Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

ホイールのお蔭で記録更新

今週はポカポカ陽気。
最高気温は20℃に届きそうなくらいで一気に春が来た~って感じです。

昨日は職場で体力測定があり、年甲斐もなくゼエゼエ言いながらムキになってました。(^_^;)







エアロバイクでは「サドルを上げてくれ」「ハンドルを下げてくれ。ドロップはないの?」なんて無茶な注文をする始末・・・。(一番嫌なジジイですね)
始めは超軽いのですが途中から70Wの負荷が掛かってきます。心拍はMAX78で終了~。
ここまでは良かったけど前屈は涙ものでなんとか-4cm。(硬てー。しかも太もも攣った(;д;)
垂直跳びは62cm(結構飛んでるんとちゃう?)
最後の反復横跳びは20秒で53回・・・・。トレーナーは「50回超えたら立派です」と言うけどほんまかいな~?

やっぱり運動は続けんといかですなぁ~。


そんなことはどうでもいいんだけどね。

温かくなれば体の動きもスムーズですから早速出動(≧∇≦)b OK


行先は「金甲山」

あのね~なんだか最近は「坂」が気になるんですよね~。
別に好きになったわけではないですよ。好きか嫌いかで選択しろと言われたら、間違いなく「嫌い」です。
これは以前から変わらないですが、昨年10月に意を決して初めて上った金甲山が、これまで自分が思っていたより楽だった。いや、楽と言う表現は違うな。なんだろぅ?
「思っていたより上れた」という感じかな。これまでは坂は「吐くほどキツイ。絶対に足付く。脚が攣る。」と負のイメージしかなく近づかなかった坂ですがこの日を境にちょっと変わったんですね。( ̄ヘ ̄)ウーン
タイムは別としても「上れない」と思い込んでいたのに「上れた」事で何かが吹っ切れた感じなのです。

以前にもカミングアウトしましたが私は肺気腫と自然気胸の持病がありまして、いつ肺に穴が開くか解らないし健康な人と比べて肺機能はダメダメなんです。(TmT)
この病気は良くなることはありません。
うまくいって現状維持です。だから心肺を酷使する自転車なんて自殺行為かも知れないのです。
・・・・だけど乗ってる私。
遅くてもいいし、上れなくてもいいから頑張らず無理せずに自分なりに楽しむ事にしているのですが、そうは言っても走り出せば人と同じようなスピードで走りたいし、坂も上ってみたいと思うのは自然です。
「いやいや無理しちゃぁいかん」と思って制御するのは別の意味で無理している。
だから坂に上ってヤバイと思ったら即止める事を大前提に上った金甲山だったのに、なんとか上れた事がちっちゃな自信になったのです。
「もしかしてええんとちゃう?」(色々な意味でね)

そして、さらに楽しようとキシリウムSLを投入して以後、初の「金甲山」です。
(10月以降一度も行ってない事で坂が嫌いって解るでしょ。(^_^;)

P3060166.jpg
人によってスタート地点はマチマチみたいですが、私は麓のローソン横の電柱がスタート地点です。

前回、成功した斜度が変わればギヤチェンジする方法で走ります。
これはケイデンスを一定に保つことやペース配分にも繋がりますから結構使えますよ。
そして今回は座る位置を変える事での体重移動も試してみます。

座る位置変更とは傾斜が強くなってくるに従ってサドルの前方に座って前傾姿勢を深くする事。
人間の頭は体重の8%程度の重さがあります。そして上半身は46%。
私の体重は約55kgですので両方で54%(29.7kg)の重量です。
これだけの重量がエンジンの中心(クランク辺り)より前にあることでペダルに体重を掛けやすくなります。
実際やってみるとサドルの前方に座るだけで脚が少し楽に回せますね。

2/3を過ぎた辺りから緩い下り坂の区間がありますが、今日はここでスピードUPを試みました。
ここで脚を使うと後半がキツクなるのは重々承知です。(^_^;)
でも、少しでもタイムを稼ぐにはここが勝負です。
あまり重いギヤにしてケイデンスを下げると脚の負担が大きくなるので、なるべく回転でスピードを上げていきます。そしてこの区間で最高速31.7km/hまで上がりました。(前回は脚休めに使ったので、この区間では22.2km/hでした)

そして案の定、この後の上りは辛い~・゚・(ノД`;)・゚・
前回はギヤを1枚残してたのに、もう最後の1枚が常用になってます。

カーブを曲がれば最後の上りだぁ~と思いきや、まだ続いてるのね~(_ _。)・・・シュン
こんな時は超~心が折れます・・・・。

そして今度こそ、最後の上り。
前回は最後はダンシングする余力もあったのに、今回はひたすらシッティングです・・・。


ゴール。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
基本的なゴールは頂上の電波塔の所らしいですが私の場合は、その手前の駐車場をゴールとします。
(前回、解らなくてココでタイムを測ったからネ)
※電波塔までは200m位ですが斜度は一段とキツイので多分、上がれません・・・(ノ_-。)

P3060167.jpg
本来のゴール地点↑



記録更新です。<( ̄^ ̄)>
タイムは34分09秒
前回は37分51秒ですから、3分42秒の短縮です。
(その他詳細は記事最後に記載)

いや~完全にキシリウムさんのお蔭です。(^_^;)
手段は何にしても速くなった事は事実ですから!!

P3060168.jpg
この日は温かく天気は最高!でも遠くは霞んでます。
黄砂とPM2.5の攻撃でしょうか?
(中国さんほどの経済大国が大気汚染一つ改善できないなんてねぇ~┐( ̄ヘ ̄)┌ )

この後はダウンヒル。
でも流石に寒い~。まだまだ春は遠いのか~。

ダウンヒルでは最高58km/hを記録しましたがSLはまったく安定。
R500の時は35km/hを超えると微振動や妙な音(風切り音?)がして不安いっぱいだったけどSLは問題なし。
さすが高級ホイールだねぇ。v('▽^*)
これでブレーキがプアでなければ怖いものなしだ!
今回は坂で前へ前へ転がってほしいのでフロントの空気圧は8barに上げ、リアは駆動ロスがないように7barにしました。(私の体重では7barで十分なんですがね・・)
このために下り坂の減速や注意喚起のための凸凹した段差舗装ではフロントが飛び跳ねる感じもあったのですがSLは安定していたので怖さも無かったですね。


この後は宇野港に回りました。
P3060169.jpg
もうすぐオープン予定の温泉施設。
食器類の納入中でした。

P3060171.jpg
瀬戸内国際芸術祭2013の開催にあたって、新たなオブジェが登場。
大型船のスクリューをモチーフしてます。

海沿いは風が超~キツイです。坂の後の風は5倍くらい脚にくる。
向かい風と坂なら坂の方が好きかも(^_^;)

この頃には昼を回って腹へ~(_ _。)
ハンガーノック寸前でうどん屋へ滑り込んだ・・・・セーフ。

距離は63km程度ですが、昨日の体力測定もあり結構ヘロヘロになっちゃいましたねwww




さて
今回の金甲山の記録はこちら ※(  )内は前回の記録

距離   7.04km(7.1km)距離の違いは蛇行運転の違い(前回より真っ直ぐ上った?)
時間   34分09秒 (37分51秒)
平均心拍 166   (170) ちょっと落ち着いたかな?
平均速度 12.4km/h(11.3km/h)遅っ。
最高速度 31.7km/h(22.2km/h)下りで頑張っちゃったからね。時間短縮はこれが大きい?
平均ケイデンス 63/分(前回不明)



よー頑張った。ホイールの効果だけだよ。このなヘタレなスピードで記事にするな。
と言われる方もポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
 





スポンサーサイト

Comment

まっくろくろすけ says... ""
3分以上の記録更新はすごいですよ。
これって単純にホイールだけのおかげなんでしょうか?
それがわからないのがどうなんでしょうね
2013.03.06 22:35 | URL | #- [edit]
ひろ父 says... ""
こんばんわ。

今日の記事、次回参考にさせてもらいます (^_^)v
重心を前に、ですね。前回はひたすら回すことだけ頭にありましたので、重心も意識してタイムトライアルしてみます。
本当に今週は暖かい。週末は久しぶりに登れるところまで登ってみようかなと思っています (^。^)y-.。o○
2013.03.06 23:27 | URL | #LapiYBeE [edit]
ヒロ says... "Re:"
<まっくろくろすけさん
記録更新の立役者はホイールです。それと中間地点下りでの追い込みですね。
上りの区間は極遅ですから決して自分の脚力UPではないですね。
後、効果があるとしたらモチベーションの持ち方です(^_^;)

<ひろ父さん
参考にしてはダメですよ。
あくまで個人の感想ですから自己責任でお願いしますwww
多分普通に苦しくなったら前例姿勢になってると思いますが、それにプラスしてサドル前方に座るだけです。
それよりもビィンディングに替える事をお勧めします。
フラペは踏むしかできませんがビィンディングは引くことができます。
つまり二種類のペダリングが可能という事です。
この二つは使う筋肉も違いますから一つが疲れても、もう一つで上れます。
これだけで状況は180度かわりますよ!

2013.03.07 20:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/337-c1f20122