Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

おいっ。どこに座っとんねん!!ヾ(▼ヘ▼;)

いきなり怖そうなタイトルになってますが、決して怒っているわけではございません。m(_ _"m)

それは、サドルの事。(^_^;)

私のサドルは購入時から着いているMostの白い奴。
モデル名もよく解らないですが、車で言う「純正」物です。
純正といえば可もなく不可もなく、それでいて結構使えたりしますが、このサドルもそれなりに頑張ってくれました。
クッションはカチカチでなくフニャフニャでもない。(~ヘ~;)
しかしながら70kmを超える辺りからお尻が痛くなってきます。
それは擦れた痛みではなく痺れて麻痺したような痛み。
痛みは尿道等の中央部分ではなく左右の尻の骨(骨盤?)

痺れた痛みはお尻とサドルの圧着によって血流が妨げられるために起こるので、サドルとお尻の相性というより乗り方の問題の方が大きいと思うのです。
BPSなかやまの店長さんいわく、ペダルをドンドン踏み込んでいく走り方の人は踏み込み時にお尻がサドルから離れるために血流を妨げにくいらしい。
う~ん、貧脚の私ですから痺れて当然かもです・・・。
でも、この痺れがあるためにロングライドが苦痛・・・(>_<;)
私の自由を奪うのよ~!!


という事ですが、はたしてこのサドルは自分に合っているのだろうか??
自転車乗りは誰しもが抱く疑問です。


そこで、まずサドルのどこに座っているのか調べてみました。
スペシャライズドのBGフィットにはサドルフィットツールなるものがあります。
BGフィットを受ける程のお金は持ち合わせておりませんので今回はこれを真似てDIYしてみました。(^_^)


まず、用意する物は「粘土と椅子」
粘土は子供が学校で使っていた物を拝借して、椅子は体重をしっかり乗せられる物であれば何でもOKですが座った時に膝が尻の高さより上にくるくらいの低いものがいいです。

PB120151.jpg

↑写真のように粘土はメガネのような形にして1cmくらいの厚みにして表面を平らにしておき、椅子の上に乗せます。
メガネの幅はお尻が乗るくらいは必要ですヨ。

そして、この上に腰掛けしっかりと骨盤の型を付けます。
型を付けたら粘土にくぼみができていますので、くぼみの中央に印をつけて左右の間隔を測ってみます。
PB120153.jpg
私の場合は8.7cmでした。
このくぼみの頂点がサドルと接して痺れや痛みを起こします。

23147151.jpg


そしてこの間隔は骨盤の幅。この幅は人によって様々ですので、この幅で適切なサドル幅を選ぶというのが目的です。
スペシャの推奨するサドル幅の目安は下記。

【骨盤幅】      【推奨サドル幅】
130~160   →   143mm~155mm以上(お勧め度は155mmかそれ以上が強)

100~130   →   143mm~155mm  (お勧め度は143mmが強)

70~100    →   130mm~143mm (お勧め度は130mmが強)

私の場合は結構、骨盤幅が狭いという事で130mm幅のサドルが適しているという事になります。
実際、現状のサドルを測ってみると一番の幅広部分で実測145mmでした。
ってことでは推奨サイズより、ちょいと広いですかね?



一方、フィジークでは「アニマルタイプ」と呼ばれる方法で適したサドルを決める目安があります。
アニマルタイプとは、体の柔らかさを動物の名前に例えた分類の事です。
前屈をしてストレス無く指が足のつま先を触れるかどうかで判断します。
体が柔らかい順に「スネーク」「カメレオン」「ブル」の3種類となり
「スネークはアリオネ」
arione_cx_wh_02.jpg


「カメレオンはアンタレス」
アンタレス


「ブルはアリアンテ」
aliantecarbonwhkium_t.jpg

この3種類。

中でも「アリオネ」はフィジークの看板モデルでもっとも売れているサドルの一つです。
売れているという事は使用者が多いという事で、フラットな座面のため着座位置が自由なので万人向けなんでしょうね。

私が知っている「サドルの選定方法」はこの2つですが他にもあるかも知れません。
ただ、どちらも大手メーカーが導き出した選定基準なので個人差はあっても信頼性は高いのではないでしょうか。


スペシャの方法で導き出した骨盤の間隔を実際のサドルで確認すると、こんな所に座っているのが解ります。
(★印の所が骨盤との接点)
PB120155.jpgPB120156.jpg

※実際にロードポジションで座り前後位置も確認しました。

もう少し後ろがベストかな?でも、まあまあ良い位置に座ってるのとちゃう?( ̄Λ ̄)ゞ



なのになぜ尻が痺れるのか?
痺れるということは一か所に腰掛けて動かないから血管を圧迫し続けているという事です。

一か所に座り続けているのがこの★の位置。
横向きの写真を見るとサドルの形状が解りますが、私のサドルは少しウェーブした座面。
そして座っているのは後ろ側から丁度凹み始めた辺り。
正面からの写真が無いですが、これより前側は傾斜しています。つまり座っているのは平面と傾斜が始まる境のところ。ここより前に座ると滑り台のように「スルッ」と前に滑ってしまうのです。
だからポジションは★の位置でほぼ固定でここにスッポリ収まっている感じです。
これより前だと滑り落ちる、後ろだと遠くなる・・・。

ウェーブ形状のサドルは程度の差はあっても、キッチリと座る位置を決めて乗る人には適している(固定しても痺れないのが条件)けど、そうでない人には苦痛になるらしい。
その最たるものはSMPという代物。

SELLE SMP(セラSMP)TRK MAN サドル イエローSELLE SMP(セラSMP)TRK MAN サドル イエロー
()
SELLE SMP

商品詳細を見る


ここまで強固なものではないですが純正サドルはウェーブ形状なのでポジションを固めてキッチリ座る人用なのかも知れない。
ポジションを固める事自体は苦痛ではないが、固めると痺れるので辛いのです。

う~ん。シート形状の問題かなぁ~???σ( ̄、 ̄=)ンート・・


一説にはサドルよりレーパンのパッド性能が痛みには大きく影響するという考え方もあります。
(もしかしたら、こっちが大きいかも・・)


色々な考え方はあるけど、痛みが出るのは事実。
ただ、走り始めてすぐに出るものでもないので、自分的にはそれほど重要視していないのも事実。
そして重要視してないから本気で考えたこともないのが事実。

ただ、今回は純正サドルも経年劣化でやつれてきたので、そろそろ・・・・ってな具合でしょうか?



お尻に優しくポチッとしてね
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

まっくろくろすけ says... ""
ぼきはお尻が痛いとき☆の位置で座っていました。

が最近はそれよりも前に座るように意識しています。
さらにお尻を付けるのではなく坐骨で固定して乗っています。

意識としてはどかっと座るのではなく軽く腰掛けている感じで乗っています。
これがいいのか悪いのかわかりませんがペダリングなどサドルで股が擦れることもなく回しやすい感じです。
これは僕の場合でありますのでその他の意見も参考にしてくださいね。


引き足ばかり使っているとお尻が痛くなるともいます。
逆に踏み足を多く使ったほうがお尻が痛くなりにくいと思います。やってみるとよくわかると思います。
引き足は重要ですので踏めと言っているわけではないことをご理解くださいね。
2012.11.15 20:36 | URL | #- [edit]
コギコギ says... ""
色々工夫されて、いい研究ですね。
骨盤の幅を計ってみたくなりましたよ。
お尻の安定感は、自分の骨盤の幅に合ったサドルを選ぶ事に関係しているのかも。
参考にさせて頂きます。
2012.11.15 22:34 | URL | #nZwKOC6o [edit]
マンセル says... ""
お尻の骨に痛みがくるのならば、硬めのサドルを使ってみるのはどうでしょうか?
柔らかいとピンポイントで体重を受け止める感じになってしまうので痛みが出るのかも。
硬いサドルの方がパワーが逃げないので登りで有利ですよ。
お店によってはお試し用のサドルを貸してくれる所もあるみたいです。
サドル選びの迷宮にはまるとサドルを何個も買う羽目になるのでご注意を!
私は少なめですが、サドル5個持ってます。 自転車は一台しかないのに…



2012.11.17 17:02 | URL | #eHP7HEy2 [edit]
ヒロ says... "Re:"
<まっくろくろすけさん
初めは軽く腰掛ける程度で乗りますが疲れてくるとドッカリと乗ってしまうので痛みが出てくるんだと思います。
要するに走り不足が原因の一端であることは間違いないです。踏み足は知りに優しい事は理解してます。
痛みが発生するのは引き足を使っている証拠として歓迎するべきかもしれませんね。

<コギコギさん
ライディングにおいて尻の安定は体幹の安定に繋がるかと思います。
でも安定と固定は違うと思うので、固定すると痛みになっちゃいます。
安定を目指します(^_^;)

<マンセルさん
サドルを5つも持ってるのですか??
まさか5つ同時に着けているわけではないですよね・・・(^_^;)
サドルの硬さって同じモデルで選べるのってあるんですか?(服のSMLのように)
素材がカーボンだったりで違いはあるけど、クッションの強弱があればもっと選択枝が増えるのにねぇ。
2012.11.17 20:37 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/311-d7a89de3