相手にとって不足あり

天気が良く時間があると予定はしてなくても、ついプラッと出かけてしまう季節になりましたね。

その日は、まさにそんな天気。

疲れているから休脚日と決め込んでいたのですが、ゆる~いポタでも・・とゆっくり出かけました。



先日の試乗会以来新たな自転車の魅力を発見したことが嬉しかったので、なんだかウキウキ気分で出発です。
ホイールも鉄下駄R500に履き替えて、ゆっくり自転車を楽しもうと思ってました。

風は少しあるものの寒さを感じるものではなく、すぐに長袖ジャージで出かけた事を後悔してしまいました。

いつもの練習コースを走っていると桜は散ってしまったけど菜の花やタンポポが咲き、ちょっとなま暖かい風が花の香りと一緒に土臭さまで届けてくれます。
冬より強い太陽の日差しによって地面の水分が蒸発し、穏やかな風が湿った空気と土の臭いを一緒に運んでくるもので冬の間には感じなかった臭いです。
決していい臭いとは言えませんが自然の中を走っているんだと実感させてくれる臭いです。
都会のアスファルトジャングルでは、こんな形で季節を感じる事はないんだろうとなぁと思いました。
P4180244.jpg
少し止まって「つくし」を探しましたが流石にまだの様子。それはまた今度の楽しみにしておきましょう。('-'*)

少し汗ばむ気温になりジャージのジッパーを半分くらい空けて風を取り込みます。
向かい風でジッパーを開けるとジャージが風を受けて巡航速度を落としてしまいますが、この時は追い風だったことでスピードを落とすことなくベンチレーションができました。
心拍も120程度のLSD調子ですがスピードは27kmで心地よい。こんな時はずーっとこのまま走れる気がします。



ふと対岸の土手を見ると4~5人くらいのローディーが同じ方向に向かって走ってます。
列車を組んでいるわけでもないので練習でない事が解ります。
私と同じように春を感じて自転車虫が出てきたのでしょう。
基本おひとりさまの私は列車を組んだことは数えるほどです。5人もいれば十分なドラフティング効果が得られるでしょうね。列車は長いほどドラフティング効果も高いと聞きますから。

対岸ですが進行方向は同じなのでこの先の橋を渡ればこの集団と一緒に走れないかなぁ~。
そう思った私は彼らのペースに合わせてスピードを調整して集団の様子を見ます。
どうやら彼らの一人が対岸の私に気付いたみたいで、その後に他のメンバーもこちらに顔を向けました。
声は届きませんので会釈をすると彼らも返してくれます。
どうやら普通の集団のようです。(^_^;)

この先に一つ橋があります。
そこで彼らは直進するのか、橋を渡ってくるのか、右折して離れてしまうのか・・・。
右折さえせず、こっちに渡ってくれば一緒に走ることも可能だし直進しても先で自然と道が合流するので可能です。
「一緒に走りませんか」なんて声を掛ける勇気はありませんが同じ道、同じ進行方向なら自然と一緒になっちゃっうという事もアリです。(^-^)ゝ

橋には彼ら側だけ信号があります。
私は信号がないので先に橋を横目に直進して彼らの進行方向を確認します。
運よく信号を直進したので、この先で合流できそうです。


問題は合流地点で彼らの前に出るか後に付くかです。・・・( ̄  ̄;) うーん
前に出ると引く事になり、どれくらいのペースがいいのか経験値がないので解らない。
それに、もし豪脚さん集団だったら「おっさん邪魔やで」とあっさり千切られて自信喪失だし・・
はたまた後ろに付くと声はかけるとしても「なんやこいつ変なのが付きよったで」と不気味がられて千切られる・・・
(どっちにしても千切られるんだけど・・・)

こんな時、皆さんはどっちですか??

なんて考えてる間に合流地点が近づきました。
彼らを見ると思ったよりペースが上がっておらず(そりゃそうです。私だけが思っている事なので・・(^_^;)
私の方が先行している状態。 (あらら・・・)
ペースダウンして後ろに付くと「企んでたな?」と勘繰られるのも嫌ですから、そのままのペースで彼らの前に出て合流しました。

合流時点で彼らとの距離は30mくらいはあるでしょうか?

さぁ、どうしよう??
どう見ても私より若い集団ですので振り返って彼らの様子をうかがって「一緒に走りたいよ~」オーラを悟られるのは嫌だし・・(小心者なので・・・(^_^;)
徐々に(←これ大事)ペースを落として距離を縮めようか・・・。
それともチラッと振り返った後にペースアップして「付いてこいやぁー!」的に煽ってみようか・・・(それは無理や)
逆に彼らがペースを上げて付いてくれたら一緒に走りましょう~の合図なんだろうけど・・・

小心者が空気を読んでいたら前方の信号が赤。
やれやれ、これで縮まるやん。(^_^;)
と思ってたら止まると同時に青に・・・。あらら~。
仕方ないのでこの瞬間に後ろを振り返ると・・・いない・・・。(゚∇゚ ;)エッ!?

いや、いる。・・・・・・・・かなり遠くに・・・。


どうやら私は合流した時から自分が前に出た事で無意識の内に「引っ張らなあかん」と思ったのかペースが上がってしまったようで、そんなつもりの無い彼らをどんどん引き離していたみたいです。
どうやって列車を組もうか色々考えていたので彼らが付いてきてない事に気付かなかったのです。
そういえば心拍160くらいに上がってスピードは32km/hくらいで走ってましたわ。

バカですねぇ~。彼らにそのつもりが無いのに・・一人芝居です。┐( ̄ヘ ̄)┌

それとも相手にとって不足ありだったのでしょうか?


彼らは付いてこなかったけど妙にモチベーションが上がったし心拍が高い割に疲れも無い。
これが誰かと競うと出ると言われるドーパミン効果でしょうか? (競ってないし・・)
帰りは向かい風でしたがこのテンションのまま楽しく走れました。

P4180246.jpg


今度は一緒に走りましょうね。・・・しらんけど。(^_^;)


こんな経験あるあると言われる方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


























スポンサーサイト

Comments 3

まっくろくろすけ  

一人だとさみしい時があります。今日そんな感じでした。

今日はかなり久しぶりに後ろに張り付かれました。
(結果的に)
結構頑張って走ったんですけどやはり後ろは楽だったのでしょうかね??

2013/04/21 (Sun) 19:06 | EDIT | REPLY |   

ひろ父  

こんばんわ (^。^)y-.。o○

わたしも基本おひとり様なので、気持ちよ~~っく分かります (^_^;)
前後にローディを発見すると慌てふためく(笑)
一緒に、とまず思いつかないところが小心者です。

今日サイクリングの途中で、60代後半とおぼしき男性と一緒になりました。旅チャリ使用で、しばらく前後でお話させてもらいました。
ジャンルが全く違うと気楽なのか、年の差がそうさせたのか、なんだかこちらも楽しめた一日でしたよ (^。^)y-.。o○

2013/04/21 (Sun) 21:31 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re:

<まっくろくろすけさん
一人も気楽でいいのですが複数だと自然と意識するのでテンションが上がっちゃいますよね。
やっぱり後ろは楽みたいですね。そのスピードが速ければ速いほど楽にスピードを維持できそうな気がします。
くろすけさんに引っ張ってもらったら付いていけないですよwww。

<ひろ父さん
ローディー発見で慌てふためくというのは同感です。(^_^;)
特に相手が速そうだとLSDしてますオーラを出しちゃって付かれないようにしちゃいますネ。
完璧な小心者であることは間違いないです。


2013/04/23 (Tue) 15:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply