Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

これでスッキリ綺麗

これから暑くなり、ボトルの出番も多くなります。

皆さんはどんなボトルを使ってますか?

私は、キャメルバックの保冷タイプを使ってます。
やはり暑い日は保冷タイプがいいですね。
(保冷といっても、冷却効果は長続きしませんが・・・・)

こちら↓
blog_import_4eb47c0f729e5.jpg

こいつは吸い口を吸っただけではドリンクは出ません。
本体をギュッと握るとピューと出ます。(いや~ん・・??)
(内側から開く弁になってます)

まあ、倒れた時にこぼれないように設計されているのでいいのですが、こいつのダメダメなの所は、吸い口の中が洗えない事。
大体のボトルは、吸い口の取り外しが出来ない事が多いのですが、こいつはピョコっと飛び出すことも出来ないので吸い口の中は唾液や埃が溜まりやすいのです。
これからの季節は気温も上がり不潔にしていると、すぐにカビなんかが発生しますので直接、口を付ける部分なので常に綺麗にしておきたいですよね。

P5020015.jpg
↑この半透明なラバーの内側に汚れが溜まりやすいです。

この中まで、洗剤は届くもののゴシゴシ洗う事はできません。
定期的に漂白剤に漬けるなどの対策を取ってますが、つけ置きだけでは不安がいっぱいでした。



そんな中、なんでもあるダイソーさんでこんなものを見つけました。
P5020016.jpg
その名も「ポイントブラシ1型」(何が1型なのかは不明)
まさに、狭い所をピンポイントに洗う事ができます。3本入って105円。(3本も必要ないけど・・・)


ほらほら~。この毛先でゴシゴシ洗えば、ボトルもお口もピッカピカになりそうでしょう?
P5020014.jpg


ちょっと残念なのは吸い口の穴より少し太い・・・・。(ギュッと押し込めば入りますけどね)
でもって、毛がもう少し長いと便利。
まあ、これまで洗剤ですすぐ事しかできなかった事を考えると相当の前進だ!

これで安心して使えます。


皆さんもボトルは清潔にネ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

まっくろくろすけ says... "タイトル"
こういう便利なものがあるのですね。
私は常に漂白剤を使ってつけ置き洗いです。なかなかに面倒なんですけどちゃんと処理しないと汚いですからね。
2012.05.04 21:03 | URL | #JyN/eAqk [edit]
takaGT says... "タイトル"
おや?こんなものがあるんですね(^^)

自分も同じボトルですが飲み口のラバー部分を外してひっくり返して洗ってました(内側を外向きにひっくり返す感じですね)
このボトルはこのラバー部分と、弁の周辺が汚れます^^;ラバーを取れば弁の周りは歯ブラシでOKですがこのブラシはヨサゲですね。今度試してみます♪
2012.05.05 01:04 | URL | #JyN/eAqk [edit]
川中 says... ""
ボトルの吸い口にカビ生えますよね^^;
2012.05.05 15:30 | URL | #- [edit]
ヒロ says... "Re:"
<まっくろくろすけさん
漂白剤は白くするのが目的ですから、白くなりますが汚れが落ちる事と白くする事は別物なんですよね。
やっぱし、ゴシゴシ洗いたいです。

<takaGTさん
あらら、このラバーって取れるのですか?
ちょっと、グイグイやってもダメだったので取れないのかと思ってました。
いやーおとっちゃまなので、無理そうなものは壊れそうで手をだしませんから・・・
(「おとっちゃま」⇒方言です。どれだけの人が解るでしょう?)

<川中さん
カビは怖いですよ。
ライド中に腹痛なんて事になったら野グ〇するしかないですからね。
いつも清潔にしておきたいものです。
2012.05.05 22:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/263-017c0f36