Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

自転車乗りとして致命的な告知

スポーツをする人にとって、そのスキルアップや記録向上を目指す場合に必要になるのは練習です。

その練習も自身のレベル以下では練習にならず、身体にある程度の負荷をかけていじめてやらないと向上しません。
そのための基礎として心肺機能が正常であり練習に耐えうる事が第一です。

この機能低下があってはスキルアップが難しいことは当然です。

ましてや自転車は筋力よりも心肺機能が重要視されるスポーツ。筋力が落ちてくる年配者にもローディーが多いのも納得のスポーツです。


医者に行きました・・・。

これから書くことは私の自転車乗りとしてのリスクです。
いや、自転車に限らず人生のリスクかもしれません。

なにもブログでカミングアウトする必要もないのですが今に始まった事でもないので・・・。
(ただ今回はちょっとヘコミました・・(T△T)


それは6月1日の早朝、出勤の準備をしていてちょっと重い物を持った時です。
急に胸が苦しくなりました。

「あっ来たか?」と即座に状況を把握しました。
過去にも何度か同じ経験をしていますから何が起こったのかを悟るのに時間はいりません。

そして鼓動が速くなり、ますます息苦しくなっていきます。

それは自然気胸
簡単に言うと「肺に穴が開いて空気が外に漏れる病気」です。
漏れた空気はすぐに体外に出るのではなく肺と胸膜との間に漏れ出るため、それに押されて肺が収縮してしまうので呼吸が苦しくなります。
私はこれで左右で4回目です。
いや、正確には病院へ行ったのが4回で(内2回は手術してます)病院へ行くまでもない軽度の場合は治るまで耐えてます。
ワイルドだろ~www

そんな事を入れると10回程度はあるでしょうか?(* ̄□ ̄*;
「肺に穴が開いた」と言うと大事のようですが軽度の場合は、少々息苦しさがある程度ですので、変な言い方かもしれませんが大丈夫です。(^_^;)

しかし今回は軽度の範疇ではないと自己判断し病院へ・・・。
レントゲンとCTを撮って判断。
結果はやはり自然気胸でした。肺の収縮は1/6程度で思ったほどではありませんでしたので空気が抜けるまで安静にしておくことを命ぜられました。
この日から4日間は仕事を休み療養しましたが、一般的に自然気胸で開いた穴は短時間で塞ぐことが多いのでひどい苦しさが続くものではありません。
翌日からは普通といえば普通の生活でした。

自然気胸は体質によることが多く、背が高くて細い人に比較的多い病気。
肺の表面にできた「ブラ」(気泡なようなもので皮が薄くなっている)が破れる事で発生することが多いのです。
ブラは誰にでもあるものではなく体質によります。
クライマー体型の方は注意ですぞ!(;^_^A
そして若い人がなりやすいのですが、私が以前入院したのは20年前の事。
20年間なんとか防いできたのでもう大丈夫かなぁ~と思っていたのですがこの歳になって再発です。
CTで肺を横切りにして見ると、まだまだブラはたくさん残ってます。つまりこれからも気胸再発の危険因子はあるということです。もっとも大きなブラは直径6cmくらいありました・・・(_ _。)・・・シュン

気胸は予防等ができませんので自然に任せるしかないのです。しかも、予告もなく突然に穴が開く・・・。
まさにお手上げ状態の病気。


ただ今回はもっと悪いことにも告知されました。

それは肺気腫
CT映像では肺の数箇所で空洞のようなものなどが見えます。
医師によるとスカスカになって肺の機能が死んだ部分らしい。; ̄ロ ̄)!!

この画像には衝撃を受けました。CTを見たのは初めてだったので絶句です。
今すぐに入院とかの状況ではないですが肺気腫で失った肺細胞は元に戻りません。治す薬や治療はないのです。
今の状態を維持する手段は禁煙しかありません。でも私は現在タバコを吸いません。(32歳くらいまでは吸ってました)
吸わなくなって15年以上も経っているのにこんな状態です。禁煙と言われても吸ってないし・・・。

失われた肺細胞は復活しないということは、いくら自転車の練習をしても、この先、肺機能が発達してスキルが上がる事はないということ。そもそも私はレースに出たりヒルクライムのタイムを縮めるといった事を望んではいません。
ただ人並みのスピードで人並みの距離が楽しく走れればいいのです。
しかし、どうやら現状維持がいいところみたいです。(人並み以下のこの状態が・・)

