Italian Bikeで風になる

貧脚&貧体力の中年ライダー 何でも形から入るオヤジのロードバイク生活ブログです。

裏神道山

今日も暑い日になりそうですから、朝5時30分に出発です。
ここ最近はこの時間に出かけているので、なんだか自然と目が覚めます。
目覚まし時計は一応5時にセットしていたけど目が覚めた瞬間に時計が鳴った。
(完璧なる体内時計だ(;^_^A

向かった先は神道山の裏・・
裏からの上りは表よりも斜度がきつく(測ってないけど見た感じ)坂のきらいな私としては、行きたくない場所です。
表はお盆に三度目の正直で制覇したので、次は「裏」と決めてました。
はっきり言って今日は体調悪し!!
普通に走るのもスピードが出ないし、先週の140kmライド以来、尻の痛みが完全に取れない(やっぱりサドルが悪いのかな?)
という「言い訳」を持ってでかけました。(;^_^A

裏に回るために吉備津彦神社の前を通って、吉備津神社に到着。
いつもは多くのローディさんが休憩している駐車場ですが、流石に朝が早いので誰もいません。
さて、ここから裏神道山の登り口です。
スタート時点から激坂です。また、そこから100m程上った所にヘアピンカーブがあって、ここが最も斜度がありそうです。

PINARELLOで風になる

こんな感じ↑

このカーブは登りはじめから距離が無いので、斜度はきついけどまだまだ大丈夫でした。
(本当はここで撃沈か?と思ってました・・)
この先もきつい斜度が続きます。
裏は表と比べて道幅が狭く蛇行で上ることが厳しいのです。また、距離が短い分、きつい斜度で道も直線的なので、ずーと先が見えて心が折れます。(´□`。)

やっぱり脚を付きました。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
十分休んで再出発です。
黙々と上っていると後ろから自動車が・・しかもランクル(+_+)
道幅が狭いので自転車がヨロヨロしていると危険ですから、仕方なく脚を付いて道を開けます。
「ブッ」お礼のクラクションですが嬉しくありませんf^_^;
これで2度目の脚付きです。
モチベーションが下がりましたので、気持ちを入れ替えるための休憩を少しとって出発です。
ここからもう少し上ったら斜度が緩む地点で、道幅も比較的広く、せめてここまで来たときに自動車が来れば脚を付かずに済んだのに・・ヾ(▼ヘ▼;)

そして頂上です。
体調が悪かったし激坂だから無理だろうと初めから脚付きは覚悟の上でしたが、初めの脚付きと自動車がなければ、もしかして制覇してたかも。と思うと残念です。
道の感じと斜度を覚えたので次回は制覇します!!(^-^)/

距離も時間も短めで物足りないけど、用事もあるのでこの後はいつもの川沿いを走って終了です。

尻の痛みは悪化せずよかったよかった(*^▽^*)


スポンサーサイト