アート&ガーミンバッテリー切れ&少々タイヤインプレ

土日はいい天気みたいなので、出撃は日曜と決めて

土曜は天候をしっかり把握して午前中に風が無い事を確認した。

最近の寒さは尋常じゃあないね。
最低気温は-3℃とかだし、最高気温も7℃程度・・・。
少しでも寒くない時間帯で走ろうと土曜日の天候を把握して日曜は午前中に出発です。

行き先は特に決めてないですが帰り道を追い風にしたいので無風の時間帯に一度南に下り、その後西へ。
帰りは西風に乗ってラクチンツーリングといきましょう~。


まず国道30号を南下して玉野市に向かいます。
予測通り、風はほぼ無し。
でも、朝9時はまだまだ気温が低いです。
そこで、前日にこんなものをGet!
P2110002.jpg
皆さんご存知のダイソーさんプレゼンツ。「男の防寒。イヤーウォーマー」です。
もう、シーズン終了間近なので品数も少なく、後3つでした。
こういうのはサイズ設定がないので、頭の小さい私にとってはデカすぎるのが常です。
でもラッキーなことに、流石の「メイド・イン・チャイナ」です。3つとも微妙にサイズがバラバラ。(^_^;)
他の物より1cmくらい小さい物がありましたヨ。

ニット素材で分厚く、ヘルメットが被りにくいけど寒さには変えられません。
お蔭で耳は千切れずに済みました。(ズリ落ちてくるのがウザイけど・・・)


そして、玉野市宇野に到着。

宇野港の手前で気になる看板を発見しました。

その名は「駅東創庫」
www.unokotochi.jp/ekihigashi/←(詳しくはこちらからどうぞ)

10数名の芸術家・工芸家が倉庫の中に工房を設けて活動しているスペースです。
分野は染色・ガラス・木工・陶芸・立体造形・絵画等の多岐にわたっており、作品展示ブース、制作風景など見学することもできます。

宇野は、2010年に開催された瀬戸内国際芸術祭以来、アート作品が多い地区で空き倉庫を利用して若手芸術家達が活動をしています。

P2120001.jpg
見学は無料ですので、早速、お邪魔しました。

入った所に注意書きが色々書かれてありましたが・・・・。
「作家の許可無く、作品の写真を撮らないよう、また作品に触れないようしてください。」
・・・撮影はダメみたい。

時間が早かったのか、日曜だったからか?作家さんは2人くらいしかいませんでした。
注意書きに「制作中の作家には声をかけないでください」ってありましたから、静かに鑑賞してたら一人の作家さんから声をかけて頂きました。

その方はこの「駅東創庫」の代表で高嶋幸市さん。
ご自身も作家さんで、すんげ~物を創作されてます。
すべて素材は「発砲スチロール」で作ったアートです。

それがこちら↓
P2120002.jpgP2120003.jpg

P2120005.jpgP2120004.jpg
【左上】見ての通り「恐竜」です。全長9m、高さ4mで重さ300kg。(木で土台が作られており大人10人くらい入れるみたい)
秋には後楽園で展示するそうです。
【右上】倉庫内の展示スペース。このトナカイも高さ3mくらい。他に様々な発砲スチロールアートが所狭しに展示されてます。
【左下】ちょっと解りにくいですけど、写真中央の白い捻じれた物体。実はフライングアートで投げるとキリモミしながら飛びます。他にもフライングアートは種類も豊富で、それぞれ飛び方が違います。(当然、これも発砲スチロール)
【右下】高嶋さんからのお知らせ。舞台装飾やら店舗装飾など承っているそうです。

ブログに載せる事をお約束して写真を撮らせて頂きました。
高嶋さ~ん。宣伝しておきましたよ~。
色々お話させて頂き、名刺まで頂きました。
販売もしてますよ。お洒落なライトなんかもあります。
皆さんも宇野にお立ち寄りの際は、是非一度覗いてみてくださいね。

ギャラリーを後にしようガーミンを起動すると
「充電してください」
と表示が・・・そして切れました・・・・。

「ひょえ~」一気にモチベーションダウン・・・。

仕方ないのでサブで付けてるキャットアイのサイコンで走ります。(ケイデンスも心拍も無しです)

この後は宇野港へ。(すぐ近くですけどね)
P2120009.jpg
う~ん。いい天気。直島行きのフェリーが出航です。


ところが、この後は西風がグングンきつくなってきた。
おいおい、風は昼過ぎから吹くはずなのに。まだ西に向いて走ってないのに~。

ガーミンも死んでるし・・・。

って事で急遽、予定変更~
ここから西風を追い風にするために、児島半島を反時計回りに走る事にします。

いや~、追い風はいいですねぇ~。
一気にモチベーションUPです。

この道は海岸を右手に見ながら半島をグルッと回るのですが、道は決していいとは言えません。
結構凸凹です。
これは「ミシュランリチオン2」のインプレには持って来いです。
タイヤを替えてローラー台でしか乗ってないので実走は、今回が初です。

タイヤ交換は初めてなので、他と比べる事ができるのは純正でついてたmostのタイヤだけ。
なので、あまり意味がないと思いますが、私なりに感じた事をインプレします。

まず、アスファルトが剥がれたような凸凹では結構、震動がきます。
でも「硬い」感じではなくゴッ!ゴッ!っていうような震動と突き上げ感。
これは空気圧の設定が7barと低めだからかもしれません。
また、道がモコモコと、うねっているような場所(モーグルのコブを小さくした感じ)では、グワッグワッという感じで、道の凹凸を飛ばさずトレースしているようです。(表現が伝わる?)
舗装の真新しい箇所では、ロードノイズも静かでツーッと進みます。これが一番快適です。
残念ながら、漕ぎ出しが軽いとか、転がりがいいとかは感じ取れませんでした。
この辺はタイヤというよりハブの問題でしょう。

上りでの軽さはありません。(ホイールが同じなので当然ですよネ)
下りのコーナーでグリップ感を試しました。
前輪は初期応答性は鈍いですが、一度バンクしてしまうと狙ったコースをトレースしてくれます。
時速45km少々でしたが不安はありません。
逆に後輪はバンク中に「ズルッ」というスライドが何回かありました。でも危険を感じる程ではありません。
砂が浮いて滑ったような感じでもないので、なんでしょうねぇ?
よく解りません。私の乗り方の問題でしょうか?
でも以前のタイヤでは無かった感覚です。

と、こんなもんでしょうか。
参考にならないと思いますが、特別グリップが強い訳でもないし軽い訳でもない。
一言で言えば「可もなく不可も無く」でしょうかねぇ。(^_^;)

そして、最後は旭川沿いを北上して岡山市内へ。
この時が一番向かい風がキツくてしんどかったです。

煙突の煙が見えますか?
P2120011.jpg



今日の結果
走行距離 64.6km
平均ケイデンス 69(ガーミンが生きていた時までのもの)
平均心拍  144(ガーミンが生きていた時までのもの)


超~寒かったけど、超~暑かった。????
寒暖の差をうまくコントロールできなかったので風邪ひきそうだ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply