃコイツ。自転車でこんな坂上るってバカじゃねぇ?」って思っているんでしょうけど、自転車乗りは「凄い~。こんな坂を上るなんてカッコイイ」って思ってるぞー。なんて都合よく解釈します。((^┰^))ゞ


そして頂上の「国立天文台岡山天体物理観測所」に到着です。
PA170162.jpg
ちょっと解りにくいですが電柱の左にドーム型の天体観測所が見えますwww。

PA170163.jpg
ここから南を見れば浅口市の街並みと瀬戸内海も見えます。


この後は北へ降りて歴史かおる宿場町矢掛を散策。
PA170167.jpg

ここは足守と似た雰囲気で、なんだか落ち着きます。

その後は、また遙照山を上り(観測所は回避)鴨方側へ降りて終了です。


特に見どころのある山ではないですが道が良くて走りやすく、南北のアクセスには最適です。
たぶん、ここを使う皆さんは「山」としてより「連絡道」としてお使いなんでしょう。(^_^;)

残念ーー!!
う~ん。もう少しインパクトが欲しかったですぅ~(´Д`) =3 ハゥー



「インパクトが欲しいなら即死する山を教えたるぜ」と言われる方・・ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Comments 4

ザニアルテ  

こんばんは。
着々とヒルクライマーになるべく、上っていますね。
遥照山は金山・金甲山に比べると確かにインパクト低いかもしれません。
ホテル側の方が最後傾斜はキツいですが倉敷・玉島が一望出来る景色が良い
場所もありますので、のんびり上りたくなった時に、また上ってみてください。

2013/10/23 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re: ザニアルテさん

こんばんは。
ザニアルテさんも「たぐち」に行ったという事は遙照山付近を走ったんですね。
なんとホテル側の方が斜度がキツいんですか?
それは知らなかったです。展望台となってたので、こっちがさらに上かと思ってました。
次の機会にはホテル側に行ってみます。

2013/10/24 (Thu) 20:27 | EDIT | REPLY |   

ひろ父  

おはようございます (^。^)y-.。o○

登りって、なんであんなに苦しく楽しいのやら。
10km/h切ってからが醍醐味・・・ちょっと違うかな? (^_^;)

軽のお姉さんの件、すご~く良くわかります。
やっぱり男って単純だよなぁ、と思います(笑)

2013/10/26 (Sat) 07:01 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re: ひろ父さん

こんにちは。
まだまだ「楽しい」とまでは行かないっす・・・(^_^;)
でも、上りきった時の達成感は辛さを忘れさせてくれることは間違いないですね。
ちょっとハマってますね。
ただ、すんごく遅いですけど・・・。

2013/10/26 (Sat) 09:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply