8メーカー13台乗り比べ【その②】

前回からの続きです。


試乗会当日は天気は良かったもののお昼頃には突風が吹く始末。

各メーカーでは自転車が将棋倒しで倒れたりで右往左往のアクシデントのおまけ付でしたよ。
トレスペ


今回は一気に3メーカーのインプレです。






まずは
【TREK】編
TREKはなかやまさんが最も押しているメーカーなのでカタログの一番初めに紹介されているメーカーです。
TREKの試乗と言えばまずはコレですね。
④Domane 5.9(サイズ50cm)
ドマーネ
Domaneは6・5・4の3シリーズありますが聞くところによると4シリーズでも十分満足できる完成度らしいです。
今回は6.2と5.9が用意されてましたが6.2は出払っていたので5.9に乗せて頂きました。
さすがTREKですね。試乗希望者が殺到してたのでちょっと順番待ちです。(^_^;)
Domaneの特徴は何と言ってもIsoSpeed decoupler。
荒れた路面でどのようにバイクが走行するか、またライダーの身体への影響を徹底的に検証して導き出されたシステムです。これが私の身体をどんな夢見心地に導いてくれるのか、期待大です。(^0^ゞ
しかもコンポはこれまで好感触のアルテDi2です。ワクワク

漕ぎ出しは普通にカーボンフレームと同じ感触です。
ダンシングでもそれは同じ。あれっ?あまり変わらんなぁ~という第一印象です。
それでも、IsoSpeedの違いを感じ取ろうと、ちょっと乱暴にドンドン!とシートに尻を叩きつけてみました。
すると・・・・パキッという音・・・?

「ゲッ?もしかして・・・やっちゃった?」( ̄□||||!!


降りて確認しましたが、とりあえず問題ないみたい。
ははっ(^_^;)   寿命が縮まりましたヨ。

IsoSpeedはシートチューブをトップチューブとシートステイから完全に独立させる構造で、競合他社のバイクに比べ、2倍もの垂直方向の柔軟性を発揮するらしい。つまり振動吸収に優れ、より快適に長距離を走ることが可能になるのです。
ドマーネ2

黄色矢印の所がその部分です。
ペダリングしながら、ここをズーっと見てたのですが、確かにトップチューブとシートチューブの隙間が開いたり閉じたりしてます。
路面状況に合わせてシートチューブが動き無駄な振動が身体に伝わらないような動きをしてます。
試乗会のコースは綺麗に舗装されたアスファルトの周回楕円コースでして、楕円コースの中心付近は若干の土&草が生えた部分があります。残念ながらDomaneの振動吸収性を試すのは、この程度の場所しかありません。
ダートコースとは言い難いですが、振動の収まりを他車と比較するために同じ場所、同じスピードで通過してみたのですが、その振り幅は1mmか1.5mm程度の微々たるものですが身体に伝わってくる振動は明らかに和らいだものになってます。
その辺は良いんだけど私はそれが逆に不安定感に感じられる部分でもありましたね。

舗装路では振動吸収性は感じられなかったのですがシッティングで一気に踏み込む動作をすると、シートがズレる?
ような感じが若干あります。ズレるというより一瞬のタイムラグがある感じです。
ホントに微妙な違いなんですがねぇ。
どちらかというと踏み込んだ力はダイレクトにタイヤを回転させてほしいと思う私にとっては、ちょっと残念感があるかなぁ~?

続いてTREKの代名詞と言えばこれです。
⑤Madone 5.2H2(サイズ50cm)
マドン
ちょっと写真が情けないですが試乗希望者が多かったのでゆっくり写真を撮ってると視線が恐いですからセッティング途中をパチリとしました。(^_^;)
コンポは機械式のアルテです。
Domaneと同じようにダートを走ってダンシングして・・・・。
う~ん、う~ん・・・違いのわからない男です・・・。ヾ(_ _。)

申し訳ないですがMadoneは私にとって可もなく不可もなくでした・・・。
TREKはこの2つに乗っとけばでいいでしょう。


ということで次は
【COLNAGO】編
COLNAGOはPINARELLOと同じイタリアンバイク。ちょっと期待してます。
乗ってみたかったのは話題のディスクブレーキを採用したC59 DISKだったのですが出払っていたのか、元々無かったのか?探しても解らず、ひとまずこちらに試乗です。
⑥C59(サイズ480S)
コルナゴ
コンポはスーパーレコードです。
前のEPSにはガッカリだったので機械式はどうかなぁ?

これまたシマノとは違った操作にやっぱり四苦八苦。
(さっき慣れたと思ったのに・・・)
右のシフトレバー(シマノでいうシフトアップのレバー)は結構押し込まなければ変わらない。
しかもドッコイショ的。セッティングの関係でしょうか?
EPSの時も押し込みが大きかったです。親指で押すシフトダウンのレバー(あれ?そうだったかな?解らんようになってきた)は変速時のショックが大きいです。
また、このシフトが気になってフレームの特性を感じるどころではなかったです。゚゚(´O`)°
本当にごめんなさい。
まったく記憶にないです・・・・。ってことは可もなく不可もなくだったんでしょうね。

連続で乗り続けているとどれがどれかわかんなくなってきます。
パンフレットにメモをしているんだけど特にインパクトが無い場合は書く事もないから△や×の記号だけ書いたりで後で見ても解らんのです。
(ブロガーとしてのインプレ失格ですねぇ)


そして次は
【TIME】編
TIMEは試乗車として・ZXRS ・NX ・FLUIDITY Sの3台でした。
その中で選んだのはこれです。TIMEのニューモデル。
⑦TIME FLUIDITY S(サイズ530mm)
タイム
コンポはカンパのレコード。ホイールもカンパだったけど何だったか忘れました。(^_^;)
サイズが530mmはデカイかなぁと思ったんだけど、これが結構しっくりくる。

ダンシング・ブレーキング・コーナリングと一通り試しました。


「これ、いい。凄くいい!!」v(T▽T)
初めてなのにしっかりポジションが出た感じで乗りやすい。
乗っていて楽だし優しい感じのフレームです。
こりゃぁロングライドしてみたいなぁ~って思っちゃいましたよ。
実はこれまで乗ってきたバイクは自分のシューズで乗りましたが、TIMEではTIMEのシューズをを借りました。
何故?
それはTIMEブースにシマノのペダルが用意されてなかったからです(;^_^A
今回の試乗では自分シューズ持参が基本。だから人それぞれのシューズに合わせて各社のペダルが用意されており、その都度スタッフさんがペダルを変えます。そしてサドル高も個人に合わせて調整されポジションを出します。
これがドンピシャだったのかもしれません。
こりゃぁトップモデルのZXRSが超期待できるんとちゃう?

・・・がっしかし。TIMEはこいつだけの試乗でした。(色々あって・・)

あ~TIMEいいじゃん。感触と言うかなんというか、もう一度乗りたいです。ヽ(^Д^*



ここまで5メーカーを乗ってきましたが、連続で乗ると何が何やら解らなくなってくる。
一休みのためにMAVICのブースにも立ち寄ります。
P4130218.jpg
毎度おなじみMAVICカー。
近くで見てもカッチョイイ!
マビ靴マビ
左:MAVICシューズの全サイズが試着できます。なんだか旅館のスリッパ状態(^_^;)
右:メカニックによるホイールのメンテ講座中。ハブにはグリスはご法度。MAVICオイルを使いましょう。



という事で、今回はここまでです。
TIMEの印象が強くて他が霞んでしまいました。



TREK・COLNAGOオーナーの方。違いが判らず申し訳ございません。
お慈悲のポチッをお願いします。(^_^;)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comments 3

まっくろくろすけ  

インプレいいですね。

率直な感想が私にはありがたい。
こういう試乗会でもっと距離乗れるともっと自分にとってよし悪しがわかるんでしょうね。

2013/04/17 (Wed) 06:52 | EDIT | REPLY |   

ひろ父  

こんばんわ (^。^)y-.。o○

試乗会インプレ、前回から楽しませてもらっています。
今まで試乗会って興味なかったんですけど、なんだかとても楽しそうですね。
いつになるかはわかりませんが、3号機はTREKと密かに思っていました。
地元にあるもう一つのショップがTREKの代理店だから、という益体もない理由ですが(笑)、マドンかっちょい~と思うし。
乗り比べてみたらそれほど違わないよ、というところなのか、人それぞれなのか。
残念、というわけではなく、なるほど~と頷きながら読ませてもらっています (^。^)y-.。o○

2013/04/17 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   

ヒロ  

Re:

<まっくろくろすけさん
拙いインプレで申し訳ありません。
専門用語とか知らないので思った感じを言葉にしてますから硬いとかスーっと行くとかの感覚的表現になってます。(^_^;)
ニュアンスが伝わってくれるといいかなぁと思いますが個人の感覚なので表現が難しいですね。
そういえばくろすけさんはTIMEをお持ちですね。
いいですね~TIME。
正直言ってTIMEは眼中になかったのでですが一気に上位にきました。

<ひろ父さん
TREKは決して悪いメーカーではないのは確かです。
ただ私の身体にはイマイチ合わなかったというか、記憶に残らなかったという事です。
つまりは突出した箇所がなくオールマイティーに使えるのかも知れません。
一気に何台も乗り比べる場合は個々に特徴がはっきりしたバイクでないと印象に残らないという欠点もありますよね。
一台一台を時間をかけて乗り比べるとまた違った評価になるかもしれませんね。

2013/04/17 (Wed) 22:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply