休憩すると良い事あるの?

5月末に気胸が再発して12日目。

振りだしに戻った体で2年ぶりの「片上鉄道ロマン街道」を走ってきました。


さて、身体は?そして自転車スキルは?











片鉄と言えば毎年、夏のくっそ暑い日に体力の限界にチャレンジする・・
・・いや毎年、年取っていく身体が去年の自分より成長したのか?それとも衰えたのか?を見極めるために、あえて真夏の時期を選んで走っておりました。
しかも自宅からの実走で真夏の炎天下に140kmのロングライドというドMなライド。(^_^;)

しかし「酷暑と熱中症」という言葉が流行り始めた年から、もしもの事を考えて夏の特攻はやめてしまったのです。

それ以来、なかなか行く機会もなく今日になってしまいました。

毎年、今の自分の実力を知るために続けてきた片鉄ライドですから、今回気胸が治ったタイミングで、振りだしに戻った実力を確かめるためにここを選びました。

ただ病み上がりの今回は自宅からの実走はやっぱ怖いので、片鉄サイクルターミナルに車をデポして、ここからスタートです。
P6090003.jpg

他にデポしている車は「兵庫・姫路・倉敷・岡山」と結構色々な所から来られているみたいです。
丁度、倉敷から来られた2台が準備してました。(アンカーとキャノンデールさん)



走り始めてすぐに感じる事は脚の重さ。   回らない。
ホイールはSLを履いてきたんだけど・・・「マジかっ!?」(゚Д゚)

思わずブレーキが擦れてないか確認したくらい回らない(^_^;)
おいおい、ここまでヘタレたか・・・。いきなりのモチベーションダウンです。

ここ片鉄はスタート直後が上りになってます。とはいっても2~3%程度なのですが、見た目は平地ぽいので実際とのギャップに戸惑ってしまい、脚は元気なのに進まないという現象が起こります。
坂だと知っててもこれですから初めて走る方は「今日の俺、大丈夫かー?」とモチベーションを下げられてしまうのです。(TmT)
この平坦や下りに見えても上ってたり、はたまた逆だったりのミラクルロードはここ片鉄には結構あります。
人間は目で見たロケーションに対応できるように身体を準備する事ができる動物ですから、下りと見て上りだった時は、そのギャップの修正に思いのほか労力が必要になります。
特に年取ってくるとネ。


この日は自転車にはとてもいい天気。
曇りだから太陽の強力な日差しで身体が疲れる事もなく涼しい風も心地がいいです。
病み上がりの身体にはベストな天候ですね。


出だしで躓いたのですが、その後は順調に進みます。
時折現れるマジックロードに戸惑いながらもペダルの回転を上げていきます。

この道の魅力の一つは木々の間をすり抜けていくスピード感。
両脇を木に囲まれた箇所が幾度となく出現してきます。適度な道幅なので緑のトンネルに突っ込んでいくスピード感がたまりません。
思わず、姿勢を低くしてコーナーの先を見つめギヤを上げて加速していきます。
心の中で「ギュイィーーーーン」と呟きながらね。
こんな一瞬に、幼い頃友達とハンドルに隠れるぐらい頭を下げて長い下り坂を猛スピードで駆け降りた時の事を思い出しました。

P6090004.jpg

病み上がりなので肺に負担を掛けないように心拍は150以下で走ろうと思っていたのですが、走り始めたらお構いなしです。(^_^;)
「145だ、大丈夫か?」「もう少し行けるか」「これでどうだ?。まだ行けるか?」と心拍が上がる度に自分の身体に問いかけながらスピードを上げていきます。
大事を取って150以下と決めていたのに、それ以上でも普通に走れている自分に思わず笑みが浮かんできます。

走ることに熱中していたので休憩を取るのを忘れてました。(^_^;)
ブロガーたるもの止まって写真を撮らないといけませんね。
コース途中の印象的な2つのシチュエーションで30秒くらい止まってパチッ。パチッ。
P6090005.jpgP6090006.jpg
このコースは片鉄ロマン街道という名の通り、廃線になった片上鉄道の線路後をサイクリング道にしたものですから時折、駅舎が現れますが夢中で走っていたので気づかずに幾つかすっ飛ばしてしまいました(^_^;)

コースは吉井川に沿って備前市から北上して柵原町までの片道36km。
走りやすさ・勾配・距離など、どれをとっても初心者にも最適なコースです。
P6090007.jpg



往路の終点「吉が原駅」に到着です。
P6090008.jpg
私ずっと「よしがはら」だと思ってたのですが「きちがはら」が正しかったようです。
駅名の下にローマ字で書いてました。(^_^;)

ほとんどノンストップで走ってきたので流石に脚を使いました。
始めの20kmくらいまではアベ28.5km/hくらいで走っていたのですが往路終了時点では26km/hでした。

このコースの唯一の難点は補給箇所が少ない事。
コース上では前半7kmくらいの所にセブンが1件あるだけ。
それ以外は食料を確保できそうなお店は見当たりません。(コースを外れるとあるみたいですが・・)
しかし、ここだけとは言っても7km程度しか走ってないので、まだ補給は必要ないのでスルーしてしまうのです。
(何か買っとけばよかった・・・)


P6090011.jpg
この日は自転車人口密度が濃い~。
トレック・キャノンデール・アンカー・コルナゴ・ビアンキ・ミニベロetc
大阪からのバスツアーの団体さんも居られて賑わってます。

名物?のネコ駅長は非番でした。なので駅舎内に飾られた駅長の写真をどうぞ。
P6090009.jpgP6090010.jpg
ここでも補給食は無し。だって店がないからねぇ。
観光シーズンの週末だけでも、たこ焼きなんかの露店出せばいいのに~。
仕方ないのでボトルの飲み物だけを摂取して復路にスタートです。

走り始めてすぐにスタート時と同じく脚が回りません。
上りではないので、完全に脚がやられている感じです。
調子こいて前半飛ばしたからなぁ~。
病み上がりで肺を心配していたけど、脚力の弱さの方が問題でした。(^_^;)
それとも、これはハンガーノック?
私、これまでハンガーノックというのになった事がない。(もしかしたら気づいてないだけかも・・)
一人で走ると「それ、ハンガーノックやで」と指摘してくれる人もいないので、走れなくなるらしいとは知ってても経験がないので解らないのです。おひとり様はこういう時に困ります。

疲れているのに結局、復路で休んだのは1件だけあるセブン。
私、本当に休憩&補給下手なんです。一度休んでしまうと次に走り出しても足が回らない気がして・・・。
だったら休まず、走り続ける方がいいなぁってね。
補給も「欲しいと思った時点では遅いから早め早めに補給しよう」と言われますが欲しくもないのに飲み食いできないたちでして・・・。

P6090012.jpg
このコーヒーが100円とはありがたい。(缶コーヒーより安いんですよ!)
疲れると甘い食べ物が欲しくなりますね。今回は「つぶあん&マーガリン」をチョイス。
旨いっす!(*'-')b



そしてゴール。
はぁ~疲れました。特に復路はヘロヘロです。
トータルのアベも24.8km/hに下落。
疲れたらハムで踏むペダリングもガタガタです。
70km程度でこんなにも疲れるなんて・・・。心肺よりも脚力に問題がある事が露呈してしまいました。
それにペース配分や補給&休憩の取り方など、課題が山積みですね。


どなたか補給&休憩の取り方を教えてくださ~い。m(_ _)m


最後の最後に道を間違えて、上らなくてもいい坂を上ってしまったのは内緒です。(;^ω^A
※平均心拍152/平均ケイデンス78




まったく成長の見られん奴だ。と思われた方もポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments 2

フクちゃん  

片鉄お疲れ様でした(^O^)/
ほんとに、補給ポイントがないのだけはネックですよね〜
お身体のほう、無事で何よりでしたねσ(^_^;)

2013/06/11 (Tue) 23:26 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re: フクちゃんさん

ありがとうございます。
身体はなんともなかったですが脚の衰えが露呈しました。
はたして、今から成長するでしょうか??

2013/06/12 (Wed) 19:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply