Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

丘を越え行こうよ~♪

シャカシャカ音がしていたRDはもう一度調整して注油をしたら、気にならないくらいに収まりました。
ついでに変速の調整をしてひと安心。
調整結果を確かめるために天候不順の中走ってきました。

甦あいにく日曜は曇りのち雨の予報。
午前中は降水確率30%で微妙~。西の空には雨雲も見えている。
でも午後からは50%にUPするので、今しかない。

チャチャッと準備をして出動です。

・・・案の定、走り始めて10分くらいで降ってきた・・・(TwT。)
雨が近いと湿度が高い~。気温は低いもののムシムシ、ムレムレ。
既に汗だくです。

お店の軒下で雨宿りですが5分くらいでやんで再出発~。


今日は海沿いのお決まりコース。
旭川の左岸を南下して岡山港から海沿いを東へ進みます。

もう9月も中旬近くになると風が心地よい。
ちょっと湿気が高いけど一雨降った後なので爽やか~。
でもすぐ風のキツイ季節がやってくるんですよ。
あ~こんな日が続けばいいのにねぇ。秋の自転車日和は短いんです。

P9090165.jpg


さてさてRDですが、シャカシャカ音は気になりません。(*'-')b
どうやら調整がうまくいったようです。(掃除して注油したのが効いたのか?)

シマノはチェーンをトップから2つめのギヤに入れて変速レバーを半押しした時に3つめギヤにシャラシャラ当たる程度に(変速したらダメ)アジャスターを調整するのですが、これがイマイチ決まらなかったけどなんとか変速もスムーズに入るようになりました。
もちろん「H・L」の制限ネジも調整しました。
不安なのはアームがちょいと内側に歪んでいるように見える事・・・。
倒れた時とかにヒットして歪んだのかなぁ??でも、この辺は素人には微妙すぎて解りませ~ん(;^_^A
この調整がすぐに狂うようだったら自転車屋さんへGOだね。

まぁ、平地は問題ないレベルです。
後は坂でチェーンテンションがMAXになった時にRDのシャカシャカ音がどうなるか?です。

今回、海沿いのスを選んだのはちょっと訳があります。
実はこのコース上に気になってた場所があったんです。
それは、ここ!!↓
P9090166.jpg

コース沿いにある坂。
ここはどこに繋がっているんだろう??
石になにやら書かれているけど読めない・・・・( ̄Д ̄;;
「〇〇里山甦」・・サトヤマソ??・・サトヤマヨミガエル??   頭悪ぃ~!!

まぁ読み方は別として、いい感じ風の坂でしょ?
いやいや、坂バカさん達には「こんなの坂じゃねえよ」ヾ(▼ヘ▼;)って声が聞こえてきますけど、私にとっては立派な坂でげす!!
交通量も少なくて道も綺麗で走りやすそ~だけど、とんでもない斜度かも知れん・・・。

恐る恐る上ります。
この写真では少し左に曲がってますが、この見えてる先は一直線に伸びる坂でした・・・。
坂ってクネクネ曲がってると疲れにくいですが、一直線に上ってると見ただけで心が折れるのは私だけでしょうか?

上りはじめは6%くらい。一直線に伸びる所は8~10%。
これがキツイ。もう始めっからダンシングです。
ギヤはインナー×24Tで丁度いい。
一応27Tも使ってみたけど、前回の坂と同じでこの程度の斜度では27Tでのダンシングは軽すぎだし、シッティングでは上がれない・・・「帯に短し襷に長し」状態。
肝心のシャカシャカ音は無し。
「良かった良かった。v(=∩_∩=) 」

どこまで続くのか~?とネガティブになりかけた頃に「ぶどう狩り」の農園発見。
って、どうやらここが頂上みたい・・・・(゚∇゚ ;)エッ!?

あっけない
距離にして1kmでした・・・www
平均斜度は7%くらいかなぁ? 
「なぁ~んだ、つまらねぇなぁ~坂というより丘だねヾ(ーー )ォィ」と心にもない言葉を独り言のように呟きながら、ホッとしている自分がいました(^_^;)

そして下った所は知っている場所。
どうやらこちら側が正しい?登り口みたいで「竹原農免」と書かれてました。

この後は知ってる道でしたが、またまた途中で横道にそれてみました。
(今日は知らない道を開拓する日です)

標識には県道96号と書かれてます。
山陽町辺りから岡山市内へ抜ける道です。
実はここも気になっていた道なのです。

何故?
それはここにも坂がありそうだから。
おいおい!坂嫌いなのに何故坂に向かう~~!!??
私にも解りません。27Tを手に入れて心にゆとりができたのでしょうか??

いえいえ、坂はやっぱり嫌いです。だから標高のある山には向かいません。それは斜度のキツイ坂がある可能性が高いから。
ただ病弱な体の私でも一応は自転車乗りです。一人前に坂も上りたい。
だからヘタレな私には平地にポッカリとある「なんちゃって山」のような所でヒルコンプレックスを解消する事が必要なのです。

この道もやはり坂がありました。
さっきの坂より距離はあるけど斜度3%くらいが続く地味~に疲れる坂です。
P9090171.jpg
最大で8%くらいかな?
私には丁度いい坂ですわ。

ダウンヒルの終点は岡山市高島辺り。
(ローカルなので地元の人しか解りません)
そういえばもう少し先にフリーダムの新店舗があるはず。
折角なのでちょっと寄ってみようと少し迷って到着ですが・・・
P9090173.jpg
残念!!開店前でした。
よく見ると日曜は13:00OPENと書いてます。(TwT。)


後は自宅まで交通量の多い市街地を走って帰りました。
途中、観光客で賑わう後楽園の前を通り、鶴見橋でパチリ。
P9090174.jpg

最近は大勢の人の中でピチピチレーパンでも恥ずかしくなくなりましたねぇ。((^┰^))ゞ
(ただし自転車と一緒の場合)


hillは丘。坂はslopeなのになぜヒルクライムというのでしょう?
私の中では丘は低いイメージです。日本人は大半が「坂」と表現しますけど、欧米ではどんな激坂でも丘程度という位置づけなのでしょうか?

「なるほどねぇ~」と感心した人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

ZZ says... ""
こんにちは~☆
少しご無沙汰でしたので、まとめ読みさせていただきました。
アルテスプロケとRD調整とで調子が出てきたようで良かったですね~☆
なんだか坂バカ一直線?
私はいっこ前のアルテ(6700?わかんねっす)のコンポを2.1に移植しました。この時のFD/RD調整はメチャ大変でしたね~。もうしたくないです(笑)。
2012.09.13 20:17 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re: ZZさん"
こんにちは。
駆動系の交換や調整は本当に難しい。
こうなればOKという基準を知らないので手さぐり状態ですわ。
今回は比較的うまくいったと思いますが、このまま自転車屋さんに持っていくと調整しなおされるんでしょうね。
素人とプロの目の違いです。
坂一直線はありませんよ。(^_^;)下りと追い風を愛してますからwww
2012.09.14 09:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/293-90a197ed