Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

想像以上に過酷だった

先週末は土日とも走りれました。

こんな週末は一年に1回あるか無いかです。

両日共、距離は短かったですが二日連続は経験が薄く、特に日曜は過酷な事も発生。
結構、疲れました

日曜の天気予報は雨だったので土曜に走ったのですが、天気予報の嘘つきで日曜は綺麗に晴れ上がった朝でした。

妻からの許しも出たので急いで準備をしたのですが、そもそも計画が無かったので行き場所を考えてません。
ガーミンのバッテリーも切れそうだったので早速、充電。
いつになく慌ただしいし出発となりました。


目指したのはカバヤTTコースを経由して国道53号から宇甘渓へ。
宇甘渓は一度は行きたいと思ってた場所で、できれば紅葉の季節が良かったのですが今回目指します。
目指します。・・・目指します。・・・目指す予定です。・・・目指したのは確かです・・・

というのも、お昼前から雲行きが怪しくなってきたのです。
「こりゃあくるな」と直感した私は、急遽ルート変更して53号線から岡山空港へ上る道へ変更。
雨具を持ってなかったので雨に降られるのは避けたいところ。
それまで晴れていたので暑いくらいでしたが太陽が雲に隠れると、さすがに寒い。

空港への坂道で遂に「雨」・・・・。
始めはポツポツ程度で、このままならいいかと思っていたのですが、段々と雨脚がきつくなってきました。

ウインドブレークジャケットは風を防ぐけど雨はどうでしょう?
始めはなんとか、雨を弾いてましたが徐々に沁み込んできた感じ・・・・

上り坂(斜度は4~6%くらいですが向かい風&雨でやられました・・・・。
脚付き2回もしてしまった。
本当にヘタレです。つくづく坂は苦手だと思いました。

なんとか岡山空港に到着。
この辺りで雨足はMAX状態。
本当は雨宿りをしたかったけど、休むと体が冷えてしまうので、ここは素通りです。
P3110003.jpg
↑走りながらの撮影です。空港だと解る建造物を探してパチリとしました。(^_^;)


ここが頂上ですので、後は下り・・・・・・・。
下り=寒い。

坂で足は既に売り切れ状態・・・。なのに脚を止めると冷えて風邪ひきは確実です。
休みたいのに休めない・・・・。辛いのぉ~。

下りでは前傾姿勢のMAX状態で、胸・腹の冷えを防御します。
でもね・・・・ここの下りは斜度▲16%くらいあるのよね。
ギヤはインナー×25Tで最も軽くして脚を動かす事に徹しました。
けど流石に軽すぎ。
アウター×23Tに上げて回しますが、これでも軽い・・・。
速度に合わせて回すと尻がポンポン跳ねて自転車が安定しない。
下りなので不安定は怖い~。
結局、アウター×12Tの一番重いバージョンへシフトUP。

でもね・・・・。
下りは怖すぎ!!!!!
ティアグラのブレーキではまったく役たたず。
薄く、ブレーキをあてがいながら、スピードを殺さず、危険を回避できるレベルにコントロールしますが、すっごくシビアです。
コーナーで少しでもプレーキを厚くすると、後輪がドリフト状態です。

こんな状態でも雨・風は直撃です。
既にウインドブレークジャケットには雨を弾く力はありません・・・。
自分に負荷を掛けて体温を維持しないと固まってしまいそうです。
下りでスピードは出したくないのに、体を温めるために負荷をかけないといけない・・・・。
こんな状況はまるで「仕事」と同じ。
「売上を伸ばして、利益率も伸ばせ」という上司の声が聞こえてきます・・・・。


七転八倒でなんとか下ってきました。

悲しいというか、救われたというか、下りきった麓では「晴れ」・・・・・・・・・・おいっ!
「なんだったんでしょう??」
ってな具合の天気です。太陽バッチリで少し走れば、雨でビッチョリのウェアの乾いてきました。
「平地はいいなぁ~」と改めて思いましたヨ。
P3110004.jpg
↑跳ね上げられた滴が過酷さを物語ってます・・。
ウィンドブレークタイツも前輪が跳ね上げた雨でプールに浸かっているみたいにグチョグチョです。
ジャケットの背中は後輪の跳ね上げで筋が付いてます。


雨の日に走った経験が無いので、こんなに凄い物か(色々な意味で)と思いました。



帰ってからは冷え切った体をシャワーで解放。

はぁ~生き返った。


天気予報は絶対に大切です。&雨具は必需品ですかねぇ~?


まあ、いい経験でした。自転車乗りとしては「雨」を知るべきですね。

寒さで肩はガチガチでした・・・・・・。
モーラステープを貼って療養します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Comment

takaGT says... "タイトル"
こんばんは。

あらら。雨に降られちゃったんですね~^^;ま、僕も紅葉シーズンに宇甘渓へ行ったことがありますが帰りは"土砂降り"でした(T_T)
この時は(というかいつも)レインウェアを持っていたので上半身は濡れませんでしたけど、あの時は本当にしんどかった…。土砂降り向かい風の中、延々と5時間走ったのは良くもあり悪くもある思い出です。
ちなみに自転車を改造する前だったのでブレーキはSORAでした。雨中走行ではほとんど役に立たず怖かったです(>_<)その後、旧105(BK-5600)に変えましたよ。

キャリパーごと交換できないのでしたら、シュー(カートリッジも)を上位の物に変えると今のTIAGRAよりは効きが良くなりますよ(^^)オススメです♪
2012.03.15 22:08 | URL | #JyN/eAqk [edit]
まっくろくろすけ says... "タイトル"
寒さ辛いです。さらに水はねで自転車はすぐにドロドロになるもんです。
後輪の水の飛び散りで尻はベチョベチョになるし、ジャージも大変なことになることもよくありますよ。
2012.03.16 06:27 | URL | #JyN/eAqk [edit]
ヒロ says... "Re:"
<takaGTさん
宇甘渓へ行かれたんですね。
私は今回も、行けませんでした。暑い時期には涼しいでしょうからいってみたいです。
ブレーキシューだけを替えることもできるんですか?
上位グレードとはキャリバーの形状が違うので無理かと思ってました。
デュラでも付くのかなぁ?

<まっくろくろすけさん
雨は初めてだったので心の準備もなく大変な想いをしました。
ダウンチューブの辺りからシャワーのように水しぶきが逆上してきたのは参りました・・。
泥除けが欲しいと思いましたよ。
2012.03.16 21:46 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pinarello1000.blog.fc2.com/tb.php/250-986776af