それより肺に負担が掛かる自転車に乗り続けていいものか???
それが最大の疑問だったのですが、先生に自転車を続けていいかどうかは聞きませんでした。
否定されることが怖かったからです。

悩みました。

でも考えてみると、気胸も肺気腫も今突然発生したものではありません。
特に肺気腫は自分が把握していなかっただけで何年もの間、今の状態だったかもしれません。
タバコが原因ならば少なくともタバコをやめた以降は現状維持しているはず。


自然気胸は予防できない病気。肺気腫は元に戻らない病気。
だったら、自転車を続けても、止めてもこの条件は変わらないという事。


絶対に自転車が気胸や肺気腫に悪い影響があるというものではない!!!
いや!逆に良いはずだ!!ヾ(▼ヘ▼;)
自転車を止めたら気胸や肺気腫が治るものでもない!!!
・・・そう自分に言い聞かせました。


でも、流石に今日までは自粛しました。
っていうか自転車を怖がっていたのも事実。
乗ったらまた気胸って事になると自転車禁止も確実になるからねぇ~。


そして今日、走りました。(⌒-⌒)ニコニコ...
①絶対に頑張らない事。
②息を止めて力を込める動作はしない事。
③病み上がりだし20kmくらい走ってやめよう。
と決めて出発しました。

久しぶりなのでガーミンが衛星を捕捉するのも時間が掛かりました。(^▽^;)

ゆっくりスタートします。
嬉しいことに、感覚は病気以前とまったく変わりません。

ひとペダルづつ肺にお伺いを立てるように踏み込みます。そして大丈夫な事を確認したら、もう少し負荷を掛けてみる。
そしてまた少し・・・・。
どこまでだったら大丈夫なんだろう。そんな問いかけを繰り返し、いつの間にかケイデンスは上がっていつものペースになってしまった・・。

おっとダメダメ!!
ゆっくり、ゆっくりだ。と自分に言い聞かせます。
でも以前と変わらない感覚で普通に走れるものだから、またペースがUP。
おっとダメダメ!!

・・・この繰り返しでした。(ー_ーゞ イヤァ、、、

P6130027 (640x480)



いつもの練習コースですが、新鮮に感じます。
坂は当然回避して、頑張らないライドです。
20kmとしてましたが、これは撤回!
体と相談しながら40kmほど走りました。

P6130028 (300x225)
折り返し地点でサイダーをチョイス。
この自販機はいつも、こんな奴が配置されてます。
今回は仮面ライダー原画バージョン。
「おれのからだにエネルギーを・・・!!」
「おれのからだに健康を・・・・!!」

おいしく頂きました。('-'*)アリガト♪



リスクはリスクとして認識して、これからも走れる間は走りますよ。
ただし速くなろうとか、上ろうとかはあまり考えずにね。
(これでヘタレな理由ができた??)

現状維持でも走れないよりマシだ。絶対に。
ポジティブシンキングで行こう。



気胸の方は結構多いはず。
お互いに頑張りましょう。
ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村












スポンサーサイト

Comment

まーと says... "タイトル"
気胸大変でしたね。。。
なんとか大丈夫なようで何よりです!
確かに線の細い人に多いとは聞きますね。ご自愛下さい。

肺気腫に関しては何ともならないのなら諦めるしかないんですよね?
自分も3年前まで10年程は煙草を吸ってました。
同じ状況かもしれないですね。。。Σ(-∀-;)

治らないからこれ以上は無い(。´Д⊂)グスン ではなくて、
残りの肺がこれまで以上に向上する! 自分なら勝手にそう思いますw
人間の体って凄いって聞きますから♪(プラス思考でw)

気胸は少し怖いと思いますが、これからもヒロさんが楽しい自転車生活を送れますように。
2012.06.13 18:00 | URL | #JyN/eAqk [edit]
ノリ says... "タイトル"
僕も同じくブラ持ち自転車乗りです(オぃw
入院はトータル10数回&2回手術してるので
肺と胸郭が癒着しまくってますが^^;
去年の8月、10年ぶり位に再発入院しまして、
穴が塞がって3週間位は運動制限ありましたが、
それ以降はスポーツOKでした。勿論ロードバイクも。
主治医からも「ビクビクしたって仕方がないよ」と言われ、
単純な僕は「あーそーですねw」的な感じで答えましたが
いざとなると、再発が怖くて残りのシーズンは低強度メインでした^^;
今シーズンは何回か「ゼーハー」なヒルクライムを経験しましたが
現在は予兆もなく、楽しくロードバイクライフを送っております。
こんな僕ですが、どうぞよろしくお願いします^^
2012.06.13 21:09 | URL | #JyN/eAqk [edit]
ひろ父 says... "頑張らない楽しみもあるのが自転車の良いところだと思います。"
こんばんわ。

以前から不調とお聞きしていましたが、肺の問題だとは思いませんでした。
心中お察しします。
好きなことができなくなるかもしれない、という恐怖は先日わたしも経験したところ(腫瘍摘出のくだりですね)。
わたしの場合はとりあえず解決しましたが、気胸・肺気腫の場合は一生お付き合いしないといけない。それは酷なようですが事実です。

でも、介護保険関係の仕事で多くの高齢者と接していますが、「若い頃から肺をやられてな~」とのたまうじいさん達も、それはそれとして結構長生きされています。
不思議なものですが、治らない=もう駄目というわけでもないんですね。

自転車の素晴らしさはもちろんスピードもあります。
少しでも早く。少しでも高く。
風を切る素晴らしさは、超初心者のわたしでも実感するところです。

でも、自転車の素晴らしさはそれだけじゃないですよね?
ヒロさんも十分わかっていらっしゃる。

逆に良い趣味を持ったと思いませんか?
わたしはそう思います。
のんびり走るも良し、頑張って走るも良しなのが自転車の最大の良さではないか。
最近つくづくそう思います。

ランドナーなどのんびり走る自転車も良いらしいです。
小径車もまた違った楽しみがあるようです。
もちろんロードバイクも違う楽しみ方があるでしょう。
たまにお見かけしますが、大変高齢の男性がクラシックスタイルでロードバイク(というかレーサー?)でのんびり、でも颯爽と走る姿は素敵だと思います。

駄目になった肺は仕方ないとして、まだ元気な肺はやっぱり使ってあげないと機能が落ちます。
廃用性症候群、という言葉がありますが、単純に「使っていないから機能が落ちる」病気を指します。高齢者に大変多く、歩けない動けないといった症状が出ます。

現状維持も大変です。
でも、それが気軽に楽しみながらできる自転車という趣味は、とても良いと思います。

長文&小言交じりですいません。
でも、せっかくブログというツールを通じて知り合えた方に、少しでもエールを送れたらと思い書かせて頂きました。
しんどかったら削除して頂いても構いません。
でも、頑張らない楽しみをずっと続けて欲しいなと思います。

次の更新を楽しみにしています (^o^)丿
2012.06.13 21:29 | URL | #JyN/eAqk [edit]
まっくろくろすけ says... "タイトル"
私も気胸の手術を1度しました。
私の場合ブラが何処にあるのか分らないくらいの物でした。

そのおかげで今は何の問題もございませんので運がいいです。

ちなみにCT装置の性能がここ数年でというか10年でめまぐるしく変わったので小さい肺気腫でも簡単にわかるようになりました。
この肺気腫などは喫煙と関係もあるでしょうね。
気胸を怖がっても仕方ないですが

気をつけなければならないことは両方の肺が同時にしぼむことです。
これだけは避けないといけないでしょうね。

私の場合手術しても肺が膨らまなかったので液体を入れて癒着させました。
2012.06.13 22:04 | URL | #JyN/eAqk [edit]
a-elf says... "タイトル"
ブログを拝見し、ショックでした。
インターネット上ですが、色々交流があったので
親しい友人の様に思っていたからです。
医学的知識を持ち合わせていない私には何もアドバイス出来る事はありません。
ただ、ロードバイクに乗れるなら乗り続けてほしい・・・そう思います。
きっとロードバイクは体にいいに決まっている・・・そう思います。
2012.06.13 23:48 | URL | #JyN/eAqk [edit]
フクちゃん says... "生きてるだけでめっけもん"
しばらくアップされてなかったんで、どうされてるかなぁと思ってましたが、大変なことがあったんですね
一生再発と向き合っていかないといけない…
言葉にするのは簡単かもしれませんが、ヒロさんの心中はそうはいきませんよね
でも、そんな中、前向きにバイクにまたがったヒロさんを見てると、同じ自転車乗りとして、尊敬してしまいます
自転車の楽しみ方、付き合い方は人それぞれです
新たな気持ちで自転車に接する機会かもしれませんね
「生きてるだけでめっけもん」
ヒロさんの今後のサイクルライフに万歳\(^ー^)/
2012.06.14 00:47 | URL | #KuniwtAU [edit]
ヒロ says... "Re:"
<まーとさん
ツイッターのつぶやきに早速のReありがとうごいました。
ご心配おかけしました。
タバコは絶対に止めた方がいいですよ。人によってタバコの影響度合いが違うようで、いくら吸っても大丈夫な人と少しでも大きな影響のある人がいます。
残りの肺を鍛えてがんばりますよ。

<ノリさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
同じ境遇の方からのコメントはとても力になります。
10回も入院なんですね。私より上手です(爆)
私も癒着してますよ。癒着していると少々開いてもしぼまないんですよね~。
「悩んでも変わらない」のは重々承知です。
前向きにいきますよ!!
これからもよろしくお願いします。

<ひろ父さん
丁寧なコメントありがとうございます。
すぐに死に至る状態でもなく、気にしても考えても状況に変化はないですからポジティブにやっていきますよ。
ただ自分のリスキーな部分はしっかりと認識しておくこと。それを受け入れたうえで自転車ライフを楽しんでいきます。
ガン患者がガンを克服した例もありますから、私の可能性も0ではないですからね。

<まっくろくろすけさん
いつもありがとうございます。
くろすけさんも気胸の経験者なのは知ってます。
でも今では鉄の心肺をお持ちで・・・。
CTにはビックリでした。
詳細な部分もハッキリクッキリですね。「ここにガンがありますね」なんて言われなかっただけでも良かったです。

<a-elfさん
ありがとうございます。
友人と思っていただいて恐縮です。(^_^;)
私のヘタレさが医学的に立証されましたのでコギコギさんには頑張らないで早くなる方法を教えていただきたいです。www
乗れる体である以上は乗りますよ。
自転車は悪ではない事を信じてます。
いつかご一緒に走りたいですね。
これからもよろしくお願いします。

<フクちゃんさん
ご心配おかけしました。
ブログのアップが遅いのは、今回の件というよりネタがないので・・・・(爆)
病気は病気。自分のリスクをしっかり把握して生活に取り込んでいきます。
自転車ライフはこれまで通り進めていきます。
ビクビクしていても同じことですから、楽しみは楽しみとして楽しみますヨ。











2012.06.14 20:37 | URL | #- [edit]
ONI says... "タイトル"
ヒロさん
かなりご無沙汰しております。
ONIです。
大変な想いをされたのにヒロさんの前向きな精神に脱帽でございます。
私も5月初旬にギックリ腰をしてから精神的に落ち込んでおりましたので、ヒロさんのお気持ちは少しは解るかと想っております。
私の場合は、原因が解らずに困惑しておりました。
原因は、極度の骨盤の歪みと腰椎圧迫骨折でした。腰の骨に関しては、何と!?70歳くらい方の骨年齢と聞いて正直ショックでしたが、原因がはっきりしたので精神的には落ち着けました。
正直なところ再発しない保障も無いですが、ヒロさんの様に前向きな精神で行こうと想います。
現在は、様子を見ながら大好きなヒルクライム大会に向けて回復走を・・・(*^^)v
人生いろんな事がありますが、自転車ライフをお互いに思う存分に楽しみましょう。
いつの日かのんびりとご一緒出来たらと想っております。
2012.06.21 23:25 | URL | #JyN/eAqk [edit]
ヒロ says... "Re: ONIさん"
コメントありがとうございます。
腰椎圧迫骨折なんて怖そうな病名ですが回復走ができるまでになられたということは、いい方向に向かっているんですね。良かったです。
私の病気は突発性ですので予兆もなく原因が解らないので予防もできません。
ってことは悩んだり考えても同じですから、ある意味「普通」に生活するしかないのです。
=自転車も普通に乗るということですよ。
ご一緒できる時がありましたら「のんびりと・・・」その言葉通りでお願いしますよ(爆)

2012.06.22 09:36 | URL | #- [edit]
マッシャー says... "初めまして"
気胸で検索してきました。自分も気胸&肺気腫持ちです。
ヒルクラやブルベ、トロッフェバラッキやグランフォンドに出ています。
お互い楽しみましょう(^_^)v
mixiにも同じ名前でいます。
2013.05.09 23:30 | URL | #MVIO9QUg [edit]
ヒロ says... "Re: マッシャーさん"
こんばんは。
コメントありがとうございます。
凄い~。色々出てますねぇ~。
気胸で自転車乗ってる人は結構多いみたいですね。
これを理由にヘタレだと言えなくなってきました。(^_^;)
今度ヒルクライムレースに出ます(出る予定です)
今の力でできる限りの事にチャレンジしていこうと思ってます。
ハイ! お互いに頑張りましょう。
2013.05.11 21:33 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/272-9885cd37