Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

ハンドルポジション変更は成長の証

皆さん、こんにちわ。

ゲリラ豪雨という言葉が自然と使われる昨今ですが、毎日降ってもゲリラなのか??
と疑問も湧いてきます。
新たな表現として「テロ豪雨」ってのもアリですかねぇ?

こんなに集中豪雨が頻繁に発生しているのに肝心なダム周辺は水不足って・・・どうなってんでしょうか?








話は変わりますが先日、走行時の空気抵抗を減らそうと前傾姿勢で走り巡航速度が数km/h上がった事を記事にしました。
しかしその時は前傾姿勢が窮屈な状態で長く続けられなかったのです。

これはハンドルポジションが近すぎる事が原因だと思います。
ステムは80mmを付けているのでハンドルが近く、普段のブラケットポジションではラクチンセッティングなのですが、前傾姿勢となると一変窮屈になります。

だったらステムを長くしろよ!という事ですね。(^_^;)
実は100mmのステムも持ってますが、これだとブラケットホジションでも遠くて身体の硬い私にとっては、これまた苦痛なんです。


そこでハンドルポジションを変更してみました。

まず、現行ポジション。
さき
①ステム位置は1cmのスペーサーを上に入れて、少し低くしてます。
②ハンドルはご覧の通りかなりしゃくってアッパーライトのポジションで、STIレバーも反り立つ状態です。
③基本的な位置関係としては上ハンとブラケットが水平になるのが正しいみたいですが、相当にアッパーで超ラクチンポジションであることは確かです。
この状態で前傾姿勢を取ると、そりゃ~ハンドルが近すぎて窮屈ですわー。o(´д`)o

自転車を購入した時に「乗り込んでいくとハンドルが近く感じてきます」と言われたのを思い出しました。
それって成長したって事???

これをステム長はそのままで、こんな風に変更です。
あと
①しゃくれたハンドルは上ハンが水平近くになるよう前に倒します。これでブラケットが少し遠くなりました。
②遠くになった分、通常ポジションでは手に体重が掛かり過ぎて痛くなるのでステムを一番上まで上げます。
※写真の黄線の角度が緩やかになったのが解ると思います。


見た目の変更は微細ですが、実際乗ってみるとまったく別物です。
サドル高5mmの違いはよく解らないけど、流石にこの違いはハッキリ解ります。
上級者になれば1mm程度の変更も大きく影響するらしいですから、これ程の変更は天と地程の差があるんでしょね。


乗った違いは
①通常のブラケットポジションでは少し遠くなった。って言うか以前のポジションが体に染みついているので遠くなった分、サドルの前の方に座ってしまう。この辺は慣れが必要(^_^;)
②少し前傾して「うりゃぁ、走るぞ!」って構えると、とてもGOODなポジションになる。
逆に言うとポケ~とポタリングするにはちょっと苦痛なポジションです。
③風の抵抗を減らすくらいの前傾では、手の位置が丁度ブラケットのトップ部分を握り込む形になってハンドルを安定させてもがく事もできます。↓こんな感じ。
P7290035.jpg
この状態で肘を曲げると肘から手先が水平になり、なんちゃってTTポジションの出来上がり~。
④下ハンはドロップ部分が手前に来るので、下ハンを持った時上ハンの肩部分が腕に当たりにくくなりました。
⑤なにより見た目がカッコよくなりました。(これは大きなポイントです)

全体的には「走るぞーポジション」に変わりましたね。
まぁユルユル走るなら上ハン持てば言い訳ですから、よりメリハリが付けられるハンドル位置になったという事です。

これで巡航速度UPになれば、有難いのですが・・・・。





80で窮屈、100で遠い・・・ハンドル弄るより90にすれば解決じゃねぇ?と元も子もない正論を仰る方もポチッとお願いします。(^_^;)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

ザニアルテ says... ""
ヒロさん、こんばんわ。

益々『走るぞーポジション』に変わってきていますね。
私も同じく身体が固いのでハンドル位置は悩んでいます。
今はヒロさんと同じく少しスピードを上げて走ろうと思う位置が
一番ブラケットを握りやすい形にはしています。
あとコーラキャップも健在ですね(笑)

2013.07.31 21:33 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.08.01 05:23 | | # [edit]
ヒロ says... "Re: ザニアルテさん"
こんにちわ。
私はすぐに手や腕が痛くなるので、なんとかハンドルの位置変更で改善できないものかと思ってます。
きっと体重がハンドルに乗り過ぎているんでしょうね。基本的なフォームが出来ていないという事ですわ。
サドルを下げればサドル側に体重が乗るのでしょうけど、サドル高は今がベストなので弄れないし・・・
身体が硬いと色々苦労します。(^_^;)
2013.08.01 07:36 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/374-7621e935